ピクシブ百科事典

怨霊

おんりょう

祟りを成す幽霊の類。
目次[非表示]

概要

古来より日本では死んだ者はあの世へ逝くか、転生、またはこの世に留まると考えられてきた。
その中で、生前に相当の強烈な恨みや怒り、憎しみなどを抱いたり、非業の最期を遂げた者は、生きている者達に祟りや災いももたらすと恐れられてきた。
祟りを成すのは死んだ者の死霊だけではなく、生きている人間からが抜け出した「生霊」もいる。
人々はそのような存在を恐れ、単に調伏するのではなく、その怒りを鎮めんと祀り、中世には有名な人物の怨霊を「御霊」と呼んで、多くの人が「」として信仰した。
時代によっては物の怪もののけ)や妖怪の類に含めたりした。
そして、必ずしも実在人物の怨霊だけではなく、『東海道四谷怪談』のお岩さんや『リング』の山村貞子など、架空の怨霊も人々は恐れるようになった。
紫式部の長編古典『源氏物語』にも怨霊となった六条御息所が現れ、生きた女性達を祟り、光源氏を慄かせている。

また、体から抜け出した魂ではなく、強い思念怨念となったものとも言われており、 いずれも他者に憑くとされ、怨念に憑かれたものは基本、憑かれていることに気づかず苦しめられるとされる(怨みを買った人物がより苦しむように、本人ではなくその親戚や、親しい人物などが憑かれることもある)


代表的怨霊

聖徳太子 蘇我入鹿 蘇我蝦夷 藤原広嗣 吉備真備 長屋王 早良親王 菅原道真 平将門 藤原頼長 崇徳上皇 源義経 安徳天皇 後鳥羽上皇 後醍醐天皇 西郷隆盛
戀鬼

関連タグ

幽霊 亡霊 妖怪 神道 信仰 日本史 歴史創作 怨霊系男子

pixivに投稿された作品 pixivで「怨霊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210541

コメント