ピクシブ百科事典

埴輪ルック

はにわるっく

ファッションの一種。ボトムスを重ね履きする。

スカート系の内側にズボン系のボトムスを履くスタイルで、その見た目が埴輪を連想させる事からそう命名された。もちろん非公式のもので、ファッション業界は「ボトムレイヤード」等と呼んでいる。

呼称が一定しないのは、学生があり合わせの服で生み出した「スカジャー制服スカート+ジャージ)」を起源としており、「埴輪ルックをするための服」というものは基本的に作られていないからである。私服においても既にあるボトムス同士を組み合わせて作る事になる。
なお、インナー由来のレギンススパッツを履く場合は埴輪ルックとならない。あくまでアウターの重ね履きという類例の少ないスタイルだからこそ特別にカテゴライズされたのである。

スカジャーで育った女子が日常生活にも持ち込む形で断続的に流行してきたが、2000年代に入ってスカジャーが衰退すると理解者も減り、見かける機会は減少傾向にある。カラータイツロングブーツといった流行の変化に対応しにくい点も日常ではマイナスだった。

服装 ファッション 重ね着 埴輪
スカート ズボン スカジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「埴輪ルック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192768

コメント