ピクシブ百科事典

カントー御三家

かんとーごさんけ

カントー御三家とは、『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』 及びリメイク版である『ファイアレッド・リーフグリーン』において最初に手に入る 3匹のポケモン及びその進化系のことを指す用語。 また歴代御三家の中でも唯一製品パッケージのメインビジュアルとして採用されているポケモン達である。
目次[非表示]

カントー御三家一覧

※山括弧〈〉内はメガシンカ

くさタイプ

フシギダネフシギソウフシギバナメガフシギバナ

ほのおタイプ

ヒトカゲリザードリザードンメガリザードン

みずタイプ

ゼニガメカメールカメックスメガカメックス

概要

ポケットモンスターピカチュウ』(第1世代)
そのリメイク版『ファイアレッド・リーフグリーン』における御三家で、
名前の由来はカントー地方を舞台にしている為である。

初代御三家であり、御三家の中でも人気は高い。これ以降最初に選ぶポケモンの数は3匹に固定され、
また"3すくみ"が成り立つくさタイプ、ほのおタイプ、みずタイプのいずれかのタイプが含まれた
ポケモンが毎回選ばれるようになった。
そしてプレイヤーが選んだタイプのポケモンの弱点となるタイプをシリーズごとに必ず存在するライバルが選ぶようになった。

また最近では選ばれずに残った最後の1匹をもう一人の幼馴染(所謂サポートキャラ)が選ぶようになった。

ポケモンシリーズが新しい機種に移行する度に何らかの作品内で一匹は必ず入手出来るようになっている(GB・赤緑青ピカチュウ。GBA・FRLG。DS・HGSS。3DS・XY)。

フシギダネを選んだ場合

他の2匹と比べると格段に序盤は楽に進行できる。また、早い段階でそこそこの威力を持つタイプ一致技「はっぱカッター」を習得する点も他のくさタイプポケモンでは代用が効かない長所の一つである。その上「ねむりごな」などの補助技を覚える為他のポケモンの捕獲にも便利である。
また、レベルアップに必要な経験値や第3形態(フシギバナ)への進化レベルが他の2匹に比べて低いことも、初心者にとって魅力。

ただし終盤以降はくさタイプどくタイプを合わせ持つ複合タイプという事もあり、弱点は割と多めでそのあたりで苦戦を強いられる。初代のエスパータイプは今以上に凶悪だったので本当に危ない。
波乗り要員の水ポケモンをレベル上げした上で技マシンで氷タイプの技を覚えさせる程度でもいいから、フシギダネ(及びその進化形)がエースとして戦える間に他のタイプのポケモンもしっかり育てておくことが大切である。でないと途中で来た冒険の道を引き返すはめになる。

ヒトカゲを選んだ場合

序盤の進行が非常に辛くなってしまう。1、2番目のジムともにほのおタイプの苦手としているタイプとぶつかってしまう為である。(一応、1番目の方は第3世代のリメイクでの二番手の方を除いていわタイプの技自体を使っては来ないが)
さらに道中でもトキワの森では猛威を奮えるものの次のダンジョンはいわタイプのポケモンの巣窟であり、どうしても他のタイプのポケモンが必要となってくる。
(ただし、第3世代のリメイク版では岩に弱点を突けるはがねタイプの技『メタルクロー』を自力で覚えるようになった為、タケシの方だけは先手が取れればヒトカゲでもなんとかなるかもしれない)

しかし第3形態(リザードン)は、第1世代の対戦でも姿が見れたほど他の2匹のそれよりも能力のバランスが良く多面的にわざも習得可能であり、使い勝手が良い。
リザードンへの進化を果たす、タマムシシティ到達あたりからが本領発揮である。

ゼニガメを選んだ場合

ヒトカゲよりは序盤は楽に行けるが、中盤のでんきタイプやくさタイプのジムに苦戦を強いられてしまう。が、いずれも他のポケモンが育ってくる時期であるので、トキワの森までのポケモンでタケシを相手にしなければならないヒトカゲと比べて進行は圧倒的に楽。
序盤にゼニガメとコイキング以外にみずタイプを入手できないのもセニガメを選ぶ理由となるだろう。

終盤以降はヒトカゲ同様に楽にストーリーを進行可能となる。自力でなみのりができるのも嬉しい。

ピカチュウバージョン


『ポケットモンスターピカチュウ』版だけ3匹とも手に入るようになっている。
後にシロガネ山に現れるレッドは、このバージョンで御三家を全て手に入れたプレイヤーをモデルにしていると考えられる。

ハートゴールド・ソウルシルバー


シロガネ山でレッドを倒すと、1匹だけオーキド博士からもらえる。
もちろんオーキド博士の「…さあ、えらべ!」台詞あり(博士の冗談だが)。

XY

XYでもう一度!



プラターヌ博士から1匹だけもらえる。
別世代の御三家が手に入る作品はあれど、XYのカントー御三家はクリア前、それもバッジ2個目より前(ピカチュウバージョンのフシギダネがそれくらいのタイミング)で手に入るのである。
ただでさえ最終形態はメガシンカまでしてしまうというのだから。

カントー御三家を貰って少し進めば育て屋がある為、最初に貰った一匹が♀なら同じタマゴグループの♂を用いてタマゴを孵化することが出来る。
ただし、ほとんどの場合♂なので、シナリオ終盤に行きつくポケモンの村でメタモンを入手するまでお預けになってしまうが…
ちなみに育て屋周辺で野生出現する範囲では以下のいずれかのポケモンとの組み合わせでタマゴが見つけられる。

共通ゴニョニョ(地つなぎ)、キバゴ(地つなぎ)
フシギダネナゾノクサ(R6)、ロゼリア(R7)、ハネッコ(R7)
ゼニガメコダック(R7)、コアルヒー(R7)

また、クリア後に展開されるフレンドサファリでは登録したフレンドコード次第で第2形態が野生で出現する。しかも条件を満たしていれば前作で入手困難だった夢特性持ちがいくらでも入手できるというおまけ付き。そのため、そのポケモンが出るフレコさえ入手出来れば選ばなかった他の2匹も通信交換などを介さず野生で入手することができる

なお、サファリとは名付けられいるが、野生ポケモンは手持ちで弱らせて自分のボールで捕獲する。これが何を意味するかというと、XYでは♀のボールの種類を引き継ぐ仕様になったということもあり、♀個体を収めたいボールで捕獲する事で厳選した大切なカントー御三家をモンスターボール以外のボールに収めるという永年誰しもが夢見ていたであろうこだわりも可能となったというところである。
カントー御三家はいずれも第2枠に設定されているため、PSSで友達登録されてなかったりフレコの主が殿堂入りしていなくても入手できる(ただし夢特性は3枠目解禁まで出ない)。

関連イラスト

たまには思い出して

第一進化


トリプルビート!

初代御三家メガシンカ


他の地方の御三家タグ

ポケモン御三家


関連タグ

レッド グリーン リーフ オーキド博士 
赤緑 FRLG

pixivに投稿された作品 pixivで「カントー御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1066938

コメント