ピクシブ百科事典

崇徳上皇

すとくじょうこう

平安時代の第75代天皇、及び譲位した上皇。
目次[非表示]

平安時代日本の第75代天皇。諱を顕仁(あきひと)。
元永2年5月28日(1119年7月7日)~長寛2年8月26日(1164年9月14日)、在位1123年~1142年。

生涯

元永2年(1119年)に鳥羽天皇待賢門院との長男として生まれたが、保安4年(1123年)正月に白河法皇の命により、5歳で皇太子に、即日で即位した。
院政を敷いた鳥羽法皇に彼は疎んじられ、異母弟の近衛天皇に譲位させられ、久寿2年(1155年)の近衛帝崩御後は後白河天皇、次には二条天皇が即位。崇徳院の皇子・重仁親王への皇位継承が絶たれ、崇徳院には実権がないままとなった。
伝説では実は崇徳院は鳥羽院の子ではなく、待賢門院と白河院との子で、そのため鳥羽院は彼を「叔父子」と呼んだとされる。

保元元年(1156年)5月、鳥羽院が崩御したが崇徳院は遺言により見舞いすら許されず、実権を手にするべく挙兵を決断。ついに後白河帝側と崇徳院側に藤原氏源氏平家が分かれた保元の乱が勃発。しかし、一晩で敵の夜襲を受けて即日で崇徳院側が敗れ、崇徳院は讃岐香川)へ配流された。
現地で反省の意味を込めて写経をして京都に送るが、後白河院から呪いを疑われ送り返され憤慨。『保元物語』によれば、怒り苦しんで舌を噛み切ってその血を混ぜた墨で五部大乗経を筆写する。そして生きながらにして天狗の姿となり、「この大乗経の善の力を全て悪道に投げ堕として日本国の大魔縁となり、皇を取って民に民を皇となさん」と宣言。長寛2年(1164年)、現地で没した。
ただ、都を追われた哀しみはあっても後白河帝らへの憎しみは無かったと伝える資料もあり(山田雄司『崇徳院怨霊の研究』)、実際にどのような思いで晩年を過ごしたかわかってはいない。

没後

その後、安元年間(1175年~1177年)に後白河院政を揺るがす大事件が次々に起こる。後白河院の寵姫で政治顧問も兼ねていた平滋子が死去し、これは崇徳上皇を見限った平家にとっても後白河院との調停役を失う大打撃となる。続いて後白河方の大将を務めた藤原忠通の養女にして近衛天皇の中宮九条院呈子も死去する等、後白河・忠通所縁の人々が死去する。また後白河院の参謀信西が精魂込めて再建した内裏も京の市街もろとも大火で焼け落ちた(太郎焼亡)。さらには鹿ケ谷の陰謀事件によって、西光藤原成親ら後白河院の側近が次々と処刑された。こうして保元物語に描かれた崇徳上皇の伝説が都にて噂になったという(山田雄司『崇徳院怨霊の研究』)。実際にこの頃、崇徳上皇に最後まで従っていた側近の藤原教長が、崇徳上皇と藤原頼長の悪霊を神霊として祀ることを唱えている。さらには源平合戦が起こり、政治の実権は皇室貴族朝廷から武家に移った。かくして崇徳院の宣言が現実のものになったことで人々は崇徳院の怨霊と恐れ、「讃岐院」、次に「崇徳院」と院号が送られた。

後世、皇室が二つに分かれて全国を巻き込んで数十年にわたって争い続けた南北朝の動乱でも崇徳上皇が出現する。『太平記』巻二十七「雲景未来記」では、淳仁天皇後醍醐天皇といった悲運の帝、源為朝のような恐るべき武士、真済頼豪といった不遇の僧侶が天狗となって魔王となった崇徳上皇の周りに集い、この魔界の宴を訪れた雲景という山伏は肝を潰した上に観応の擾乱勃発の予言を授かっている。

江戸時代には文学でも怨霊としての崇徳院が描かれ、『雨月物語』「白峯」では西行と対峙し、『椿説弓張月』では危機に陥る源為朝を眷属の天狗を遣わして何度も助ける。
幕末明治天皇は即位の時に讃岐へ勅使を送って崇徳院の霊を京都に帰還させて白峯神宮を創建して祀り、戊辰戦争の時は崇徳院が旧幕府軍と奥羽越列藩同盟の味方にならぬように、怨霊鎮撫の祈祷をしている。
東京オリンピックの際に昭和天皇は崇徳天皇陵に勅使を派遣し、式年祭を催した。その際、水不足に悩んでいた香川県内に大雨が降ったという。

短歌

歌人としても優れた才能を持っていたようで、『百人一首』の77番に
「瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」
が選ばれている。
この歌を題材に恋煩いに悩む男女とそれに巻き込まれた幼馴染の噺、上方落語の「崇徳院」は有名。
また、『久安百首』『詞花和歌集』といった和歌集の選定にも積極的に携わっている。

関連イラスト

崇徳上皇
【浮世絵】霊異百怪記:崇徳院/白峰 相模坊【幽霊・妖怪画】


生霊となりて
【新暦命日】崇徳天皇顕仁尊



関連タグ

天皇 崇徳帝 崇徳院
日本史 創作歴史 平安時代 源平 百人一首 井浦新
人神 怨霊 魔王 天狗 菅原道真 平将門 怨霊系男子 藤原頼長 源為朝

pixivに投稿された作品 pixivで「崇徳上皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224559

コメント