ピクシブ百科事典

バチュル

ばちゅる

バチュルとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.595
英語名Joltik
ぶんるいくっつきポケモン
タイプむし / でんき
たかさ0.1m
おもさ0.6kg
とくせいきんちょうかん / ふくがん


進化

バチュルデンチュラ(Lv36)

595,596



図鑑説明

ポケットモンスターブラック

まちなかで くらす バチュルは みんかの コンセントから でんきを すいとる すべを おぼえている。

ポケットモンスターホワイト

からだの おおきな ポケモンに とりついて せいでんきを すいとり ちくでんぶくろに でんきを ためる。

概要

名前はタランチュラをモチーフとしていると思われるポケモンだが、眼の配置や形(4つあるうちの2つだけが大きい)から考えると、デザインはハエトリグモをモチーフとしているようだ。
いずれにせよ蜘蛛である。
瞼は4つのうち大きな2つの目にだけ存在する。しかしBWでは目を開けたまま寝ている。XY以降は目を閉じて寝るようになった。
脚を撫でられる事を好むが、口元を触られるのは嫌いらしい。

後述の小ささと鳴き声、そしてぴょんぴょん跳ねている姿に心を奪われたプレイヤーは数知れない。
更に進化後がサブウェイマスターの手持ちにいる事もあり、虫ポケモンの中では1,2を争う人気ポケモンとなっている。

…しかしホワイトの図鑑説明がノミシラミっぽいのは何故だろうか?
大きさや見た目といい、クモの仲間であるダニとも掛けているのかもしれない。
ダニがこんなかわいかったら駆除できないじゃないか…!
(毛布から発生する静電気をイメージしたのかもしれない。)

全身が黄色いふさふさの毛で覆われており、コロコロした印象。
蜘蛛やダニというよりもハムスターっぽい。
また、高さが0.1mと、ディグダネイティルリリスボミーミノムッチシェイミよりも小さく、ポケモン史上最小記録を塗り替えた。
ポケパーク2では進化後のデンチュラ共々登場しており、小さすぎて遠くから見るともうただの黄色い点にしか見えない。

ペーパーもぐもぐ
バチュルたんバチュルたんバチュルたん
【ポケモンBW】バチュルの特徴?



ちなみに顔文字もあるようだ。
( 0w0) (0w0)
お前どっかで・・・
「w」を半角にすると違う人になっちゃうんだ。

「ポケモンだいすきクラブ」では、ポケモンプレイルームのバチュルのビリビリステーションで活躍した。

関連イラスト

✿❀✿
ばちゅたんにたかられるサンダース


関連タグ

ポケモン ポケットモンスター ポケモンBW ポケモン一覧
デンチュラ イトマル アリアドス 
ピカ虫
エモンガ: 同世代ででんきアイドル枠を争う相手。
バチュルたんマジ電気
パチュリー: 名前が似ている。「パチュル」とも。
トラツリアブ: バチュルと同じく黄色いふさふさした毛に覆われつぶらな瞳をもつ、実在の昆虫。
アブリー: 上記のトラツリアブをモチーフにしたポケモン。バチュルと並ぶ最小タイポケモンでもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「バチュル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6248599

コメント