ピクシブ百科事典

チルタリス

ちるたりす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.334
英語名Altaria
ぶんるいハミングポケモン
タイプドラゴン / ひこう
たかさ1.1m
おもさ20.6kg
とくせいしぜんかいふく / ノーてんき(隠れ特性)


進化

チルットチルタリス(Lv.35)

お寒いでしょう


メガシンカ

チルタリスメガチルタリス


概要

チルットの進化系。初登場は同じく第3世代(RSE)。
チルットの特徴を受け継ぎつつ、白鳥のような大柄で首の長い鳥ポケモンに成長した。
綿のような羽は胴体を覆い尽くし、アホ毛と尾羽も大きく伸びている。

いかにも「正当進化形」といった外観に対し、タイプはノーマルドラゴンに置き換えるという大変身を遂げている。そもそも元ネタの「幸せの青い鳥」はキジバトがモチーフとされているので、明らかに育ちすぎである。
これには著者メーテルリンク氏の思想を体現しすぎてしまったため、あるいは東洋美術における人気モチーフの一つ「雲龍図」を取り込んだためといった説が唱えられている。ちなみに、ホウエン地方のモチーフとなった九州から同名の伝説的な力士が生まれていたりもする。

名前の由来は「チルット+コカトリス」と考えられる。
コカトリスは一般的に獰猛な怪物とされており、「鳥型のドラゴン」という点以外にさほど共通点は無いが、チルタリスの色違いがコカトリスの標準色とされる黄色になっている。
海外ではイタリア語の「Altair(アルタイル)+ Aria()」から“Altaria”の名で呼ばれている。ただし、アルタイルは体型の全く異なる鷲座に属する星の名であり、元を辿ればアラビア語の「飛翔する」が変化してできた単語である。


「ハミングポケモン」の分類名通り美しい歌声を持ち、その歌声を聞いたものは夢心地を味わえるらしい。それを反映して技としても「うたう」を覚える。ゲーム中の鳴き声は、当時の技術的限界もあってそこまで美しいものでもないのだが。
一方で、それとは正反対の効果である「ほろびのうた」も覚えられる。周囲の者を無差別に滅ぼそうとする点はコカトリス的と言えるかもしれない。ちなみにこれらの技は、チルットを進化させずに育て続けた場合でも習得できる。
ともあれ、基本的には心優しいポケモンで、心が通い合った相手を翼で包み込もうとするという習性も報告されている。もふもふ。飛行時も雲に擬態してゆったりと飛ぶと言われ、至って穏やかな生態である。


曲がりなりにもドラゴンということで、口からは灼熱の火球を放てるとも語られる。
この設定は習得技にも反映されており、「かえんほうしゃ」「だいもんじ」などのほのお技をわざマシンで覚えられる。これはチルット時代には不可能だったもので、タイプ変更の賜物と言える。
逆にひこうタイプの攻撃技は「ゴッドバード」と「そらをとぶ」ぐらいしか無く、見た目とは裏腹に戦闘スタイルはあまり鳥らしくない。そうかと思えば何故か「じしん」とか「ソーラービーム」といった技を取り揃えていたりと、登場以来かなり独特な路線を歩んでいる。
習得技と言えば、この外見にある意味最もふさわしくないはがねのつばさ」も覚えられる。鋼・・・?

第6世代ではフェアリータイプの技「ムーンフォース」を自力で覚え始めたが・・・メガチルタリス

対戦におけるチルタリス

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
7570907010580490

チルット時代に比べると実戦的なステータスになったものの、元がノーマルタイプであった事に加えて進化も一度きりであるためか、強力なポケモンの多いドラゴンタイプとしてはかなり控えめな合計値に留まっている。
配分もドラゴンとしては珍しく耐久面に偏ったものとなっており、特性の「しぜんかいふく」の効果がそれを助長する。そのため、タイプならではの耐性の多さも利用しつつ、独特な技レパートリーを活かした耐久型としての育成が基本となる。と言うかアタッカーにしたところで、この火力では決定打を与える事は困難である。

もっとも、同期・同タイプのボーマンダも特性「いかく」によって擬似的に高い物理耐久を作り出しており、その強力さ故に対策を組まないパーティの方が少ないため、どうしても彼らの巻き添えを食いやすい。ドラゴンの相性上彼ら自身にも弱いため、あまり自由に羽を伸ばせないのが実情である。
一応、耐久型ポケモンとしてはステータスが高い部類に入っているのだが・・・


第4世代では大技「りゅうせいぐん」を習得したものの、相手を一撃で落とせる事の少ないチルタリスにとってはデメリットの方が大きいと言える。むしろ、同時に追加された「パワースワップ」を用いてそれを相手に押し付ける事の方が性に合ったと、ここでも独特な立ち回りになった。

第5世代では外見にぴったりな積み技「コットンガード」を習得。1回の使用で防御力を3段階も上げると、耐久力に磨きをかけた。
また、隠れ特性(夢特性)システムの実装に伴い「ノーてんき」を持った個体が登場。天候パーティへの対抗策という新たな役割も生まれた。
・・・が、同タイプのカイリューはこの実装で「マルチスケイル」を手にしてダメージを半減し始め、天候パーティの中心的存在となったキングドラには素の速さでも負けていて対抗しきれないと、いまひとつ存在感を発揮できないでいた。


第6世代に入ると、先述の通りフェアリー技「ムーンフォース」を習得するようになった。
タイプ内でも習得者が限られる希少な技であり、とも妖精とも縁遠いチルタリスが覚えた事には様々な議論を生んだが、その答えはメガシンカで明らかとなった。
詳細は専用の項目を参照のこと。現在はメガシンカを行う型が主流となっている。

いずれにしても、ボーマンダやカイリューとは異なり、単体で場を制圧するのではなく他のアタッカーとの連携によって勝利を掴んでゆくタイプのポケモンと言える。パーティに組み込むならば、いかに相性の良い味方と戦術を見つけられるかがポイントとなってくるだろう。

主な使用トレーナー

ナギ
ミツル


型が多く、難易度的にも調整を行いやすいためか、ストーリー中ではむしろボーマンダやカイリューよりも登場の機会が多い。いわゆる「タイプエキスパート」もドラゴン・ひこう共に起用例があり、ベストパートナーとしている人物も2名(ナギ・ルチア)いると、扱いはかなり良い部類に入っている。
実現はしなかったが、アニポケにてハルカがチルットをゲットするフラグを立てた事もある。

関連イラスト

待機中
チルタリス


COTTON TO YOU
毛玉。



関連タグ

ポケモン図鑑 ポケモン一覧 RSE 鳥ポケモン
ドラゴンタイプ ひこうタイプ チルット メガチルタリス
青い鳥 雲龍

pixivに投稿された作品 pixivで「チルタリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2043767

コメント