ピクシブ百科事典

グランブル

ぐらんぶる

グランブルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]
No.210 グランブル



基礎データ

ずかんNo.210
英語名Granbull
ぶんるいようせいポケモン
タイプノーマル(第五世代まで)→フェアリー(第六世代から)
たかさ1.4m
おもさ48.7kg
とくせいいかく / はやあし / びびり(隠れ特性)


進化

ブルーグランブル(レベル23)

ギャッパーズメモリアル



概要

ブルーの進化形。強面だが、性格はブルー同様臆病。
敵に襲われると必死に手足を振って追い払おうとする。
顎の力は強力だが、脅かさなければむやみに噛みついたりはしない。

この見た目でようせいポケモンであることや、♀の方が多いことをブルー以上にネタにされるが、トロルスプリガンなど大型で見た目の厳つい妖精は珍しいものではない。

モデルはブルー同様ブルドッグ。現在のブルドッグは比較的温厚な犬である。
名前の由来は恐らく「グラン(フランス語で雄大)+ブル」。
ついでに言えば、グラン・ブルーという映画もあるのでそちらも意識していると思われる。

ゲーム上の特徴

「こうげき」が高く、「すばやさ」が低いという所謂重戦車型のステータスを持つ。
だが競争の激しいノーマルタイプに生まれてしまったため、特にリングマにはステータスで完全に負けてしまっており、差別化が難しい影に隠れがちな不遇ポケモンであった。
一応特性「いかく」や技「リフレクター」「でんじは」などはグランブルにしかできないが。

……と思っていたらXYにて、なんとブルー共々タイプがノーマルから「フェアリー」に変更された。
しかもピクシー同様ノーマルタイプがなくなり、フェアリー単タイプになった。
これで名実ともに「ようせいポケモン」と相成ったのであった。
知らずにかくとうタイプで挑むと返り討ちに遭うので注意。逆に無効だったゴースト技は1倍で通るようになる。ドラゴン対策に態々げきりんこおりのキバを覚えさせる必要がなくなった。
タイプ自体が変わってしまったことにより、他の実戦級ノーマルタイプの皆さんとの差別化を気にする必要もなくなった。

物理型のフェアリーは他にクチート(メガクチート)とマリルリぐらいしかなく、両者には攻撃力は負けてしまっているもののフェアリーが効きにくいどくはがねほのおタイプに有効なじしんをフェアリータイプで唯一習得することができるため十分差別化は可能(他のフェアリーはあなをほるじならしが習得できる)。
また、タイプがフェアリーに変わったことでむし・あくタイプに耐性が付き、かつゴーストタイプの技も効くようになったため、隠れ特性「びびり」の採用価値も上がっている。
最速なら「びびり」一回発動で最速90族まで抜けるので、受けに出して一気に奇襲することも可能。

関連イラスト

My Fairy Tale
マーキング



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 フェアリータイプ
 ブルドッグ
ブルー(ポケスペ)

pixivに投稿された作品 pixivで「グランブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174314

コメント