ピクシブ百科事典

ヒードラン

ひーどらん

ヒードランとは、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.485
ぶんるいかこうポケモン
タイプほのお/はがね
たかさ1.7m
おもさ430.0kg
とくせいもらいび


他言語版の名称

英語 Heatran
イタリア語Heatran
スペイン語Heatran
フランス語Heatran
ドイツ語 Heatran


概要

初出は『ダイヤモンド・パール』(第4世代)。
ハードマウンテンの最奥で1匹のみを捕獲できる、伝説のポケモンである。
ゲームの進行上、殆どの人が最後の方にゲットすることが多い。にも関わらず…

かざんの ほらあなに せいそく。じゅうじの ツメを くいこませて カベや てんじょうを はいまわる。

その伝説からかけ離れたあんまりな図鑑内容にガッカリしたプレイヤーが多かったとか。
おまけに見た目も相俟って、いつしかゴキブロスと呼ばれるようになってしまった。
一応伝説らしい伝承も存在し、それによるとシンオウ地方が誕生した際にこぼれだした火の玉からハードマウンテンと共に生まれた存在らしい。またヒードランの影響でハードマウンテンが噴火してしまうので「かざんのおきいし」で封印されたようだ。元ネタは日本神話のカグツチからだと思われる。

タイプはほのおとはがねという唯一の組み合わせ。
マグマのような燃え滾る血液が流れており、その熱さは自身の鋼の体の一部を溶かすほどで、周囲の気温も大きく上昇させる。
複眼なのかは分からないが、瞼が無いらしく瞬きをしない。眠らせても目を閉じない。
伝説のポケモンでは唯一♂♀どちらの性別もある。で、交配でもするのかと思いきやタマゴは生まない。何なんだアンタ。

BW2ではリバースマウンテンに出現する。
ただし18番道路から「かざんのおきいし」を持ってくる必要がある。レベルは68。
しかも上から突然降ってくる。やっぱりお前はゴキ……

ORASではグラードンまたはカイオーガのイベント後、日照りの岩戸の最深部に出現する。

ゲームでは

「伝説のポケモン」という大きすぎる肩書故に不憫な扱いが絶えないヒードランだが、対戦では決して侮れないポテンシャルを秘めている。

HP91
こうげき90
ぼうぎょ106
とくこう130
とくぼう106
すばやさ77

腐っても合計種族値は600。「すばやさ」以外の種族値はいずれも高水準で、特に「とくこう」の数値は130もあり、炎タイプの中ではかなり上位。
その低いとされる「すばやさ」種族値も並程度にはあり、性格補正とスカーフを組み合わせれば130族を凌ぐことも可能。
じめんタイプから4倍ダメージを受けてしまうのが難点だが、はがねタイプ+特性「もらいび」であることから耐性は多い(第6世代では半減4、四半減5、無効2)。
特にフェアリータイプの技を唯一1/4にできるため、フェアリー相手の戦いでは重宝される。
当の4倍弱点も、第5世代から登場した「ふうせん」を使えば無効化できる。ローテーションバトル以外では登場した時点でほぼバレてしまうのがネックだが。

マグマストームという専用技を習得でき、大ダメージと拘束ダメージが期待できるが、命中率が極めて低いため、過信は禁物。

なお、かつては『ポケモンレンジャー光の軌跡』の特典として、「ふんか」持ちのヒードランLv.50を手に入れることができた。

ちなみに、さかさバトルにこいつを出してはいけない。
何故なら四半減は4倍弱点に変わってしまう為、4倍弱点が5つという悲惨なことになっているからである。

アニメでのヒードラン

アニメで初登場した際はポケモンレンジャーナツヤが登場する回で、彼の言動から珍しいポケモンであることは窺えた。
しかし、シンオウリーグ編では、サトシたちがリーグの参加登録をする場面で、名も無き一般トレーナーのポケモンとして列に並んでいる姿が確認されている。しかも、ついにサトシと対戦することはなく、画面で映らないモブ戦で負けた思われる。
せめてタクトに負けたのだと信じたいが、負けたポケモンの組み合わせを見る限りそんなことはないようだ。

映画アルセウス 超克の時空へ」に登場した際もギシンのポケモンとして登場したが、普通のポケモンのように登場。しかも鎧のおかげで余計Gに見える上、ミーナとギシンの会話シーンで部屋の壁を普通に這い回っていた。

アニメでもこんな扱いとは……。

余談

名前の由来は「火」+「ドラゴン」でモチーフもズングリとした体型、特徴的な斑点模様などから、恐らくは実在する両生類のファイアサラマンダーと思われる。
ヒードランのタイプに鋼タイプが入ってる理由として考えられるものに、ギリシャ神話の鍛冶と火山の神ヘファイストスの関連が挙げられる。
伝承ではヘファイストスは火山の奥底の工房で武器や特殊なアイテムを制作していると考えられており、そこからの連想でほのお・はがねタイプになったものと考えられる。
(この説が正しいと名実共に唯のネタポケでは無くなるのだが。)
ヘファイストスの別名ウルカヌスをモチーフにしたポケモン次回作でも登場している。

関連イラスト

ごごぼっ ごぼぼぼ
天井の覇者 ヒードラン


関連タグ

ポケモン一覧 ほのおタイプ はがねタイプ 伝説ポケモン ゴキブロス

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒードラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 394492

コメント