ピクシブ百科事典

真庭蝶々

まにわてふてふ

西尾維新の小説「刀語」の登場人物。
目次[非表示]

cv:阪口大助


無重の蝶々


真庭忍軍十二頭領の一人で、虫組所属。
小柄の青年であり、南国出身。飄々とした性格。
作中の時代では珍しいとされていた「紙煙草」を好む。
自身や触れているものの重量を消失させる「忍法足軽」と里に伝わる独自の格闘術である「真庭拳法」を組み合わせて戦う。

同じ十二頭領の一人で鳥組所属の鴛鴦とは良い仲だった。
死亡フラグの達人


アニメではそのまま「ちょうちょう」と読まれる。

不遇の蝶々

また、サイドストーリーである「真庭語」に登場する初代真庭蝶々の事も指す。
忍術に疎く、さらにとんでもなく大柄の男だった為隠れることが出来ず、忍びに向いていないと自嘲していた。

しかし、追っ手から逃げていた時に山中で七花の先祖である「鑢一根」と偶然出会い、見慣れぬ格闘術を使う彼と組み手を行い、彼と打ち解けた。
その後里に戻った彼は一根の格闘術(虚刀流)に着想を得て「真庭拳法」を開発し、初代十二頭領に就任した。

関連タグ

刀語 死亡フラグ まにわに

pixivに投稿された作品 pixivで「真庭蝶々」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232980

コメント