ピクシブ百科事典

キモリ

きもり

キモリとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.252
英語名Treecko
和名英語風表記(Kimori)
ぶんるいもりトカゲポケモン
タイプくさ
たかさ0.5m
おもさ5.0kg
とくせいしんりょく / かるわざ(隠れ特性)


他言語版の名称

英語 Treecko
イタリア語Treecko
スペイン語Treecko
フランス語Arcko
ドイツ語 Geckarbor
韓国語  나무지기
中国語 木守宮


※しんりょく:自分の最大HPが3分の1以下になると、くさタイプのわざの威力が1.5倍になる
※かるわざ:持っている道具がなくなると「すばやさ」が2倍になる。再び持つと下がる。初めから持っていない場合は無効

進化

キモリジュプトル(Lv.16) → ジュカイン(Lv.36)

もりトカゲーず



図鑑説明

ポケットモンスタールビー

あしの うらの ちいさな トゲを ひっかけて すいちょくの カベを のぼることが できる。ふとい しっぽを たたきつけて こうげきする。

ポケットモンスターサファイア

ちんちゃく れいせい なにごとにも どうじない。からだの おおきな ポケモンに にらまれても いっぽも ひかずに にらみかえすぞ。

ポケットモンスターエメラルド

もりの たいぼくに すを つくり くらす。なわばりに ちかづく てきを はげしく いかく。もりの きを まもる ポケモンと いわれている。

概要

ホウエン御三家の草担当である。緑色で尻尾が二本あるヤモリのようなデザイン。尻尾で空気の湿度を感じて明日の天気を当てる。サトシ曰くキモリの体はひんやりしているらしい。
くさタイプでは少数派のスピードタイプ。
くさタイプでありながらタマゴグループが「かいじゅう」と「ドラゴン」で植物ではないという珍しいポケモン。(といっても第4世代までの御三家くさタイプ同士ならタマゴは大丈夫)
ホウエン地方は海が多いのでシナリオ終盤まで活躍してくれる。

アニメ

アニメではAG編にてサトシの手持ちとして登場。元は野生の個体で、生まれ故郷の枯れかけた巨大樹の世話をたった一人で行い続けていたが、巨大樹の最期を見届けた後縁あってサトシにゲットされた。
声はうえだゆうじが担当。
木の枝を咥えるというしぐさが特徴的で、印象深い視聴者もいることだろう。
当初は何故か草タイプの技を全く覚えておらず、「はたく」と「でんこうせっか」といったノーマル技と持ち前のスピードを活かした近距離戦で長らく戦っていたが、AG41話でやっと「タネマシンガン」を習得、その後AG66話でジュプトルに進化した。

XY編ではショータの手持ちとして登場。

漫画

ポケスペでは紆余曲折あったがエメラルドが持った。ルビーのセンスではミズゴロウよりダサいらしい。

関連イラスト

ぺちゃー
キモリの描きかた


秋だなぁ



関連タグ

ポケモン ポケットモンスター ポケモン一覧 RSE

ホウエン御三家
ほのおタイプアチャモ
みずタイプミズゴロウ

他の地方のくさタイプ御三家
カントーフシギダネ
ジョウトチコリータ
シンオウナエトル
イッシュツタージャ
カロス:ハリマロン
アローラモクロー

pixivに投稿された作品 pixivで「キモリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 907606

コメント