ピクシブ百科事典

マッハ効果

まっはこうか

濃度差がある境界部において白い部分 はより白く、 黒い部分はより黒く見える効果のこと。 目の錯覚である。

縁辺対比のこと
色の境界部分では隣接する色の影響を受けて、一方は明るく、一方は暗く見える。
このように境界線部分色が変化して見える対比の効果を縁辺対比という。
この対比は明度段階の数を多くするか、境界部分に白または黒の線をいれるなどで弱められる。
このような対比の現象は、空間的(あるいは時間的)に接近している場合の色相および彩度においても生まれる。
これらの効果は、明度対比>色相対比>彩度対比 の順に大きい。

コメント