ピクシブ百科事典

目次[非表示]

東方オリジナル」の1つ「東方暖穏変」のキャラクター

【東オリ】6面ボス 如月 暖/wiki作成ミスった



とにかく文章が長いです。

如月 暖について


能力:(本来)暖気を発するだけの能力
   (ベルト着用時)「暖」を司る程度の能力

二つ名:暖かさと平穏の形代

種族:妖怪


性格はとても平和主義で穏やか。
とても優しく、基本的に争いごとは好まないが、
大切なヒトのためなら何でも出来る。
東方暖穏変の6面ボスおよび3面中ボス。

ベルトと、彼女の異変の原因


彼女は元々とても弱い妖怪で、もしかしたらチルノなどの妖精に負ける程弱かったのかもしれなかった。
彼女が本気を出しても、せいぜい3面の中ボス程度。
彼女は本当に弱かった。

彼女は強くなりたかった。
古き友人の冷乃と同じくらい強くなりたかった。
もしかしたらそれ以上強くなりたかったのかもしれなかった。

ある日のこと。
彼女の住んでいる場所に、ベルトが落ちてきた。
そのベルトは普通ではなかった。
何せ喋るのだから。

その喋るベルトはこう言った。

「私を祀って欲しい。巫女になって欲しい」と

彼女は快く返事をした。「わかりました」と。

そのベルトを出来るだけつけていて欲しいと。
ベルトは言った。

暖は二つ返事をした。
暖は近くに無人の祠があったのを思い出した。
そこで暫く住んでもらおうと思った。
ベルトをつけていないときに、住んでもらおうと思った。

異変が起きたのは、ベルトをつけてからしばらくして、
ベルトはこういった。

「・・・夏の暑さを奪って欲しい」と

彼女が起こした行動


冷乃に「冬の寒さにして欲しい」と頼む。
冷乃はそれに戸惑った。それは季節が狂うと。人間たちが戸惑うと。

彼女は頼み込んだ末に、冷乃は仕方なく了承した。
雪女はとても寒くした。
冬以上に、極寒の寒さにした。
冷乃の妹はそれに反応しないわけがなく。
寒さを便乗させた。
寒さの便乗は予想外に寒く。冬どころじゃない。
幻想郷の人間はみんながみんな暖かさを求めた。
無論、解決に向かう3人でさえも。

_そして、この異変は起きたのである。

コメント