ピクシブ百科事典

ベロリンガ

べろりんが

ベロリンガとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.108
英語名 Lickitung
ぶんるい なめまわしポケモン
タイプ ノーマル
たかさ 1.2m
おもさ 65.5kg
とくせい マイペース/どんかん/ノーてんき(PGL)


進化

ベロリンガベロベルト

概要

の長い薄いピンク色サンショウウオのような外見をし、大きな尻尾を持つポケモン。
両足とお腹にはそれぞれ楕円縞模様がある。
舌は、身長の約2倍2.5mもあり、舌を伸ばすと尻尾が震える。
舌は、口の中に収納しているが、1m程出している時があり戦闘や捕食の準備をしてる。
完全に舌を収納してる時はアニメでも登場のシーンしかない。

ムチュールが得体の知れないものをキスで確かめるように、ベロリンガもとりあえず舐め回して確かめる。
ベロベルトほどではないが唾液に溶解成分が含まれるため、人間やポケモンが舐められるとピリピリ痺れる。
舌は筋肉質でできていて器用に動かすことができる。また舌の表面は固くなく柔らかいので柔らかい筋肉だと言える。

また、きれい好きで、自分の体を舐め回してきれいにしている。
自身の唾液には強力な溶解成分(これはベロベルトも同様)が含まれているため、殺菌や汚れを落とすことが可能である。もちろん、自身の舌で体は痺れない。ただし、無機物は異物になる(消化できない)ので誤って呑み込んだ場合吐き出すことになるうえ、まずいと感じた場合も吐き出すことがあり、アニメ登場の回ではムサシがひな祭りで購入した服を吐き出しているシーンがある。

いつもはナマケモノのようにおとなしい性格だが、いつもお腹を空かせていて獲物が来ると、舌だけを器用に伸ばし巻き付けて捕食する。
この舌はとても速く、同時にネバネバした唾液で覆われていて、唾液の粘着力(獲物を舌先にくっつけながら舌全体をくっつける)と舌で巻き付くことにより、獲物を絡めとり逃がさない。そして、獲物が暴れ体力を消耗させ(個体や性格により、しぼりとるやたたきつけるを使う場合もある)唾液の溶解成分で麻痺させる。
舌の動かす速度は不明だが、この時の素早さは目を見張るものがあるとオーキド博士が言ってるぐらいなので、おとなしい性格からは考えられないような速度と思われる。
舐め回すのを大好きとしているため獲物をすぐ丸呑みにせず巻き付きながらベロベロ舐め回し(味見や消化の役割をしている)、舌を巻き付けたまま大きな口でペロリと丸呑みする。
口は収縮自由となっていてある程度は大きさを変えることができる。口内には歯や牙など硬いものが一切無く、ベロリンガの体自身軟体でできているため丸呑みにされても痛みを感じない。舌と唾液が胃の役割をしているため胃と思われるものはないが口の中に舌を収納する場所があり、丸呑みにした獲物は舌で唾液を塗布しながら、唾液の持つ消化酵素でトロトロに溶かして食べ(骨一本も残さない)、舌の上で吸収して栄養にする。
オーキド博士のポケモン講座に登場した回で、気圧差のおかげで獲物を待ち獲物が来ると舌だけを器用に伸ばして捕まえると語っていたり、ポケモン金、ハートゴールドの説明文では、舌の先まで神経が発達していると書かれているため、猫のひげと同じ役割(気圧の変化や風向き、獲物との距離をすばやく測る、空気の振動で獲物の動きをキャッチ)をしていると思われ、確実に獲物に舌を巻き付けることができる。

反面手足は使う機会が少ないので不器用である。またカビゴン同様、基本的に食いしん坊である。
酸っぱいものを苦手としているが、酸っぱいポロックやポフィン、ポフレも食べている。

他にも舌は自分の体を綺麗にするため舐め回したり、トレーナーへの愛情表現でベロベロ舐め回したりする。

アニメではロケット団のムサシが一時期使用していたポケモンで、初登場の回では、負けたムサシを慰めているシーンがある。またムサシやソーナンスと交換した少年に甘えているシーンもある。

いやらしいポケモンという人もいるが、ベロリンガ自身可愛さを出してるため、いやらしいとかいやらしくないの判断は難しいとされている。

カビゴンと同様大食いの部類のポケモンになる

ちなみに体の色がピンク色であり、長い舌や目、体型は、もちろんのこと両足やお腹の模様、肉感的でクッションのような見た目の大きな尻尾、西村ちなみによるアニメのベローンという鳴き声もベロリンガの可愛さの一つである。
技マシンでメロメロを覚えさせることにより可愛さが増す。

ゲームで色違いが登場することがあるが、色はピンクではなく黄色である。

ニコニコ動画や2ちゃんねるでは、ペロリストとされている。

物理攻撃はほとんど舌を使って攻撃する。図鑑の説明からすると舌が触れた時点で麻痺するはずなのだが、したでなめる以外は何故か麻痺しない。

ポケモンスタジアムのミニゲームで、ベロリンガを操作して、ベロリンガ同士が回転寿司を食べて、合計金額を争い高かった人の勝ちと言うゲームがある。

ゲームにおける特徴

初代(『赤・緑』)ではNPCとの通信交換でしか入手できないポケモンでNNは「なめぞう」。
『青』でサファリパークにて野生の個体が登場し、『ピカチュウバージョン』ではハナダのどうくつに登場。
しかしいずれも出現率は低い上に捕まりにくく、ピカチュウ版の個体はレベルが50~55とかなり高い。

ステータスはHPが少し高めな点を除けば全体的に低め。
すばやさも絶望的に遅いのでマイナーな部類だったが、進化系のベロベルトが登場した事で一気に躍進した。

また、分類名の割りに初代では「したでなめる」が使えず、使えるようになったのは、『金・銀』以降である。

ダイヤモンド・パール世代では、リッシ湖で大量発生する。

余談

ポケモンのだじゃれを用いた子供向けの本では
「舌、噛んじゃった」と言うぼけに対し「あんた歯、無いでしょ」と突っ込まれる。ベロリンガの体のことを用いたネタがある。

初代であまり使われなかったポケモンと言われているが、商品化しているほうであり、カード、シール、メンコやメダル、ガチャポンはもちろんのこと、珍しくルアー(釣り具の道具)化もされている。

ポケモンえほんシリーズ(書籍化したシリーズ(無印48巻+特別編2巻+金銀編9巻)全59巻)無印28巻に登場している。
なんでもなめちゃうベロリンガと言う情けないタイトルだが、絵本のレベルが高くて感動する人もいる。内容は、いたずらが大好きなベロリンガは舐めたい衝動を抑えられずいろいろなポケモン達を舐めていました。しかし、ベロリンガの舌には秘密があったのです。その秘密とは...。秘密を知りたい人は、ブックオフなどで探して見ましょう。そこには誰もが想像しなかった答えがあったのです。読んだ貴方も幸せになれるかも知れません。

ロケット団のポケモンとしては強いほうであり、ひなまつりの回ではコダックに負けたが、ピカチュウ、ロコン、フシギダネを舐め倒している。その他にもピンクのポケモン島では、アーボックとマタドガスにサポートしていたが、ニドキング舐め倒した。レディバの笛の回では、ちょうおんぱでこんらんさせ、捕獲の手助けもしていた。ウメバの森のカモネギの回では、カモネギのネギを舌で奪って捕獲の手助けをしていた。その後サトシのフシギダネとチコリータにネットを破かれ、逃げようとするカモネギを舌を伸ばして巻き付いて捕まえている。アニメでは、ムサシの相棒として活躍していた。最初のほうはなまけものだったが後半のほうではしっかりしており、カモネギを舌で捕まえるシーンは獲物を狙う獣のようで、舌が素早く動いて丸呑みしてしまいそうなくらい迫力があった。ベロリンガに丸呑みにされたいという変態な人は、ぜひこのシーンを繰り返し見て、目に焼き付けることをオススメします。それでも物足りない人は、初登場の回のムサシからお歳暮セットらしきものを丸呑みにするシーンを見ることをオススメします。迫力はないが舌で巻き取って丸呑みにしているのでスロー再生にすると丸呑みのメカニズムがよくわかります。ソーナンスと間違って交換されてしまい、それ以降登場しなくなる。

ムサシからの指示(技名など)に舌をメインとしたものは「舐め倒しておしまい」「舐めて舐めて舐めまくれ」「舌を伸ばして茎をうばえ」「ベロンベロンにやっておしまえ」の4つしかない

おはなしシリーズと言う絵本でも登場しており、3巻で登場する。アニメの内容とは違い主人公サトシのみで物語が、進んでいく内容となっている。ベロリンガが登場したときの内容は、ぼーっとしているコダック、サトシの答えに反応すらしないので、そのまま知らんぷり、そこでロケット団登場、ムサシはベロリンガを出す。ゼニガメを出すサトシ。しかし、ゼニガメはお腹から頭にかけてベロリと舐められ、舌に巻き付かれたまま、ベロベロと舐め回され、とどめに甲羅から頭にかけてベロリと舐められ全身唾液まみれ、サトシは舐められると動けなくなることを初めて知る。それを見たピカチュウ達はやる気ダウン。ムサシは高飛車気分になる。そこでコダック登場、ベロリンガに後ろから巻き付かれるが、効かないベロリンガは、必死に舐め回すが、目を回し舌が絡まり結び目ができてしまう。ピカチュウの10万ボルトで勝利、コダックをゲットすると言う話である。
内容は違うもののコダックが登場するところは同じである

また別の絵本シリーズでも登場しており、けっせん!トキワジム!!のまきでは、アニメのトキワジム!さいごのバッジと全く違う内容でサカキではなくロケット団がジムリーダーになっていて、ベロリンガとガーディ
が登場する、それに対しサトシはフシギダネとゼニガメを出す、ベロリンガはフシギダネに舌で巻き付く、苦しそうにもがくフシギダネ、ゼニガメはガーディに苦戦、ゼニガメはみずでっぽうを放ち、なみのりピカチュウと言うチ〇ト的なやつを使って勝って、バッチをゲットする。

英語版のアニメの声は、マリオに登場するヨッシーに近い声になっている

結構絵本に登場することが多い

pixivなど

なめまわし」という言葉が「ク○ニ」や「フ○ラ」やらを連想させるため、そっち系の人たちからは、モンジャラと共に陵辱(ポケ姦)担当の卑猥なポケモンとして扱われる事が多い。
卑猥なポケモンと扱う人達の中でも、ベロリンガの長い舌によるナメナメはトップクラスで、だいたいの人は、骨抜きにされてしまう。可愛い顔をしているので、不快感が無いところも大きなポイントで、身も心も痺れます。興味のある人で、まだ体験したことが無い人はベロリンガの長い舌でナメナメされちゃいましょう。
擬人化されることが多いが、描く人によって舌がベロリンガ寄りか人間寄りに分かれるのが不思議である。また、舌がマフラーだったり、服の一部で再現されていることもある。擬人化の場合は淫乱ピンクに分類されることがある。舌がベロリンガ寄りの場合は、ベロリンガの血筋を受け継いでいるので、興味がある人は探すことをオススメします。きっとあなたの要望に答えてくれること間違いありません。ただし捕食が好きな個体もいますので、人によっては、注意が必要かも知れません。

関連イラスト

ベロリンガ詰め合わせ
ベロリンガ



関連動画

https://www.youtube.com/embed/d1fN_yDf_8U

関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ノーマルタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「ベロリンガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 485122

コメント