ピクシブ百科事典

ビクティニ

びくてぃに

ビクティニとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.494
イッシュ図鑑No.000
ぶんるいしょうりポケモン
タイプエスパー / ほのお
たかさ0.4m
おもさ4.0kg
とくせいしょうりのほし


他言語版での名称

英語 Victini
イタリア語Victini
スペイン語Victini
フランス語Victini
ドイツ語 Victini


概要

初出は第5世代(『ブラック・ホワイト』)。第5世代発売前に公開された幻のポケモンである。

イッシュ図鑑では第1版第2版ともに0番目のポケモン。
けつばんの真の姿ではないかという説があった。
全国図鑑ではアルセウスのすぐ後。種族値配分が全く同じシェイミとも2つしか離れていない。
BW発売時には、ビクティニ入手に必要なアイテム「リバティチケット」が発売日から1ヶ月間だけ配布された。

額に輝くVの字が特徴、モデルはうさぎリンゴであろう。決して集英社は関与していない
名前の由来は、おそらく「ビクトリー(victory:勝利)」+「2」だが光の翼は使えない。第5世代にちなんでローマ数字のⅤをイニシャルとしたと思われる。
決してビクティム(victim:犠牲者、生贄)ではない。可愛くあれ!!(Be cutyに!!)でもない。

ビクティニとともに生きることはビクティニの過酷な運命もともにするということらしい。しかし、もともと行く先々でトレーナーに半強制的なバトルをしかけられる主人公は最初からビクティニと同じ運命を背負っているので問題ない。

名前がティクビに似ている事から良くそっち方面でネタにされる何とも不憫な幻ポケモンである。
これに限らず名前の誤植が多く、公式のグッズやニュース記事でも、「ビクニティ」という間違えが確認されている(それも別媒体で2回)。

スマブラ3DS/WiiUではアイテムのモンスターボール、マスターボールから登場。「しょうりのほし」で呼び出したファイターのふっとばす力を倍増させ、いくら攻撃を受けても怯まなくなる。

ビクティニ道場

BWでは、通常プレイでは手に入らないアイテム「リバティチケット」を用いることで行ける島、リバティガーデン島にある灯台の地下にある、子供部屋のような小さな部屋でプレイヤーを待ち受けていた。

今度こそ連れて行ってくれるよね
ビクティニGETだぜ!


レベルが15と低く倒しやすい、倒した際にもらえる経験値が多く、HPの努力値が3も上がる、そして何より、
倒したり逃げたりしても部屋を出るだけですぐに復活し、更に近くには回復してくれるNPCがいることから、捕まえずにひたすら倒し続けてレベル上げをする通称ビクティニ狩りをするプレイヤーもいた。
そんなこんなでビクティニのいる部屋はビクティニ道場と呼ばれた。

プレイヤーが倒すたびに「お前が部屋から出れば戻ってくるだろうな」と律儀に伝えてくれるプラズマ団……。そりゃあ彼らがポケモン解放を謳いたくなるのも無理がない話だろう。
というかどっちが悪い奴なんだかもはや分からない

さらに、翌年の2011年夏には映画公開記念として前売り券でビクティニが配布された。しかも新しい技を引っ提げて。
よって図鑑を埋めたり実戦で使うならそっちのビクティニを使えばいいわけで、リバティチケット産の個体は廃人達によって永久にサンドバッグ扱いされることが保証されてしまった。まるで公式までもがビクティニを狩ってくれと推奨しているようである(攻略本のタブンネ狩り推奨を考えると本当にそうなのかもしれないが……)。

なお、本来は縁起のいいポケモンとして配布されたポケモンであり、一緒に連れて行くこと願って配布されたポケモンである。何度も出てくるのもメインターゲットの子供や初心者を配慮した仕様であり、決してサンドバックにすることを意図したものではないと思われる。
(前作の伝説ポケを緩和したようなものと考えればいい)


次回作のBW2では、ストーリーをヒウンシティまで進めればリバティガーデン島にいつでも行けるようになっている。
そこに前作から交換したビクティニを連れて灯台に行くと、ちょっとしたイベントが見られるようになっている。

イベントとは無関係だが、そこのNPCの台詞に
あの ポケモンは どんな きもちで あのへやに いたのかの……
ずっと いっぴきだと さみしいだろうに」というものがある。
どんな気持ちってそりゃぁ辛かったろう……別の意味で

ゲームにおける特徴

前述のように捕獲せずに狩りまくっているプレイヤーの割合が高かったが、対戦でも十分使えるポケモンである。

ステータスはミュウなどと同じオール100。
エスパータイプが弱点を突かれるむしタイプ技をほのおタイプが半減し、エスパータイプ技の通りが悪いはがねタイプに対してほのおタイプ技が抜群になる為、タイプの組み合わせは悪くない。
だが、弱点は5つと多めである。
当初は固有の組み合わせだったが、XYになってマフォクシーがこれに続いた。

専用特性「しょうりのほし」は自身と味方の技の命中率が1.1倍になるという効果。
だが、その補正値は1.1倍と思ったより低めで、シングルで使うと完全に「ふくがん」の下位互換となってしまう。補正が低すぎて「だいもんじ」はおろか「しねんのずつき」すら必中にならない。
その為、特性をフルに生かすのであればダブル以上が望まれる。

ダブルで使う場合、命中率が若干低く強力な技を覚えたポケモンを据えるとよい。
代表的なものとして「ダークホール」「りゅうせいぐん」「だんがいのつるぎ」「こんげんのはどう」など。

物理特殊共に技の揃いは比較的よく、どちらに寄せても一通り戦える。
ほのおタイプにしては珍しく、「かみなり」「ワイルドボルト」といったでんきタイプ技や、フェアリータイプ技「マジカルシャイン」を使うことができる。
地味にいのちがけ」で最も高いダメージを叩き出せるポケモンでもある(使用者中でHP種族値が最も高い)。
専用技はかえんだん
レベル1で覚える為「ハートのウロコ」が必要となる。威力100、命中100、特殊、「やけど」3割、全体攻撃と「ふんえん」の上位互換である。ただ、全体攻撃なので味方を巻き込んでしまう為ダブル/トリプルでの使い勝手はやや悪い。
また、配布されたビクティニ限定で半固有技Vジェネレートを使うことができる。
(専用技でないのはかつてこの技を覚えたレックウザが配布されたことがあるため)
威力は驚異の180であり、爆発技や「じたばた」「きしかいせい」を除けば最高威力の技である。命中率は95だが、特性の補正がかかる為実質100である。
ただし反動が凄まじく、「ぼうぎょ」「とくぼう」「すばやさ」の3つが1段階ずつ下がってしまう。しかも物理技である為「いかく」などをかけられると悲惨なことになりかねない。
これを逆手に取って、「トリックルーム」状態でこの技を連発することで、先手を取りやすくするという芸当もできなくはないが。

補助ではエスパータイプゆえか様々なものを覚える。目立つところでは「めいそう」「でんじは」「トリックルーム」「なりきり」「スキルスワップ」など。
特に「スキルスワップ」や「なりきり」で自身の特性を「あまのじゃく」に変えようものなら「Vジェネレート」で耐久力と機動力がどんどん上昇するという訳の分からないポケモンが誕生する。

なお、2011年の映画前売り券で配布されたビクティニは「クロスサンダー」「クロスフレイム」を、2012~2013年の東北イベントで配布されたビクティニは「らいげき」「あおいほのお」「こごえるせかい」を覚えている。
2匹とも「Vジェネレート」を同時に覚えているので、物理主体での育成が分かりやすいだろう。

だがビクティニの出場できるルールはほぼ伝説解禁戦である。
登場当時からあまり活躍が見込めなかったが、ORASに入りゲンシグラードンゲンシカイオーガメガレックウザがバトル場を席捲するようになり、ますます肩身が狭くなってしまった。
一応彼らのサポートとして味方に置くことで命中率を上げることもできなくはないが、「じゅうりょく」というライバルが立ちはだかる。
第6世代初登場組に対しても有利なのは半減可能なフェアリータイプのゼルネアスくらい。
何とも苦しい立ち位置である。

アニメでの登場

2011年夏公開の映画『ビクティニと黒き英雄ゼクロム』『ビクティニと白き英雄レシラム』で登場。
歴代映画のマスコット伝説と同じように過酷な運命に縛られており、物語において重要な役割を担っている。
好物はデントの作ったマカロン
声優は水樹奈々。あとカワイイ。

関連イラスト

ビクティニホイホイ


【ちょっと映画バレ】すまないな
マカロンうまうま



関連タグ

ポケモン 幻のポケモン ポケモンBW
タブンネ ゴメンネ  ニンフィア
うさぎ リンゴ ビクトリーム様 ビクトリーム ガンバスター 仮面ライダーOOO

pixivに投稿された作品 pixivで「ビクティニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2450603

コメント