ピクシブ百科事典

ケッキング

けっきんぐ

ケッキングとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

和名ケッキング
英名Slaking
全国図鑑No.289
分類ものぐさポケモン
タイプノーマル
高さ2.0m
重さ130.5kg
とくせいなまけ


進化

ナマケロヤルキモノ(レベル18)→ケッキング(レベル36)

概要

名前の由来は「欠勤+キング(王)」。

大きなゴリラのような姿をしたポケモン。
怠け者(ナマケロ)がやっとやる気になってくれた(ヤルキモノ)と思ったらまた怠けた……というリバウンドをしてしまったポケモン。

世界一ぐうたらなポケモンとして知られている。
草の生い茂った地を自身の縄張りとし、そこから一歩も動かずに熟して落ちた木の実を採ったり周囲の草をむしっては食べる生活をしているようだ。
あたりの草が無くなるとしぶしぶ移動する。
しかし、ただぐうたらとしている訳ではなく、攻撃に備えてパワーを貯めていると図鑑で説明されている。

ジムリーダーセンリの切り札…とはいっても2匹使用する(RS、ORASのみ)。

ゲームにおける特徴

攻撃・HPが飛びぬけて高く、特に攻撃は「ルビー・サファイア」時代ではグラードンを抜き第1位の数値だった。現在はデオキシスのアタックフォルム、ラムパルドに次いで第3位。
他の能力も高く、特防以外はすべて平均を大きく上回る高水準な数値を誇り、巨体でありながらも素早く動けるメリットもある。
合計種族値のほうもあのカイオーガやグラードンといった禁止級と並び第3位(670)。

ただし、致命的な弱点もある。
それは特性のなまけで、ケッキングはこの特性のせいで2ターンに一回しか行動することができない。
そのため、まもるみきりこらえるみがわりなどを覚えているポケモンに対してはその時点で負けが決まってしまう。
この特性のためか合計種族値が670でありながらも、600族とは別のポケモンとして扱われることが多く、驚異的な強さ(主にA160)を抑える特性を理由に使用しないトレーナーも存在する。

第3世代における技は、タイプ一致と攻撃力の高さもあいまってほぼ一撃必殺の威力を誇るはかいこうせん、ノーマル技を半減する岩・鋼タイプに撃つじしん、ノーマル技を無効化するゴースト対策のシャドーボール、そして物理アタッカーの砦エアームドへの役割破壊となるだいもんじ(またはきあいパンチ)の4つがほぼ鉄板になっていた。
デメリット特性を持つものの、相当な強さを誇るポケモンだった。
バトルタワーでもかなりの猛威を振るっており、攻略メンバーにもよく用いられていたという。

第4世代ではきあいのタスキの登場、先制技のインフレ、格闘技の強化(インファイトきあいだまなど)などの煽りを受け、第3世代ほどの猛威は振るえなくなった。また、第3世代でメインウェポンとなっていた「はかいこうせん」、「シャドーボール」が特殊扱いになったため、新たにギガインパクトつじぎりで代用することになった。
マイナス面が目立つ一方、新技に特性を消すことが出来るいえきという技が登場したため、ダブルバトルではそれなりに実力を発揮することが出来る。

だが、第5世代ではデスカーンの登場で再び注目を浴び始める。
デスカーンの持つ特性「ミイラ」は触れた対象の特性をミイラに変えてしまう厄介極まりない特性であるが、特性が足枷となっているケッキングにとっては逆に覚醒の機転となるためである。
特によく用いられるのが「だっしゅつボタン」を持たせたデスカーンを交替読みで出し相手をミイラにする→だっしゅつボタンの効果でケッキング召喚→逃げる相手においうちを撃ってこちらもミイラとなる戦法で、これまで以上にケッキングをローリスクで覚醒させる事が可能となった。

しかし第6世代、ケッキングと同等の「すばやさ」を持ち、更には行動制限どころか2回攻撃が可能な特性を持つスーパーおばちゃんメガガルーラの登場で、ケッキングのデメリットがこれまで以上に目立つようになってしまった。
現在のところメガシンカはもらえていないが、もしもらえた場合更になまけるのか、それともやる気を出してくれるのかが注目である。

アニメでのケッキング

AG編ではゲーム同様、センリの手持ちとしてナマケロやヤルキモノとともに登場。

XY&Z編ではショータが手持ちに加えており、カロスリーグではサトシとのバトルで1番手として登場。
相手の攻撃を受け続けることでテンションを上げて強くなるサトシのルチャブル対策としてゲットしたポケモンであり、持ち前の体力と「なまける」を駆使してルチャブルの攻撃をひたすら耐えて反撃のチャンスを待ち、ルチャブルが「フライングプレス」を繰り出した瞬間に「カウンター」で跳ね返して勝利した。
続くファイアロー戦でも同じような戦法で攻撃を耐え続けたが、ルチャブル戦で受けたダメージを「なまける」で回復し切れなかったため、ファイアローの「ニトロチャージ」を「アームハンマー」で押し返せず、更に「ブレイブバード」を食らって敗北した。
カロスリーグ時点で使用できる技は「なまける」、「カウンター」、「アームハンマー」。

関連イラスト

ナマケモノさま

ケッキング


その名前と風貌から某料理漫画の主人公を連想する人もいるとか。

ケッキングパパ


関連タグ

ポケモン ニート おい、仕事しろよ 無☆職☆王 WORKING!!
レジギガス:ステータス、特性の足かせぶりといい境遇がそっくりなポケモン。
カビゴン:怠け者で巨漢なノーマルポケモン繋がり。後本気を出した時の力は恐ろしいのも共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ケッキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201218

コメント