ピクシブ百科事典

夕叢霧香

ゆうむらきりか

夕叢霧香とは、『NOIR』の主人公。

CV:桑島法子

元々は神奈川県立椿高等学校に在籍する普通の女子高生だったのだが、第1話でミレイユと共にパリに渡り、ミレイユと共同生活を送りながら、暗殺代行業に従事するようになる。
過去の記憶を失っているため、自分の事を何も知らない。覚えているのは「自分がNOIR」だという事のみ。
上記の高校の学生証を所持しているが、これが偽造であると知りながらも、自己の縁として保持し続けた。
普段はおとなしい無口な少女であり、物語の初期は感情を表に出す事がほとんど無かったが、話が進むにつれ、野良猫に情をよせたり、ミレイユのの無事を確認し笑顔を見せるなど、徐々に心優しい性格に変わってゆく。
人を殺す事に対して悲しみを持つ事は一切無く、その一方で「悲しくないのが悲しい」という、一般的な感情とは程遠い感情を持っているため、「私は人を殺せる。なのにどうして悲しくないの?」と涙を流す事がある。
時に幼少より培われた殺人者としての人格が表に出ることがあり、その時は目つきが異様に鋭くなり、殺人技術も普段とは比べ物にならない程に向上する。この状態は「黒霧香」と公式に呼ばれる。
口癖は「よいしょ」。重い荷物を運ぶ際などは、よく「よいしょ」と呟いている。物語の前半は、フランス国旗がプリントされたTシャツ、白いワンピースなど、服装が頻繁に変わっていたが、後半になると日本を出る際に着ていた白いパーカーをよく着用するようになる。特に13話~21話は白いパーカーの下に水色のキャミソールという服装で行動している。
愛用の武器は拳銃で、イタリア・ベレッタ社製の古風なベレッタM1934を用いる。銃器類のみならず、様々な戦闘技術に秀でる。ミレイユ曰く、「殺しの技術に長け、裏社会に精通し、あらゆる言語を話す」。過去の記憶を消され、家族も偽物、学生証も偽造、身元を隠すためのあらゆる措置がソルダによって講じられているため、本名・国籍など一切の素性は不明である。

関連タグ

NOIR ミレイユ・ブーケ クロエ アルテナ

pixivに投稿された作品 pixivで「夕叢霧香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70358

コメント