ピクシブ百科事典

メガニウム

めがにうむ

メガニウムとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]
No.154 メガニウム



基礎データ

全国図鑑No.154
ジョウト図鑑No.003
ホウエン図鑑No.309
英語名Meganium
ぶんるいハーブポケモン
タイプくさ
たかさ1.8m
おもさ100.5kg
とくせいしんりょく / リーフガード(隠れ特性)


※しんりょく:自分の最大HPが3分の1以下になると、くさタイプのわざの威力が1.5倍になる。
※リーフガード:天気が「晴れ(ひざしがつよい)」のときに状態異常・あくび状態にならない。

進化

チコリータベイリーフ(Lv.16) → メガニウム(Lv.32)

リメイク記念に



容姿

雷竜(竜脚類)の首に花を付けたような姿。体の色は黄緑色、花の色はピンク。
黄色の触角を頭に付けており、♂はこの触角が長く、♀は短い。

概要

『ポケットモンスター金・銀』(第2世代)に初登場したポケモン
名前の由来は恐らく『メガ(<mega->:英語で大きい)+ニウム(ゼラニウム:テンジクアオイ<天竺葵>)』
ベイリーフLv.32で進化する。

メガニウムの花びらから放つ匂いで闘争心を鎮めたり、メガニウムのそばにいると森林浴をしたような清々しい気分になれる。
また戦いになると香りを発散させて相手の戦う気持ちを鈍らせる。
その他では、メガニウムの吐く息で枯れた草木を蘇らせる不思議な力が宿っている。

……と、設定ではとんでもない力を持っているのだが、アニメではサトシフシギダネにさえ引き分けに持ち込まれるという情けない状態になってしまっている。

ゲーム内での性能

初登場の第2世代では、特に強力なポケモンであるガラガラの攻撃を安定して受けられ、当時強いと言われた耐久型に対しても強いということもあり、ジョウト、カントー通じて御三家最強の名を欲しいままにしていた。

……していたのだが……。
第3世代以降、ガラガラを受けられるポケモンの増加+ガラガラ自体の減少+対戦環境の「攻め」重視への変化+ジュカイン等の強力なくさポケモンの追加と、ポケモンでは類を見ない程の環境からの取り残しを喰らい、一気に御三家最弱の座へ転落してしまうこととなった。
今やブースター等と並ぶ不遇ポケモンの代表選手である。

その後も強化されると思いきや、まるで第2世代の栄光にしがみ付いているかの如く、強化された試しがない。技は少しづつ増えているのだがみんな他のポケモンでも出来ることという…。
一応「げきりん」「げんしのちから」「いやしのはどう」等、くさタイプにしては珍しい技はあるものの、別にメガニウムでなくても出来る奴はごまんといる。
そして弱点の多いくさタイプにも関わらず攻めの能力が足りない上にしびれごな」も「ねむりごな」も覚えない=耐久型も辛いという……。

XYに至っても特に目立った強化はされていない。
ただしくさタイプに粉系の技が効かなくなったことで、相対的に強化されたと言えなくももない。勿論他のくさタイプも同じ恩恵を受けているわけではあるのだが。
一方で、「マジックコート」がメガニウムの最大の弱点である「ちょうはつ」や「アンコール」を跳ね返せるようになったことや、ドラゴンテールを覚えたことで積み耐久型相手でもある程度戦えるようにはなった。根本的な解決には至っていないが……。

隠れ特性は「リーフガード」。
ただ、前述の通りくさタイプが粉無効になってしまった事に加え、天候「晴れ」は弱点でもあるほのおタイプ技が強化されてしまう為扱いにはかなり苦労することになる。

今の所、メガニウムナイトは発見されておらず、メガメガニウムに進化することは暫く無さそうだ(御三家だから確実にメガシンカはすると思うが)。

このまま環境に取り残されたまま埋もれていくのか、はたまた誰もが驚く超強化が施されるのか。
メガニウムの明日や如何に。

関連イラスト

メガニウム
ジョウトの三匹最終形態


ぐるぐる草タイプ
がにゅがにゅ



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ
金銀 HGSS
ポケットモンスター ポケモン 
ジョウト御三家の最終進化
ほのおタイプバクフーン
みずタイプオーダイル

他の地方のくさタイプ御三家の最終進化
カントーフシギバナ
ホウエンジュカイン
シンオウドダイトス
イッシュジャローダ
カロスブリガロン
アローラジュナイパー

pixivに投稿された作品 pixivで「メガニウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 866321

コメント