ピクシブ百科事典

御月カオル

みつきかおる

深夜特撮「牙狼<GARO>」のヒロイン。TVシリーズ1期「牙狼<GARO>」が初登場。その後「牙狼<GARO>スペシャル~白夜の魔獣~」オリジナルビデオ「呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~」TVシリーズ2期「牙狼<GARO>~MAKAISENKI~」にも登場。
目次[非表示]

概要

アルバイトに励みながら画家になることを夢見る「画家の卵」である。絵のタッチはシャガール風。彼女が作った料理を食べた者は食中毒を起こすほど料理の才能が壊滅的に無い。鋼牙の家で新作料理を披露しようとして冴島家の執事である倉橋ゴンザに止められる光景がよく見られる。

父は御月由児、母は御月かりん。
両親は既に幼少の時に他界していて父はホラーの毒を受け数十日後亡くなる。(この時に由児を襲っていたホラーを倒し出会ったのが冴島大河)母は病弱な体を持っていて病院のベッドにてカオルに看取られて亡くなる。このあとカオルは親戚に預けられて育った。高校では父の影響と才能を受け美術部に所属していてその時に龍崎駈音と出会い資金面での援助を受けている。

朝日ソノラマ(ホビージャパン)より発行された小説版『牙狼<GARO> 暗黒魔戒騎士篇』では、カオルと鋼牙の本当の出会いについて語られている。

物語本編

牙狼<GARO>(第1期)の第1話にて、ホラーに襲われたあげく個展を台無しにされ、
ホラーの返り血を浴びてしまったために「血に染まりし者」となる。
ホラーの血を浴びることで寿命が残り100日となり、
さらにホラーに狙われ続ける運命を背負うことになる。

全ての陰我から解き放たれた後、画家になるための力をつけるためイタリアに留学に行く。その時に鋼牙に恋心を抱いているのがはっきり認識した。

その後帰国し鋼牙に再会。画家として力をつけた後自分の絵がある出版社の人間の目に触れ絵本の出版の話を持ち出されたが、絵本の結末に思い悩む一面が見られた。

牙狼<GARO>MAKAISENKIの最終回の後の明確な描写はないが、鋼牙とは夫婦関係となり、のち息子の冴島雷牙を授かる。雷牙が6歳の頃、母親となったカオルは雷牙の目の前で異空間に引きずり込まれ、父親となった鋼牙自身も彼女を救うためにそこへ旅立ったことが、倉橋ゴンザの話から明らかとなっている(後に製作されたSP作品の牙狼<GARO>阿修羅でようやく、冴島カオルとして登場した)

関連項目

牙狼GARO 白夜の魔獣 REDREQUIEM MAKAISENKI 蒼哭ノ魔竜
鋼カオ

pixivに投稿された作品 pixivで「御月カオル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270164

コメント