ピクシブ百科事典

酷道

こくどう

「それでもお前本当に国道か」といいたくなるような酷い状態の国道を指す俗語。
目次[非表示]

通常、「国道」と聞くと

  • 広い道路
  • 片面1車線(対面通行)もあるが、基本的に交通の要所で、交通量が少なくない
といった立派なイメージがあるが、酷道とはそんな国道のイメージを根底からひっくり返す存在である。

酷い状態の例

第1段階:幅が狭過ぎて行き違いができない。一方通行が存在。
第2段階:の存在により道幅が狭くの勾配が急過ぎたりカーブが続いたりして素人にはお勧めできない(通行的意味で)。また、進入すると引き返すことができない(交差する道路も車両をまわすスペースもない)。
第3段階:断崖絶壁にはりついて通ってるのにガードレールがない。「落ちたら死ぬ」(国道157号・温見峠)とか看板すら怖い。
第4段階:舗装すらされてない。下手すりゃけもの道。階段(国道339号・龍飛岬近く)とかアーケード(国道170号旧道や国道324号)なんてのもあるが、これらは歩いて通行出来るし、後者は時間帯によっては車での走行も可能。
第5段階:そもそも歩いてすら通過困難(国道291号・清水峠)。例に関しては歴史的経緯から「再」指定したのだが……。しなかった方がよかったのかも知れない。

存在の理由

 これらのひどい国道が放置されているのはいくつか理由が存在する。

  • 計画上は存在したものの、林道などを取り込んでいるだけで実際に国道は敷設されていない、いわゆる点線国道(国道152号、国道193号、国道291号、国道309号)
  • 明治時代開通した道で整備が追いついていない(国道291号、国道327号)
  • 悪路に対するバイパスが存在するもののそれが自動車専用道路のため国道指定がはずせず放置された(国道25号の名阪国道旧道、国道166号、国道286号など)
  • 並行する別の国道および県道等が存在するため放置(国道193号、国道425号など)
  • もともと山奥であり利用率も低く整備も困難であり整備される順位が低い(国道265号、国道388号)
  • 別の工事で水没するため整備する意味がない(国道418号の廃道区間)
  • 都市部を通っており道幅の拡張が困難(国道324号の浜町アーケードや銕橋、国道170号のアーケード、)

国道以外の場合の呼ばれ方

  • 険道 - 県道の場合。「危険な道」というくらいの意味。
  • 死道 - 市道の場合。読んで字のごとく。
  • 損道 - 村道の場合。「走ると車壊したりして損する道」くらいの意味。
  • 屠道 - 都道の場合。これも読んで字のごとく。
  • 兎道 - 同じく都道の場合。「ウサギが通るような道なんじゃねーの?」くらいの意味。 獰道 - 道道の場合。「獰猛な道」の意味。 腐道 - の場合。クサレ道の意味。

三大酷道

  1. 国道418号(福井県大野市~長野県飯田市、整備区間も多いものの事実上の廃道区間が存在、国道157号の重複区間には落ちたら死ぬ看板も存在)
  2. 国道425号(三重県尾鷲市~和歌山県御坊市、ほぼ全区間が離合困難かつ落石崩落あり)
  3. 国道439号(徳島県徳島市~高知県四万十市、長くて未整備なが複数存在し、コケや落ち葉スリップしやすい)

を指してこう呼ばれることがある。それぞれの酷さはぐーぐる先生等に聞いてもらいたい。
 広域地図でだけみたら短絡ルートにも見えたり、古いカーナビなどでは最短ルートで指定されたりするが騙されてはいけない

注意事項

 都市型酷道を除く一般的な酷道は通行者がなかなか居ない(ただしいたらいたで行き違いできなかったりいろいろ困難となる)のはもちろん、走行に適さない危険な路面状況だったり携帯電波も入らないところであることが少なくない。通行の際は最悪の状況を見越して通行すること。
 特に夜の酷道は遭難リスクが非常に高まるので、その道路を使用しなければならない場合のみ使用すべきであり、絶対に遊び半分で行ってはならない

関連イラスト

くらがり峠
R371の中辺路越えた辺りからもうね、


関連タグ

道路 国道
国道418号 国道429号線 暗峠
酷道擬人化

pixivに投稿された作品 pixivで「酷道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167758

コメント