ピクシブ百科事典

ウツボット

うつぼっと

ウツボットとは、「ポケットモンスター」シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.071
英語名Victreebel
ぶんるいハエとりポケモン
タイプくさ/どく
たかさ1.7m
おもさ15.5kg
とくせいようりょくそ


進化

マダツボミウツドン(Lv.21)→ウツボット(「リーフのいし」を使用)

マダツボミ進化系たち



容姿

より本物のウツボカズラっぽくなった。
ていうか本物のウツボカズラの下の方に葉っぱを2枚付ける。だけ。単純明快。
ただし、本物やウツドンとは違い、ツルの根元は口の方である。

概要

ウツボカズラをイメージしたポケモン。ウツドンにリーフのいしを使うと進化する。
元ネタが元ネタだけあって食われるとヤバいはずなのだが、アニメのコジロウを初めとしたいろんなものを気軽に口の中に運んでいる。いいのか?

\ハエウッメッ!クソウメェ!/


ちなみに、コジロウにじゃれついて迷惑をかけるパターンを作った最初のポケモン。
「行け!ウツボット! 違う、俺じゃない!」

R-18のお供。だと思ったら意外とそんなことはなかった。
触手で捕食なのに。

色違いは鮮やかな緑の部分が茶色に、唇っぽい部分が青くなり、枯れたような感じになる。鬱ボット。

作品、世代によってポケモン達の強さはちまちま変わるが、ウツボットはその変化がかなり大きいポケモンである。詳しくは後述。

ゲーム中での特徴

初代

初代では技がきゅうしょにあたる確率がポケモンの素早さに依存していたため、はっぱカッターが高確率できゅうしょにあたっていた。
そのため、ドわすれを連発して耐久と火力を跳ね上げる戦法で人気だったヤドラン対策として使われてた。

二世代

金銀ではきゅうしょにあたる確率が大幅に低くなってしまい、くさもどくも半減以下にしてしまうはがねタイプが出現。
メガニウムの登場もあり、かなりマイナーな位置まで沈んでしまった。

三世代

RSでは特性「ようりょくそ」を得る。が、葉緑素を持ったくさタイプはそんな珍しいものではなかった。
特に葉緑素持ちな上に素早さが110もあるワタッコの存在が大きく、技のバリエーションでもとてもかなわない。
しかも、攻撃役としても高い能力と豊富な技を持つジュカインが登場。結局中途半端な存在として扱われていた。

四世代以降

DP初期は技ごとに物理と特殊に分かれ、やっと日の目を見ることになる。と思いきや、肝心のタイプ一致物理技が無い。
それどころか、大事な一致技であったヘドロばくだんが特殊化1番高いステータスであるこうげきが全く生かせなくなってしまった。

ひたすら不遇な扱いに耐え続け、そして迎えたプラチナ発売。ついにウツボットが他のくさタイプを見返すときが来たのである。

プラチナではいくつかの既存のポケモンが新たな技を覚えるようになったが、ウツボットはなんとリーフブレードを習得。
念願の強力な一致物理技を得たばかりか、教え技でふいうちまで習得。
『ねむりごなで相手を眠らせた隙に積み技で能力強化、そして一致技と先制技でねじ伏せる』という初代を彷彿とさせるような戦法が可能に。

HGSSでもウツボットの勢いは衰えなかった。
なんとタマゴ技でウェザーボールを習得してしまうのである。
こうなるともう止まらない。強い日差しの下、葉緑素で2倍になった素早さでねむりごなを撒き、
1ターンの溜め無しでソーラービームを放ち、ウェザーボールではがねタイプすら焼き払ってしまうのである。

こうも強くなると、ラフレシアが若干かわいそうになってくるような…

六世代

くさタイプに粉系は効かなくなった事や天候ターン制限は痛いが、特防種族値が70に上昇した事や新たにフェアリータイプに耐性ができたことは幸い。同タイプの壁にメガフシギバナがいるが、ウツボットにしか出来ない芸当は健在なので問題ない。

さらに卵技として新たにゲップアシッドボムを習得。

七世代

新たに技マシンで「どくづき」を習得できる模様。第三世代ぶりに毒タイプの一致物理技を得た。というか何で今まで覚えられなかったんだ。更に「きゅうけつ」強化されたが、「ふいうち」の威力が低下した。

使用トレーナー

エリカ/ジムリーダー(カントー)

おしおきですわー


ちなみにアニメではコジロウの手持ちに入ることを考慮してかウツドンに差し替えられている。

フクジ/ジムリーダー(カロス)バトルシャトー限定

コジロウのウツボット

PIC・R-195


CV: うえだゆうじ(95話まで)、愛河里花子(96話以降)

56話から登場し、262話までそこそこ長いレギュラーとして活躍していたポケモン。
元はウツドンだったが、ヤマトとコサブロウが任務のために営んでいた育て屋に預けたことでいつの間にか進化し、コジロウの手持ちに加わった。後述する無印261話によると、コジロウはウツドンの可愛さを気に入ったらしく(特に目の部分)、マタドガスと戦わせてゲットしたとのこと。
その後(カントー編)は出番は少なかったが、オレンジ諸島編からは、マタドガスに代わってバトルの主力として活躍することが多くなった。

コジロウのことが大好きらしく、ボールから出た瞬間によくコジロウの頭やお尻に噛みついて(正確には呑み込んで)愛情表現していた。
この流れは後輩たち(サボネアマスキッパヒドイデ)にしっかり受け継がれている模様。

鳴き声は「キャーーーーーー!!」という悲鳴のようなもので、ポケモンでは珍しく自分の名前を元にした鳴き声ではない。

無印編のロケット団のポケモンの中では一番黒星が多く、最終進化形にもかかわらず実際のバトルでは進化前のポケモン(ニョロモナゾノクサポポッコなど)に負けるなど、マタドガスよりも勝率は悪い。
更には4倍弱点のはずの野生のイワークやトレーナーのゴローン(「まるくなる」を使ったとはいえ)に「はっぱカッター」がほとんど効いていないという、ゲーム常識では目を疑うようなシーンもあったが、決して劣勢ばかりだったわけではない。「ねむりごな」でサワムラーやタケシのイワークを眠らせて戦闘不能に追い込んだり、222話ではコサブロウのカポエラーと対等に戦ったりしていたため、本気で戦えばバトルの実力が低いわけでもない。

261話でムサシに無理矢理、良い香りが出るというコイキング売りのオヤジのウツドンと交換させられた。当然のことながら、長いこと一緒にいたポケモンを失ったコジロウは大泣きしてしまっていた。
交換して手に入れたウツドンはウツボットに進化したが(この時リーフのいしは使っていない)、ムサシを呑み込んだため蹴飛ばされて遠くに飛んでいった。同時にコジロウのウツボットもオヤジを呑み込んだために蹴り飛ばされ、見事に命中した2匹のウツボットはお互いに一目惚れしてしまい、そのまま森の中へと去って行ってしまった。

ポケマンガモノクロ6


別れはあっさりだったが、コジロウはAG編47話(ハルカエネコ加入回)で別のウツドンをゲットしようとしている。
またDP編第31話では、ナタネに彼女のウツボットとコジロウのマスキッパを交換してほしいと言われた際、「またウツボットに呑まれたい」と言っている(同時にその場面を回想している)ことから、ウツボットの愛情表現はコジロウにとってかけがえのない思い出だったことが窺える。例によってサトシのピカチュウに吹っ飛ばされた時にも、コジロウはウツボットを思っていた。

技は「つるのムチ」「はっぱカッター」「たいあたり」「とっしん」「まきつく」「ねむりごな」「しびれごな」「つるぎのまい」。
「つるのムチ」は頭のツルで攻撃するパターンがほとんどだが、172話では何故か身体から2本のツルを出して攻撃していた。

関連イラスト

ウツボットちゃん
カズラの森



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧 食虫植物
コジロウ(アニポケ) マスキッパ サボネア モロバレル

pixivに投稿された作品 pixivで「ウツボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 973422

コメント