ピクシブ百科事典

ものひろい

ものひろい

ものひろいとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

特性のデータ

初出第3世代
効果バトル終了時に10%の確率でアイテムを拾ってくる。
相手の消費した持ち物を拾ってくる(第5世代~)。


特性の概要

第3世代から存在する特性。
効果は上記の通り、戦闘終了時に確率でアイテムを拾ってくるというもの。
加えて第5世代からは「相手の使った道具を拾ってくる」効果が追加された。
が、相手が消費系のアイテムを使わないと機能しないので、対戦では非常に使い辛い。

この特性が本領を発揮するのはやはり戦闘以外となる。
初登場の『RS』及び『FR・LG』ではレベルに関係なく拾えるアイテムが決まっているという仕様になっていた。
しかもRSで拾えるアイテムはやたら質が良いものが揃っており、とりあえず入れておけばアイテムに困ることはなかった。
さすがに強過ぎたのか、『FR・LG』ではその質は下げられた。

『エメラルド』版からは特性所有者のレベルによって拾うものが変わる仕様となった。
この仕様が現在まで続いているのだが、第6世代では「がくしゅうそうち」の仕様上手持ちにいれば勝手にレベルが上がる=拾う物の質が上がる為、さらに需要が上がった。
まさに一家に1匹、ものひろい。

「ものひろい」要員は、主にマッスグマが使われる。
というのもマッスグマはひでんマシンの習得が多く、メインメンバーの技を圧迫することなくひでん要員にする事ができ、ついでにアイテムもそろえることができるからである。
猛者は手持ちの大半がマッスグマLv.100になっていることも…。

ただし、所有者の中には進化によって「ものひろい」が失われる種族が結構いる。
性質上「かわらずのいし」を持たせることができないので、ポケモンによってはレベルが上がる度にBボタンを押さなければいけないのが少々面倒。
特に第7世代では通常出現する「ものひろい」が何とヨーテリーニャース(と、隠れ特性のツツケラケララッパのみという有様。
ポケモン孵化に必要な「あかいいと」はこれまた「ものひろい」で拾ってくる。(アーカラ島のロイヤルアベニューでも48BPで入手可能。)
全レベルで「あかいいと」を拾ってくれるので育てなくても構わないのは安心。

所有ポケモン

太字は隠れ特性


関連タグ

ポケモン 特性
みつあつめ…戦闘終了後に「あまいミツ」を拾ってくることがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ものひろい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13447

コメント