ピクシブ百科事典

ホウエン御三家

ほうえんごさんけ

ホウエン御三家とは、『ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルド』に おいて最初に手に入る3匹のポケモン及びその進化系のことを指す用語。
目次[非表示]

ホウエン御三家一覧

※山括弧〈〉内はメガシンカ

くさタイプ

キモリジュプトルジュカインメガジュカイン

ほのおタイプ

アチャモワカシャモバシャーモメガバシャーモ

みずタイプ

ミズゴロウヌマクローラグラージメガラグラージ

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』(第3世代)及びそのリメイク作である『ポケットモンスター オメガルビー・サルファサファイア』における御三家である。
名前の由来はホウエン地方を舞台としている為である。
他にも「ルビサファ御三家」「3代目御三家」とも言われたる事もある。

GBAでポケモンも大きく変化し、また過去作との繋がりが一度切れたこともあり、
前2作品とはどことなく趣が異なる姿をしている。
また、モデルがカラーヒヨコであるアチャモをはじめとして、進化時に姿や性質が
大きく変化するのが特徴となっている。

ホウエン御三家は、歴代御三家の中でも種族値が高めで
3匹ともそれぞれ違うベクトルでトップクラスの性能を誇っている。
バトルでの強さもあり、なんだかんだで愛されているのである。

ちなみに3体ともメガシンカすることが可能だが、アチャモの系統だけ可能となった時期にズレがある。
バシャーモは、先行配信によってのみメガシンカ用のアイテムが入手可能というかなり限定条件ではあったが、『ポケットモンスター X・Y』の時点でメガシンカ可能であった。
残りの2体は次作の『オメガルビー・アルファサファイア』でメガシンカ可能になった。

XYの時点でバシャーモだけにメガシンカが与えられたことについては色々と憶測が飛び交っており、有力視されているのが『ORAS』の発売のための伏線とされているが、確かな事は判明していない。

とにかく、今でこそ晴れて3体ともがメガシンカ可能となったが、上記の流れによって初期ではバシャーモに対して他の2体のファンからはやっかみがあったとかなかったとか…。

ジュカイン

最後までくさタイプのままである(ただし、メガシンカするとドラゴンタイプが加わる)が、ホウエンは海が多いためみず対策として活躍可能。
ジュカインはスピードが売りで、現段階で「とくこう」と「すばやさ」の数値は歴代トップクラス、特に「すばやさ」はポケモン全体でもトップクラスである。
進化前のジュプトルは後に「ポケダン」で大活躍することになる。

バシャーモ

かくとうタイプがついてくるため、今までのように洞窟で苦労することはない。(流石に海は無理だが)
バシャーモは高い火力と素早さを併せ持ち、現段階で「こうげき」と「とくこう」の数値は歴代トップクラス。
現在は同タイプで自身より素早さが高いゴウカザルがライバル。
ワカシャモになった時戸惑うが、バシャーモまで育て上げてみるとカッコイイ。

前述の通りXYでもメガシンカ可能。

ラグラージ

じめんタイプがついてくることで
弱点がくさタイプ4倍ただ一つのみとなる。
ラグラージは鈍足だが火力・耐久・器用さの全てに優れ、「HP」・「こうげき」・「種族値合計」が歴代トップクラス。
恵まれたタイプと合わさって「厨ポケ」とされる事もあり、歴代御三家最強クラスの強さと思いのほか愛嬌のある姿のため、元々蔑称だったはずの「キモクナーイ」がそのまま愛称となることになった。
ただし、第6世代からはみずタイプにばつぐんで通るようになるこおりタイプの新技「フリーズドライ」で4倍を取られるようになってしまった。
使用者は限られているが注意する必要があるだろう。

関連イラスト

パートナーはどの子?
クラブ


ホウエン御三家
リメイクおめ!




他の地方の御三家タグ

ポケモン御三家


関連タグ

ポケモン ユウキ ハルカ ルビサファ RSE ORAS

pixivに投稿された作品 pixivで「ホウエン御三家」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 891428

コメント