ピクシブ百科事典

ボルトロス

ぼるとろす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

名前の由来は、恐らく「ボルト(電圧・電位の単位)+ロス(アイオロス:ギリシア神話に登場するアネモイ(風の神)たちの主)」。

基礎データ

ずかん No.642
英語名 Thudurus
ぶんるい らいげきポケモン
タイプ でんき / ひこう
たかさ 1.5m(れいじゅうフォルム:3.0m)
おもさ 61.0kg
とくせい いたずらごころ / まけんき(夢特性) /ちくでん(霊獣フォルム)


※いたずらごころ:変化技を先制で出すことができる
※まけんき:能力を下げられると「こうげき」が2段階上がる
※ちくでん:電気技を受けるとダメージを無効化し、自分のHPを25%回復する。

容姿

「けしんフォルム」と「れいじゅう(霊獣)フォルム」の2つの姿を持つ。
「うつしかがみ」という真実を映す鏡のアイテムを使えば両フォルムに任意で変化できる。どちらかが本当の姿であるようだが、どちらなのかは今では判らないという。

けしんフォルム

ちょっとカントー行ってくる
雷神のおっちゃん


雷神をモデルにしたポケモン。なので、人間の壮年男性に似た姿をしている。
体色は色をしており、いたてがみとを生やしている。頭部には青いが1本生えている。
白い雲の上に腕組みした上半身のみが出ている。雲の後方の部分から長い尻尾が出ており、それには7個ほどのい鉄球のような物が所々に付いている。この鉄球のトゲの先から雷を落とす。
それ以外は、トルネロスランドロスとほぼ同じ姿形をしている。

れいじゅうフォルム

Rope skipping
雷鸣之龙!


BW2でまさかのフォルムチェンジ
れいじゅうフォルム(霊獣フォルム)と呼ばれ、姿は龍(青龍?)型。
顔はおっさんのまんまである。ある意味すごいインパクト
昨今で通称「レボルト」と呼ばれてたりする。

公式イラストで確認できる限り、口には歯が無く、中は真っ黒である。

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。伝説のポケモンの1種。
『ホワイト』のみ登場する。おなじく『ブラック』のみに登場するトルネロスと対となるポケモン。

イッシュ地方に伝説として伝えられているポケモンである……と言っても、トルネロスと共に嵐を起こして暴れ回り、それをランドロスに懲らしめられた、という不名誉な伝説であるが。BW2によると今に伝えられているその時の姿形は、3匹とも全員霊獣フォルムであったらしい。
通り過ぎる場所に尻尾から雷を落とし、焼け焦げや山火事を残していくので嫌われている。

最早恒例となった今作における徘徊型ポケモンである。
けしんフォルムの姿は、他のトリオであるトルネロスランドロスとほぼ同じ姿形をしている為、三体合わせてコピペロスと揶揄され、各方面で色々と物議を醸し出している。詳しくはそちらの記事を参照して下さい。
ちなみに重さだけは、三体とも違っている。

ゲーム上の特徴

デザイン自体は好みが分かれるが、性能自体は紛れもなく超高性能である。
伝説ポケモンに分類されるだけ素のステータス自体も高く、その上で特性の効果が凶悪である。

ステータス的には、特に攻撃、特攻、素早さの高さが目立つが、同タイプの伝説ポケモンサンダーと比べて素早さが高い反面耐久面で劣る形となっている。
しかしその素早さは111はドラゴンで一番早いラティオスをピッタリ抜ける絶妙な数値になっているため、めざめるパワー氷を活かしやすい。
ちなみにトルネロスと全く同じ種族値である。
れいじゅうフォルムでは大きく変わり、特攻が電気タイプ最高となる145に跳ね上がった。
そのかわり攻撃と素早さが10ずつ下がって105101となった。
素早さ下降は中々痛く、ガブリアスと比べて1だけ遅いという化身とは別の意味で絶妙な数値になってしまった。

元の素早さと特攻を活かした速効特殊アタッカーとしての運用に加え、
化身フォルムでは「いたずらごころ」による変化技を確実に先制で出せる特性を利用した戦法が強力である。
中でも目立って強力なのが命中100%でまひに出来る「でんじは」が先制で撃てる点。相手のみがわりやちょうはつを気にしなくていいのは強力だろう。
シングルでは死に際に撃って相手の無双を防ぐ事も出来、ダブル・トリプルでは耐久特化にしてでんじはを撒きまくるという鬼畜戦法が使われる。
他にも先制「みがわり」で状態異常技を防いだり、クロバット相手にも打てる「ちょうはつ」、確実な先制の混乱技となる「いばる」は強力。
「わるだくみ」も霊獣フォルムが積みきれば輝石ラッキーなどの超特殊耐久ポケモンも突破が見込めるようになる。

攻撃技としては、タイプ一致のかみなり」「10まんボルト」「ボルトチェンジ」を筆頭に、
サブウェポンの「きあいだま」「くさむすび」などの特殊技の搭載が基本となる。
ちなみにひこうタイプを持っているが、タイプ一致の特殊技はない。
その点はめざめるパワーで代用できるが、そこは氷タイプのものと争う形になる。

また、攻撃の数値も高いので、ダブルバトルなどでは化身フォルムの特性:まけんきの恩恵を受けながら戦うこともできる。
メガガルーラ,ハピナス,レジアイス,バンギラスに入る「ばかぢから」は必須に近く、強化アイテムと合わせて使いたい。
一致技の「ワイルドボルト」、XYにて強化された「はたきおとす」、持ち上げられる「フリーフォール」は特殊技にない追加効果を持ち、低命中だがフェアリーに通る「アイアンテール」も奇襲性が高く、引ける控えが居るならば「とんぼがえり」もあると有用。
特殊型の場合、変化技のスペースの関係上、使用されるのは「ばかぢから」くらいだろう。

難点としては、徘徊系と言う特性上、とにかくその捕獲方法から厳選が難しい。
…というより、最速でかつ「めざめるパワー」の氷か飛行が必須という条件の関係上、乱数調整以外では不可能と言っても間違いではない。
それでもいたずらごころ+でんじはが強力なので、適当に捕まえてしまった物でもそちらの方向をメインとして使えば悪くない所では無い活躍が出来てしまうのは流石準伝といった所か。

第6世代のアルファサファイアでは固定シンボルで出現するため、厳選のハードルがかなり低くなった。条件はポワルンが手持ちにいること。ポワルンはストーリー中でもらえるためおおぞらをとぶができるようなればすぐに捕獲することができる。

ちなみに分類上は「らいげきポケモン」なのだが、この世代で登場した技らいげき」は覚えない。
ゲーフリは何故雷撃をゼクロムの専用技にしたし。

アニメでのボルトロス

ゲームと同じくトルネロスと一緒に暴れて、ランドロスに退治されたと伝説で語られているが、その舞台はゲームとは違いイッシュ地方にあるミロス島で暴れたとされている。

関連イラスト

雷神
くもじいじゃ!!


失われた雲



関連記事

ポケモン一覧 伝説ポケモン
ひこうタイプ でんきタイプ
ポケモンBW ポケモンBW2

pixivに投稿された作品 pixivで「ボルトロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 407346

コメント