ピクシブ百科事典

かえんほうしゃ

かえんほうしゃ

かえんほうしゃとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

本来の意味での火炎放射は火炎放射を参照。

データ

初出第1世代
タイプほのお 
ぶんるい特殊
いりょく95(~第5世代)→90(第6世代)
めいちゅう100
PP15
直接×
範囲単体
効果10%の確率で相手を「やけど」状態にする
英語Flamethrower


概要

初代から存在する技。
威力・命中・PP全てにおいて安定した性能のほのお技。
習得者は勿論ほのおタイプに多いが、それ以外にもドラゴンタイプにも習得者は多い。
どういう理屈かシビルドンカイリキーまで覚えたりする。

シビルドンの かえんほうしゃ!



現在では技マシン35になっているものの、意外にも技マシンになったのは第3世代から。
第2世代では教え技になったが、初代では自力でしか習得できない上にほのおタイプしか覚えられない珍しい技だった……ある1体が覚えられなかったが

対戦では「だいもんじ」や「オーバーヒート」等のより高威力のほのお特殊技の存在から、単純な採用ではこれらに見劣りしがち。
但し前述の通り安定性は非常に高く、決してこれらの技より劣っていると言う事は無い。
「だいもんじ」を習得できないポケモンのサブウェポンになることも多い。
特に第5世代のゾロアークや初登場時のオンバーンこれかきあいだまが無いとはがねタイプ相手に詰む。それ位重要な技である。

第6世代では特殊技の一括威力調整の影響で威力が90に下がった。

アニメではその見た目の分かり易さからか、ほのおタイプの基本技として多くのポケモンに使われている。
サトシのヒトカゲも「ひのこ」を差し置いてバンバン使っていた。無論リザードンになっても主力技の1つである。

スマブラでもリザードンの通常必殺ワザとして実装された。
前方方向に炎を吐くというシンプルなもので、牽制などに用いられる。
長時間吐き続けると息切れしてしまうのか火力が弱まってしまう(一定時間経過で回復)。
コピーすることでカービィも使用可能になるほか、クッパも"クッパブレス"という同様のワザを使用する。

関連リンク

ポケモン ポケモン技一覧 ほのおタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「かえんほうしゃ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73992

コメント