ピクシブ百科事典

サワムラー

さわむらー

サワムラーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場したキャラクラター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.106
英語名 Hitmonlee
ぶんるい キックポケモン
タイプ かくとう
たかさ 1.5m
おもさ 49.8kg
とくせい じゅうなん / すてみ / かるわざ(夢特性) 


じゅうなん:状態異常のまひにならない
すてみ:反動でダメージを受ける技の威力が1.2倍になる。
かるわざ:道具がなくなると素早さが2倍になるが、ひっこめると元に戻る。

進化

       ┌→ サワムラー(攻>防)
バルキー ┼→ カポエラー(攻=防)
       └→ エビワラー(攻<防)

案内の挿絵だったもの2



容姿

人型をしたポケモン。人型と言ってもと胴体が一体化した形で、鼻や口に当たる部分は見当たらない。
手足は関節はバネの様になっているが、螺旋状ではない。
足に割りとしっかりとした鋭いツメが生えているが、特にこれといって利用する話はない。勿論蹴られたら痛いのは間違いないが。

概要

『ポケットモンスター』(第1世代)に登場したポケモン。
名前の由来は、実在の元キックボクサーの沢村忠(さわむら ただし)。
バルキーから進化するポケモンの一体。進化する時「こうげき」が「ぼうぎょ」より高いとサワムラーに進化する。

自由自在に伸びる足であらゆる蹴り技を使用するポケモン。別名キックの鬼。
足は実に2倍の長さまで伸びて、初めて戦う相手はその間合いの広さに驚いてしまう。
連続でキックを放つうちに、両足はどんどん伸びて、逃げる相手も蹴る事が出来る
ただ伸びるだけでなく、蹴る瞬間に足の裏がダイヤモンドの様に硬くなり、相手を破壊する。
その上で戦いが終わった後に、足を揉みほぐすといったケアも行う。
しかしながら、足の裏が硬くなって得するキックはケンカキックのような形になる。キックボクサーとしてそれはどうなんだろうか。ダイヤモンドの硬さは衝撃に対するものではなく硬度なのだが、その辺り大丈夫なのだろうか。

また間抜けなところでは走っているうちにだんだんと足が伸びていき、ものすごく大股になる。
第6世代において、メガトンキックを習得できる唯一のポケモン。(ドーブルは例外として)

初登場時、貴重なかくとうタイプの攻撃技を自力で習得出来たので重宝された。
また、その後のシリーズでも高い攻撃力を生かしたかくとうタイプ技は強力であり、
今もある程度は重宝される。
ただ最近はその耐久力に難がある為、苦戦を強いられる。

サワムラーの得意技である「とびひざげり」は、モデルとなった沢村忠の得意技である
「真空跳び膝蹴り」から由来している。

ポケスペシバのサワムラーは、脚のみでなく腕も伸縮するという設定がある。

スマブラでは初代にのみアイテムのモンスターボールから登場する。「とびげり」で近くの敵を攻撃する。

アニポケでのサワムラー

  • ジャイアント→ムコニャ:P-1グランプリでロケット団に強奪される。決勝でサトシのオコリザルに敗れた。


使用技:とびげり、まわしげり、メガトンキック


  • ジュンダイヤモンド&パールで登場。しかしこのサワムラー、なんとインファイト、メガトンキック、とびひざげりなど効果抜群もしくは高威力の技を立て続けにヒットさせたにもかかわらずブレイズキックでやけど状態になったことで特性「こんじょう」が発動したシンジリングマに逆転負けしている。よほどレベルに差があったのか?


ゲーム上の特徴

第四世代まで

「こうげき」が非常に優れており、バルキー進化系の中では最も高い。
また、「すばやさ」のほうもヘラクロスドクロッグを抜き、
格闘タイプではゴウカザルオコリザルルカリオに次ぐ4番目の高さを誇っていた。
なお、「こうげき」なら上記3匹を上回っている。
反面耐久力は"紙"と言われる程壊滅的で、「HP」も他のバルキー進化系と同様に、低過ぎる宿命を負っている。

ただしサワムラーの専用特性「すてみ」を得たおかげで、爆発的な火力を得、
「とびひざげり」、「とびげり」、「すてみタックル」等の技が軒並み上昇した。

攻撃技の候補としては、「とびひざげり」、「インファイト」、「ストーンエッジ」、「ブレイズキック」、「じしん」などが挙げられる。
また先制技として「マッハパンチ」、「バレットパンチ」、「ねこだまし」等も習得可能である。

難点としては、まずその耐久力のせいで先に相手を倒さない限り、逆に倒されてしまうことが挙げられる。
(まぁ、パワーインフレのこのご時世なので速攻系アタッカーには今時珍しいことではないのだが…)

その上最高威力である特性「すてみ」込みの「とびひざげり」と「インファイト」の威力がほとんど同じな為、
命中率等の理由でよく外されてしまう。
せっかく手に入れた専用特性なのに、エビワラー共々生かされないとは不幸の上塗りである。

第五世代

こうげき・すばやさ両方を上回り、夢特性にサワムラーと同じ「すてみ」を持つコジョンドというポケモンが登場し、さらに存在意義が薄れつつある。
折角とびひざげりの威力が130に上昇し、すてみを存分に生かせると思った矢先にこの仕打ち…

しかし、その代償に夢特性で「かるわざ」を得た。サワムラーはねこだましのコンボが使えるためノーマルジュエル+ねこだまし→ノーリスクでかるわざ発動という唯一無二の個性を手にしたため、この使い方で運用するならコジョンドとの差別化を気にする必要はない。ただしサワムラーは♂しかいないためハイリンクでの厳選が難しいという欠点はあるが…
さらにサワムラー独自の強みとして一致先制技のマッハパンチ、擬似先制のふいうちによる対エスパー・ゴースト性能がある。相性補完としては採用価値が少し薄いブレイズキックもハッサムパンプジン対策としてなら充分コジョンドとの差別化になるだろう。また、HPでは若干劣っているものの特防では大きく勝ってるため、実際の特殊耐久はサワムラーのほうが僅かに高く、不一致のエスパー技程度なら耐えてしまうこともある。

第六世代

フェアリータイプの登場で弱点がひとつ増えてしまう。とはいえサワムラーは上述通り特殊耐久が割と高いため不一致マジカルシャイン程度なら耐えてしまう。じゃれつくにいたってはどっちにしろ等倍の物理で一撃死も有り得るくらい物理耐久が紙なのでどうってことない。一応バレットパンチどくづき、毒が効かない鋼/フェアリー複合にもブレイズキックやじしんも使えるため全フェアリーに一矢報いる程度なら出来る。

カロスマーク規制によりふいうちは使いづらくなったものの、強化されたはたきおとすを習得。今まで苦手だったゴーストへの安定した対抗手段を得た。

ただ、ノーマルジュエルの補正値が1.3倍に下がってしまったのが痛い。とはいえ他のタイプのジュエルは解禁すらされていないため、ねこだましを強化出来るジュエルが残存してるだけマシではあるが…代わりに夢特性♂でもメタモンでの厳選が可能になりかるわざ型は作りやすくなった。実際、レーティングで見かけるサワムラーはかるわざ型がほぼ主流になりつつある。
むしろ最大の問題点はファイアローだろう。ブレイブバードでオーバーキルされる事はともかく、特性の効果でかるわざで素早さを上げても先制されてしまうのが痛い。相手のパーティにこいつがいた場合はこいつを始末するまで出さないか選出しないのも手だろう。

なお、コジョンドのおかげでやや相対的価値が下がったとびひざげりも劣化になるから見劣りしてしまうだけで、すてみと「いのちのたま」込みだと今流行のロトムをタイプにもよるが一撃で潰せる十分な威力を持つ。
しかも素早さの種族値もFCロトム達より1だけ速い。
まさかロトム側も「サワムラーに殺される」とは夢にも思うまい。マイナー故の強みである。
また、「脆いなら割りきって最初から珠を持たせて暴れまわらせる」という用法もあり、その攻撃範囲の広さもあって、一概に弱ポケとは言い切れないポテンシャルを秘めている。

余談だが、初代以来ずっとネタで、キックポケモンなのにメガトンパンチなどの拳ワザを覚えさせられることが多かったとか。

関連イラスト

サワムラーの回し蹴り
インファイト!



主な使用ポケモントレーナー


関連タグ

ポケモン一覧 かくとうタイプ
エビワラー カポエラー バルキー
赤緑 金銀 FRLG HGSS

pixivに投稿された作品 pixivで「サワムラー」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 715476

コメント