ピクシブ百科事典

コイキング

こいきんぐ

コイキングとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.129
英語名 Magikarp
ぶんるいさかなポケモン
タイプ みず
たかさ 0.9m
おもさ 10.0kg
とくせいすいすい/びびり(隠れ特性)

進化

コイキングギャラドス(Lv20)

色滝のぼり


図鑑説明

ポケットモンスター赤、緑、ファイアレッド、X

ちからも スピードも ほとんどダメ。せかいで いちばん よわくて なさけないポケモンだ。

ポケットモンスター青、リーフグリーン、Y

おおむかしは まだもうすこし つよかったらしい。しかし いまはかなしいくらいに よわいのだ。

ポケットモンスターピカチュウ

たよりない ので ゆうめいなポケモン。うみ かわ いけ みずたまり いたるところを およいでいる。

概要

かなしいほどに弱く、その弱さに定評のあるポケモン。
しかし、進化するとあの凶悪な厨ポケことギャラドスになる。
大昔(赤緑の時代より以前)はもうちょっと強かったらしいが、それでも大方現在と変わっていないと思われる。
ちからもスピードもほとんどダメで、少しの川の流れにも流されてしまう。
跳ねまくっているうちにピジョンピジョットなどにすぐ捕まってしまう。
長年生きたコイキングは跳ねるだけで山を越えられる。が、技の威力は変わっていない。
しかし、生命力だけはやたらしぶといようで、どんなに汚い水でも暮らせるようである。

食用としてはまずいので向いていない」という説明があるが、『ポケモンスタジアム』の攻略本では「ピカチュウが焼いたコイキングを食べる」と書かれたり、アニメでも漂流したサトシ達がコイキングを食べようとしていた(ただしカスミは「ほとんど骨と皮と鱗だけで食べられない」と否定しており(つまり経験あり?)、実際ニャースが食べようとして失敗している)ので、真相はいかなるものか…?

腹が減っているのか?
食用コイキング


図鑑説明においてはコイキングが無闇に跳ねてすぐ襲われてくれるために多くのポケモンが生き延びられるという記述があるあたり
自然界では頻繁に捕食されていると思われる。

その弱さから、往年のアンソロジーなどでもネタにされまくっていた(今も?)。



ゲームでの特徴

第4世代までの全作品では、どうぐ「ボロのつりざお」を使うと、水辺さえあれば四六時中出会う事が出来る。元祖「はねる」使い。
レベルアップすることで「たいあたり」なども覚えるが、わざマシンでわざをおぼえたり、タマゴわざをおぼえることはない。
かつては『りゅうのいかり』を覚えたコイキングを配布するイベントもあった。
しかし、第3世代以降は「じたばた」が追加され、第4世代では教え技などで「とびはねる」を使えるようになった。
ちなみにとびはねる習得でようやく技スペースが4つ埋まるようになった。

「ちからもスピードもほとんどダメ」と、ステータスに関しては図鑑の説明通りのつよさ。
確かにパワー(攻撃面)は皆無に等しいのだが、「すばやさ」は進化前にしてはかなり速い方である。むしろコイキングなんかよりヒマナッツの方がよっぽどステータスが酷いのだが…。
さらに、とくせい「すいすい」を駆使すればとんでもないスピードになるのだが、なにぶん覚えられるわざが限られているので、コイキングと対の存在でわざマシンを使え、タマゴわざを覚えられるヒンバスの方が使いやすい(ただし、あくまでコイキングと比べればの話である)。

なお、戦闘でコイキングをたおすと、「すばやさ」のきそポイントを獲得することができる。レベル15までは攻撃するわざを覚えないため、ズバットと同等かそれ以上に、「すばやさ」のきそポイント稼ぎの生贄に狩られまくるポケモンである。

ブラック・ホワイト』ではこれまでの作品とは違い、つりざおが「すごいつりざお」のみとなり、「ボロのつりざお」が無くなった。
一応、エンディング(1回目)後に500円でコイキングを売るオヤジが登場するが、それ以外でコイキングと出会うには「ポケモンドリームワールド」を利用するか、第4世代から連れてくるのみとなった。

ポケモンGO』では「はねる」と「わるあがき」しか覚えず、とてもではないがポケモンバトルではまともに使用できないほどのぶっちぎりの弱さを誇っている。
一刻も早くギャラドスに進化させたいところだが、進化に必要なアメの数は、なんと怒涛の400個。進化させるだけでも相当な苦労を要する。もちろん、他のポケモンで、進化させるのにここまで途方もない数のアメを必要とするポケモンは存在しない。
今日もプレイヤーたちはコイキングを探し回ってはボールを投げ続けているのである。

無題



色違い

コイキング


立派な金鯉となる。まさにしゃちほこ
『金・銀』で登場した「赤いギャラドス」よりもある意味貴重。進化させるには勿体無い?
さらにポケモンセンターナゴヤのリニューアルオープンを記念して、2013年の3月下旬からゴールデンウィークまでの間、ポケモンセンターナゴヤでこの金のコイキングが配信されていた。レベルは驚きの99
しかも教え技の「とびはねる」のほか、通常はコイキングのままでは覚えないハイドロポンプを習得していた。
さらに、現在は原寸大の金のコイキングクッション(¥5800)も全国のポケモンセンターで発売中。なんだこの金のコイキングのプッシュっぷりは・・・買える環境にある方はおひとついかが?

ネタ要素として

図鑑の説明通り弱いポケモンだからか、ゲーム内でも最早ネタにしか思えない、以下のようなお遊び要素が色々登場する。

  • 「おつきみやま」でコイキングを500円で売るオヤジ(赤緑青黄)
  • レベル58のコイキングを使用するだいすきクラブ♂(金銀、HGSSではレベル65にアップ)
  • ギンガ団によって爆破された「リッシこ」でちからなくはねているDPt
  • レベル100のコイキングが釣れる「リゾートエリア」(プラチナ)
  • 再戦しても手持ち(レベル18のコイキング)の数しか増えずレベルを全く上げないつりびと(HGSS)

ちなみに詐欺扱いされやすいおつきみやまのコイキングだが、この時点では水タイプポケモンをほとんど入手できないので手間をかけてギャラドスまで育てれば普通に有用。
というか、野生のコイキング入手はもう少し後になるので、多少先行投資して早く手に入ると考えればさほど損はしてない。
「スーパーボールでコイキングを捕まえたと思えば腹も立たない」という見方もある。
なお、赤・緑には水タイプポケモン必須のバグ技がいくつか存在しており、ゼニガメを生贄にしたくなくかつ早期にバグを使いたいプレイヤーからは度々バグの犠牲に……。

また、「バトルビデオ」で、「はらだいこ」をバトンタッチされ攻撃を受けてHP1になったコイキング(ニックネーム:おさしみ)がわざ「じたばた」一発でレジギガスを葬り去った動画は有名。

ポケットモンスターSPECIALでは、マサキの手持ちポケモンとして登場。
得意の「はねる」でスオウ島の底なし沼に落ちかけたマサキを救うという大活躍を見せた。


関連イラスト

【HGSS】5月5日は
物欲しそうな目でこちらを見ている



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧
赤緑 FRLG 
ギャラドス ヒンバス ネタ 

タイキングスーパー正男におけるコイキングのパロディキャラ
広島東洋カープ:2016年の8月に、「ポケモンセンターヒロシマ」オープン一周年を記念したコラボが行われ、カープの帽子をかぶった躍動感溢れるコイキングがデザインされたグッズが販売された。

pixivに投稿された作品 pixivで「コイキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 896654

コメント