ピクシブ百科事典

平将門

たいらのまさかど

平安時代に関東地方で反乱を起こした武将。
目次[非表示]

生涯

平安時代関東地方武士・豪族。

平家出身で(つまり天皇家の血を引いている)下総千葉県北部)を本拠とし、藤原忠平に仕えた。当時関東で台頭しつつあった武士たちの紛争やその調停にも介入し、関東各地へ出兵して。
935年(承平5年)に伯父の平国香や良兼と対立し、国香を殺害したことで翌年に朝廷に召喚され禁獄。帰国できたが同族間の争いは激化し、天慶2年(939年)に興世王・源経基と武蔵武芝の争いを調停しようとしたが失敗。将門は興世王が起こす問題解決に加担してついに国守の邸宅を襲撃し、明確に中央政権への反旗を翻した結果になった。そして、八幡神からのお告げを受けたと称し、自らを「新皇」と自称し、関東の独立化を図った。

同時期に瀬戸内海藤原純友海賊を率いて挙兵し(将門の乱と純友の乱をあわせて承平天慶の乱という)、朝廷は東西の反乱に戦々恐々とした。将門は序盤の大勝利に驕ってか無謀な采配が目立ち、最後には民心も離反、藤原秀郷平貞盛に朝敵として討たれた。

承平天慶の乱を鎮圧した側の中核も東国武士であり、特に藤原秀郷の血筋を引く一族が武家の棟梁として隆盛を極めるようになった。これ以降の日本では関東地方を中心に武士が台頭していく。結果として将門の反乱は源氏による武家政権(鎌倉幕府)の先駆けとなった。将門による政権樹立の試みは、後世、日本の中心地が畿内から関東に移動していく一番最初のきっかけである。

神・怨霊としての平将門

東京都千代田区大手町の一角にある「将門の首塚」は、京都に運ばれたが空を飛んで、関東を目指してここで力尽きたという伝説がある。この首塚は何度か移転しようとして原因不明の事故が相次ぎ、人々から怨霊として恐れられている。

将門は中世になって武士の崇敬を集めるようになり、神田明神に合祀された。東国武士の祖として、平氏のみならず、源実朝らの源氏も崇敬したという。江戸時代、徳川将軍家も将門を篤く崇敬し、江戸の庶民からも江戸の守護神として崇められた。だが、明治時代に皇国史観が国定史観化すると逆賊と見なされ、神田神社の祭神からも外された。一方で地元有志による復権の動きもあり、戦後は英雄視された。昭和59年に神田明神の本社祭神に復している。

逸話

将門公には不思議な逸話が幾つも伝わっている。

  • 曰く、「常に7人の影武者を従え敵を混乱させるのが得意であった」「その影武者は実は将門公が信奉している北斗七星の化身だった」「日本で一番最初に反りのある刀(日本刀)を作らせ、戦で活用した」…などなど。
中でも有名なのは、愛妾だった桔梗姫の裏切りの説話であろう。
将門公が源氏の兵に捕らえられた際、前述の影武者達も共に捕らえられ、立ち振る舞いも姿も本物の将門公に瓜ふたつだった為になかなか処刑に踏み切る事が出来なかった。その折、同じく捕らえられた将門公の愛妾・桔梗姫が「本物の将門は食事の折こめかみが大きく動く」と言う事実を白状してしまい、その為に本物の将門公は首を打たれた、と言うものである(飽くまで説話であり、事実かどうかは推測の域を出ない)。

  • 処刑される間際、将門公は処刑場の傍に聳える城峯山を睨み
「この山に 桔梗あれども 花咲くな」
と詠んだ、と言われる。それ故か、今でも城峯山には桔梗が咲かない。
また、この説話に因み、現代でも将門公を神と奉ずる人々は桔梗の花を忌む習わしがある。

  • 冷酷非情さや皇族の末孫でありながら簒奪を起こそうとした悪人ぶりが強調されるが、実際は寛大で情け深い一面もあったと言う。敵である平貞盛(将門公の妻子や家来を殺した一門の仇)の奥方が連れて来られた際、将兵に凌辱されて肌が露わな状態になっていたのを憐れみ、釈放するよう命じた。その時、
よそにても 風の便りに 吾そ問ふ 枝離れたる 花の宿りを
と将門公は詠んで新しい上着を与えて慰めた。貞盛夫人もまた、
よそにても 花の匂ひの 散り来れば 我が身わびしと 思ほえぬかな
と返した逸話が「将門記」に記される。

  • 晒し首になった際、首級が朽ち果てることもなく、
斬られし我五体何れの処にか有らん。此に来れ。頭続(くびつい)で今一軍せん(切り離された我が体はどこなのか?ここに来い、首と繋ぎ合わせてもうひと勝負じゃ)
と叫んでいるのを見た歌人が、
将門は こめかみよりも 射られけり たはら藤太がはかりことにて(将門さんはこめかみから射られましたね。俵藤太の陰謀で)
と詠んだ。こめかみと俵(いずれも米繋がり)の語呂合わせを詠んだ歌を聞いて慰められたのか、将門公の首級はそのまま笑いつつ、朽ちていったと「太平記」は記す。

創作作品における将門公

日本屈指の御霊奉神とされることから、古くから創作物のモチーフとされてきた。
その一方、事前に将門公と所縁のある寺社仏閣に参詣せずにみだりにネタとして世に公表すると祟りに遭うとも噂されている。
実際、下記の『女神転生』の発表元であるアトラスは、初期に将門公を仲魔のモチーフとした際に、ゲーム開発中に原因不明のトラブルが頻発し、将門公へ参詣してゲームでの表記を「マサカドこう」にしたらぴたりと納まったという都市伝説を持っている。

女神転生でのマサカド

真女神転生因将門公
まさかどさま。
マサカド公
真・女神転生4中庸クリア記念


初出は東京が舞台の『デジタル・デビル・ストーリー女神転生Ⅱ』で、『帝都物語』のような東京の守護神として生首の姿で登場した。『真・女神転生』では「四天王の館」をクリアすることで手に入るマサカドの名を冠した武具が最高装備として登場、『真・女神転生Ⅱ』では武神としての姿と守護神としての姿を持つ。『真・女神転生Ⅲ』では「マサカドゥス」という万能属性の「禍魂」が登場した。『デビルサマナー』以降は基本青い髪に歌舞伎を感じさせる見た目となり、造魔を素体にした”猛将”として仲魔にできるようになった。『真・女神転生Ⅳ』では東京の守護神という設定がさらに推し進められ、巨大な岩と融合したような姿であらわされた。
また、漫画・OVAで展開された『真・女神転生東京黙示録』では、転生体の「相馬小次郎」が登場している。

ウィザードリィでのマサカド

PS/Win版「ニューエイジオブリルガミン」収録のアレンジ版「ワードナの逆襲」に登場。2周目以降、レベル10の召喚陣で召喚できる。
解説画面での絵はサムライ系だが、種族はデーモン。魔術師系・僧侶系の全呪文とブレス、石化・レベル4のエナジードレインクリティカルヒットという多くの特殊能力が加わった格闘攻撃(しかも最大ダメージ238)、そのうえ魔法抵抗100%とヒーリング50ポイントを備え、総合的に見ればデーモンロードを凌ぐこの時点で最強の召喚モンスター(アレンジ版ではデーモンロードの最大HPが低くなっているのもある)。
最大HPは150までで、化け物級のHP数値を持つ#5系のモンスターと比較すると少なく感じるが、多彩な特殊攻撃がその短所を補っている。弱点に“眠りやすい”(カティノが効きやすい)と設定されているが、呪文の無効化率が100%であるため心配する必要はない。
なおこのマサカド、他のシナリオに登場しているモンスターなのかと思いきや、実は外伝シリーズも含めた他のシナリオにも登場しているわけでもなく、アレンジ版ワードナの逆襲に用意されたオリジナルモンスターらしい。使用されているグラフィックは“リルガミンの遺産”に登場する「ミフネ」のものが使われている。

天外魔境ZIRIAでのマサカド

PCエンジンCD-ROM²で初期に発売された、外国人から見た日本をモチーフにした大作ロールプレイングゲーム
かつて舞台であるジパングに破壊と殺戮をもたらしたと言われる存在。火の一族によって封印されていたが、大門教と名乗る邪教集団によって復活の兆しを見せている。本作は東国が舞台になっており、Xbox360でのリメイク作『天外魔境ZIRIA~遥かなるジパング~』では破壊と殺戮に至った理由が補足されている。

関連タグ

日本史 平安時代 武士 武将 怨霊 日本三大怨霊 怨霊系男子 平家
滝夜叉姫 藤原純友 藤原秀郷 菅原道真 崇徳上皇 神田明神 帝都物語

pixivに投稿された作品 pixivで「平将門」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100351

コメント