ピクシブ百科事典

ヴァン・ホーエンハイム

ゔぁんほーえんはいむ

「鋼の錬金術師」の登場人物。
目次[非表示]

CV:石塚運昇(青年時代は浪川大輔

人物

本作の主人公、エドワード・エルリックアルフォンス・エルリックの父親。
トリシャ・エルリックを妻に持つが、正式には籍を入れていない。
エドとアルの幼少期に突然出奔し、以後音信不通となっていた。

エドやアルと同じ金髪金眼眼鏡をかけており、髪の色と同じ顎鬚を生やしている。一見すれば厳格そうな顔つきだが、その実は飄々としながらもどこか物憂げな雰囲気の紳士で、掴みどころがなく近寄りがたい不思議な人物。
ピナコ・ロックベルとは昔からの酒飲み仲間らしい。

ホムンクルスたちの首魁である“お父様”ともよく似ているが……

正体(ネタバレ注意!!)























彼の正体は古代文明クセルクセスの民の生き残りであり、ヴァン・ホーエンハイムという人物の形をとった賢者の石そのものである。それ故にほぼ不老不死のような肉体を持ち、少なくとも数百年(クセルクセスが紀元前の文明であることを鑑みると二千年近く)は生きている

ある意味で本作の裏の主人公であり、また作中屈指の涙腺キラー

経歴

青年期には奴隷として扱われており、学も名もなく「奴隷23号」と呼ばれていた。"お父様"は奴隷時代に彼の血液を使った実験で偶然に生成された存在であり、その出会いをきっかけに数奇な運命を辿ることになる。

ホーエンハイムは"お父様"によってその名と卓越した学識を授けられ、クセルクセス王に仕えるほどの人物となる。しかし、"お父様"の真意には気付かず、その企みによってクセルクセスは一夜にして滅亡。クセルクセスの民は賢者の石にされ、クセルクセス一帯に描かれた練成陣の『真の中心(厳密には"お父様"自体を中心にしていた)にいた"お父様"とホーエンハイムに吸収されてしまう。これにより、フラスコの中でしか生きられなかった"お父様"は、ホーエンハイムと同じ姿の自らの意思で自由に動ける体を手に入れ、姿を消してしまった。

国の滅亡後は砂漠を放浪していたところをシンの行商人に助けられ、シンに渡る事になった。その後誤った錬金術を使っていたシンに錬金術の正しい知識を伝え広め、東洋の錬丹術の祖である「金人」「西の賢者」と呼ばれ後世に偉大な人物として名を残している。

自身の体がもはや人外の境地に達していたことから半ば厭世的になっていたホーエンハイムだが、トリシャ・エルリックとの出会い、彼女とのを通じて「人間であることの喜び」を取り戻す。そして“老いて死ねる肉体”に戻るための研究をはじめ、その過程で自らを不老不死にした"お父様"の更なる計画に勘付く。こうしてエドとアルが幼児の頃、その企てを阻止して彼との因縁に決着をつけるため、妻子のもとを離れて旅立つこととなった。

事情を知らない長男のエドからは「妻子を捨てたろくでなし」と捉えられ、絶縁同然の扱いを受けていたが、実際はにも子供にもメロメロマイホームパパ
厳めしい印象を与える顔のわりに涙もろく、やや天然ボケな面もある。そして根はお人好し。
長い時間を生きてきただけに知恵と知識に長じ、錬金術においては作中最強の一角
場の雰囲気を読んだり、他者の真意を察することにも長けるため、作中屈指の人格者でもある。

お父様との関係

前述の通りお父様はホーエンハイムの血液から精製させたホムンクルスであり、本来的な位置取りでは“親子”だが、共に成長したという意味では“兄弟”、知識を与え与えられの関係では立場を逆転させて“師弟”と、複雑に絡み合った関係を持つ。
ゆえにホーエンハイムは、ホムンクルス(=お父様)が祖国を生贄に賢者の石と不老不死の肉体を得る計画を企んだこと、それを察知して止められずに同胞たちを賢者の石にしてしまったことを悔いていた。

賢者の石との関係

彼の中には53万6329人分のクセルクセスの人々の魂が賢者の石となっている。
"お父様"が賢者の石を単なるエネルギー源としか捉えなかったのに対し、ホーエンハイムは一つ一つのを対等な存在と考えており、その長い人生の時間を使って53万6329人の魂全員と対話を完了させるという途方もない苦行を達成(しかもほぼ全員の名前を記憶)している。
ゆえに賢者の石の中の魂たちは全員ホーエンハイムに好意的であり、ホーエンハイムが最終決戦でお父様と相対した時には一丸となって彼の力となろうとした。

旅の終わり

最終決戦でエドの窮地を救うべく、自ら真理の扉へと旅立ったアルを帰還させるため、賢者の石を使い切って残った自らの命を犠牲にして扉を開けるようエドに進言するも、これを突っぱねられる。この際「クソオヤジ」と、初めてエドから親として認められてもいる。エドが錬金術の力そのものを対価にアルを救ったのを見届けると、その場にいた憲兵からリゼンブールまでの電車賃を借り、トリシャの墓前へと赴いた。

そしてピナコが偶然墓の前を通りかかった時、そこには満足げに微笑みながら死んだホーエンハイムがいた。

最終巻の巻末では、夫婦そろってリゼンブールの丘の上に立ち、二人してこの世から去っている。

関連イラスト

決戦
I'm home



関連タグ

ホーエンハイム 正式名称である本項よりも、セカンドネームのみのこちらの方が多く登録されている。
奴隷23号 23号
ホーエンハイム・エルリック 03年版アニメのオリジナルキャラ。ヴァン・ホーエンハイムが原作ではまだ登場していなかったため製作された。人格や言動はヴァン・ホーエンハイムとは異なる全くの別人である。
江原正士 上記の人物の担当声優

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァン・ホーエンハイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250796

コメント