ピクシブ百科事典

鬼柳京介

きりゅうきょうすけ

「遊戯王5D's」に登場する人物。遊星のかつての仲間だったが、ある事件がきっかけで「ダークシグナー」となり、敵として遊星に襲いかかる。
目次[非表示]

元・チーム・サティスファクションリーダー、元・ダークシグナー、そして現満足町町長である。
声優は小野友樹

人物

満足」が口癖の、遊星のかつての仲間。
しかし、ある事件をきっかけに遊星を裏切り者と思い込み、ダークシグナーとして覚醒することとなる。

初登場は第32話。当時のOPでの様子や公式サイトや設定画の「クールで嫌味なイケメン」なる説明文から、その通りクールな悪役キャラであると思われていた。
しかし、登場間もなくいきなりの「デュ↑エルだぁ!!」「ヒャーッハハハハハ!!(身体を微妙に傾かせながら)」といった台詞のハイテンションっぷりからいきなり話題に。
さらに翌週の33話では彼や遊星たちの突っ込みどころ満載の過去「満足同盟」が公開され、ネタキャラとしての道を歩むこととなってしまった。
そんな反面、その奇抜さやモンスター(と本人のファッション)のデザイン、中の人の演技力などから、一部のファンには脅威的なカリスマを発揮したりもしている。満足するしかねぇ!

使用モンスターはインフェルニティ。手札が0枚の場合にのみ効果を発揮する特殊なモンスター群。手札が0枚というのは、復讐心から自暴自棄になった彼の心情を体現しているのかもしれない(タッグフォース4の解説より)。

満足同盟時代

満たせれねぇ


「どうやったって、俺たちはサテライトから逃げることは出来ない。
 だったら・・・ここで満足するしかねぇ!」

まだサテライトが秩序も無く、デュエルギャングのグループが群雄割拠していた時代に、圧倒的強さを誇った伝説の集団、チーム・サティスファクション。そのリーダーであった時代の鬼柳。
そのファッションセンスに視聴者は満足せざるをえない。
現状そのものが変えられないなら今あるもので満足する、という潔い性格の持ち主であり、
また優れたデュエリストであり仲間想いで頼れるリーダーとして遊星達に認められていた。
遊星がピンチの時には危険を冒して助けるという人情に厚いエピソードもあり、
それらは後々「サテライトの伝説のチーム」として語り継がれていく事になるのだった。やめろ

しかし、サテライト完全制覇後にデュエルのあり方をめぐって仲間と対立、
粗暴な面を見せるようになってしまいクロウ、次いでジャックも離脱し孤立してしまう。
そんな鬼柳はサテライトだけでは満足できなくなり、ネオドミノシティの治安維持団体セキュリティをリアル破壊輪を発動し襲撃(最後まで残った遊星もこの計画には賛同できないと一度鬼柳の下を離れている)。
セキュリティに追われる鬼柳を遊星たちは最後まで擁護しようとするも、
鬼柳は助けて欲しいのではなく「共に戦って欲しかった」と告げ再び孤立、結局逮捕されてしまう。
さらにその時の遊星とセキュリティのやりとりから、「遊星が自分を裏切りセキュリティの味方をした」と誤解。遊星に深い恨みを持ったまま、獄中で死を迎えることとなる。

ダークシグナー時代

万能の君の幻を


「ヒャーッハッハッハ!踊れ遊星!死のダンスを!!」

死ぬ間際に鬼柳は、遊星への深い恨みから冥界の王に選ばれ、ダークシグナーへと覚醒してしまう。
満足同盟時代と比べると、見た目も性格もまるで別人のように変わってしまった。
そのハイテンションっぷりに視聴者は満足せざるをえない。
そして3年後、フォーチュンカップでデュエルキングとなった不動遊星に、復讐を果たすためデュエルを挑む。
ダークシグナーとなり手に入れたインフェルニティカード、ダークシンクロモンスター「ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン」、さらにダークシグナーの切り札「地縛神Ccapac Apu」を駆使し、遊星を敗北寸前まで追い込む。
しかし遊星のDホイールが大破しデュエルは中断。だがデュエルが成立していれば遊星の敗北であり、この出来事は遊星に凄まじい恐怖を与えた。
そして2戦目、恐怖を乗り越えた遊星のリターンマッチで再び地縛神により遊星を攻める。
しかしデュエル中に鬼柳のDホイールは地割れに引き込まれる。そんな鬼柳に遊星は救いの手を差し伸べ、このとき誤解は解けたのであった。
そして遊星は、新たな切り札「セイヴァー・スター・ドラゴン」により地縛神を撃破。
鬼柳は、シグナーダークシグナーとの戦いの宿命により、消滅してしまう。
「こんなんじゃ・・・満足できねぇぜ・・・。」

だが後に、遊星が冥界の王を撃破したことにより、復活を遂げる。
その後はとくに描写も無く、旅に出たと言及されていた。
ちなみにカーリー渚らと同じくダグナー時代の記憶は消えていたと思われていたのだが……?

不満足時代

不満足先生
♬(例のBGM)


「忘れちまったぜ・・・満足なんて言葉・・・」

不満足先生と呼ばれる頃の鬼柳。
ロングコートロン毛ハーモニカという斬新な格好に視聴者は満足せざるをえない。
だが視聴者とは裏腹に彼は満足なんて言葉を忘れちまっていた
旅に出た鬼柳は、失っていたはずのダークシグナーとしての記憶を取り戻してしまい、その自分の過ちを責め、償いの為か自暴自棄になっていたのか自分の死に場所を探し求めていた。そしてたどり着いたのがクラッシュタウンである。
ここではマフィア「ラモン・ファミリー」と「マルコム・ファミリー」のデュエルによって決闘が
行われ、負けた方は鉱山で奴隷のような労働を強いられることとなるというルールに支配された町であった。
ここで鬼柳はラモン・ファミリーに自分を売り込み、マルコム・ファミリーの者たちとまさに命懸けのデュエルを行い、50連勝を達成。
死に場所を求めてやってきた鬼柳には皮肉な結果となっていたが、さすがに満足同盟元リーダーの実力と言ったところか。言うまでも無く勿論こんなものでは鬼柳は満足できなかった。
またこの街では彼を慕うウエストという幼い少年が登場するが、クラッシュタウンにも満足同盟の偉業は伝わっていた様だ。やめろ
そんな知らせを聞いた遊星は、マルコムファミリーにワンターンスリーキゥで自分を売り込み(だが俺はレアだぜ)、鬼柳と決闘することに。

新たな切り札インフェルニティ・デス・ドラゴンも駆使した熱戦の末鬼柳は遊星に敗北し、鉱山行きとなる・・・が、遊星もバーバラ及びマルコムファミリーに裏切られて鉱山行きに。さらにマルコムファミリーのボス・マルコムの弟ロットンが登場、「ガトリングオーガ」デッキでラモンを1ターンキルし、マルコムファミリーが町の支配権を独占。
鉱山にたどり着いた鬼柳は、遊星の計らいにより無理矢理脱出させられる。
そして途中、自分のことを尊敬する姉弟のニコとウエストとその父親に出会うが、勘づいたロットンに襲われる。
ロットンを遊星が引きつけている間に鬼柳はニコ・ウエスト・その父とトロッコでマルコムファミリーの手下から逃げ、その途中、ニコの父親は3人を救う為に犠牲となる。
その生き様を見た鬼柳は遺された2人を守ることを決意、士気を取り戻したのであった。
その後、遊星とロットンのデュエルはリアルダイナマイトの爆発にて中断、遊星と鬼柳はタッグを組み再びロットンに挑む。

「インフェルニティ・ゼロ」の効果により、ライフが0になっても戦う鬼柳のその様子は、まさに死神そのものであった。
しかしデュエル中、ニコとウエストが人質に取られてしまう。
だがそこにクロウ・ホーガンジャック・アトラスが駆けつけゲイル手裏剣とリアルファイトによってピンチを救い、チーム・サティスファクションが一時的に復活!
鬼柳は逃げ出したロットンを追い詰め、一騎打ちに持ち込み遂にロットンを撃破する。

その後は鉱山送りになったデュエリスト達も街に戻り、鬼柳自らクラッシュタウンの皆をまとめて復興させていくことを決意、町名も「サティスファクションタウン」と改められ町の仲間達と共に再出発を誓った。
「この町を復興するまでは、まだ満足出来ねえぜ……!」
このことから現在は「町長」と呼ばれていたりもする。また、最後の描写から恐らくニコとウエストの家族としても暮らしていく様である。
その後は武者修行中のジャックとのデュエルが街中で行われていた様子が描写されており、「まだ満足してないだろう?」と語りかけると共に、ジャックの成長を認めていた。
とりあえず数年後も満足街は平和な様で何よりである。

漫画版5D'sにおける鬼柳京介

Vジャンプにて連載している漫画版「遊戯王5D's」にも、鬼柳は登場している。
初登場時の姿はアニメ再登場時の不満足時代の姿。
この漫画では、アニメ版の設定をとっぱらったパラレルワールドになっているため、満足同盟やダークシグナーといった黒歴史はこの鬼柳には存在していない。

Dホイールはアニメのダークシグナー編で彼が乗っていたものと同じであるが、不満足時代のコートとは若干似合っていない気がする。

「絶対王者」ジャック・アトラスとは、幼少時代に「仮想立体触感研究所」で暮らしていた頃からの友人だった。しかし、ラストデュエルでは鬼柳は仲間と離れたくない思いからデュエルに集中できず敗北。その後、ジャックがゴドウィンに託された「琰魔竜レッド・デーモン」を奪って逃走。そして数年後、D-1グランプリで再会しデュエルをすることになる。

クールな性格なので、満足」が口癖のただのお兄さんじゃねぇかと思われていた・・・だが、RIDE-32でのジャックとの決闘疾走で奴は弾けた。

 「ライフポイントなんざもはや必要ねーのさぁ!!ヒャーハハハー!!」 
琰魔竜レッド・デーモン」の直接攻撃でライフが0になった瞬間、墓地から罠カード「煉獄の零門」を発動。「煉獄龍オーガ・ドラグーン」を特殊召喚し、それが破壊された時敗北するというものだが、その特殊召喚と共に鬼柳の周りに闇の瘴気が発生し、白目が黒くなり、狂気に満ちた喋り方となった。
ジャックはこの時「オーガ・ドラグーンに魂を喰われたか」と解説しているが、まさにダークシグナー時の鬼柳を彷彿とさせる演出である。さらにライフポイント0で戦うという様子もアニメでのクラッシュタウン編と同じであり、アニメ版での鬼柳を意識したかのような展開になっている。

使用デッキ

無限地獄


使用デッキは「インフェルニティ」。手札が0枚のときに効果を発揮するカード群。
これらのカードを駆使し、手札0枚の状態で戦う戦略は「ハンドレスコンボ」と呼ばれていた。

ダークシグナー編ではこれらのカードを墓地に送り「ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン」の効果でコピーして攻める戦術で遊星を苦しめ、
クラッシュタウン編では専用罠・魔法とのコンボを中心に、「インフェルニティ・ミラージュ」からの大量展開や、シンクロモンスター「インフェルニティ・デス・ドラゴン」を召喚するなどして戦っていた。

エースカードは、ダークシグナー時は「ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン」と「地縛神Ccapac Apu」。
不満足時代は「インフェルニティ・デス・ドラゴン」。

ちなみにこのインフェルニティOCGにおいて登場した当初はインフェルニティ・デーモンが注目された程度でせいぜい中程度のカード群だったはずが、アニメで鬼柳が再登場したことによって超強化されたという経歴を持つ。
詳しくはインフェルニティの記事を参照。

ちなみにこのインフェルニティデッキは鬼柳が投獄されてダークシグナーとなった後に手に入れた物らしく、チーム・サティスファクション時代に使用したデッキは逮捕されたときに没収されたとの事。
そのためこの時のデッキは本編には登場しないが、回想シーンでの描写やゲーム版での設定からデーモンか「悪魔族」だと思われる。

また、漫画版5D'sでもインフェルニティを使用している。こちらでは、アニメ版とは異なる中世ヨーロッパをイメージしたような漫画オリジナルのデザインのモンスターを使用している。もちろんハンドレスコンボも健在(漫画内での表記は「無手札必殺」)。その強力な効果で、大会でも十六夜アキを圧倒した。
さらに対ジャック戦では自分のライフをも0にして、ドローも一切行わない「無手札必殺・零式(ハンドレスコンボ・ゼロ)」を披露した。
ドローを封じるのは行き過ぎではないかとも思われるだろうが、これはジャックがドローからカードを使用するまでの「手札が1枚以上存在する間」を狙ってくる事を読んだ上での戦略である。

切り札は、「煉獄龍オーガ・ドラグーン」。レベル8のドラゴン族シンクロモンスター
攻守3000に加え、手札が0の時に1ターンに一度魔法・罠を無効化し、さらに攻撃力を500ポイントアップする効果を持つ凶悪シンクロモンスター。
PREMIUM PACK 14でOCG化が決定した。魔法・罠無効化時の攻撃力アップ効果こそ消えたが、闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター一体で召喚可能とインフェルニティ・デス・ドラゴンとの使い分けも容易と非常に強力なカードのままである。

使用カード


ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン

ダークシグナーの時に使用していたダークシンクロモンスター。
詳しくはこちらで。

インフェルニティ・デス・ドラゴン

インフィニティモンスターの中でも切り札的強さを誇るモンスター。
詳しくはこちらで。

煉獄龍オーガ・ドラグーン

漫画版での鬼柳が使用する決闘竜の一角。
詳しくはこちらで。

インフェルニティ・ビースト

手札が0のとき、攻撃の間だけ相手の魔法・罠カードの発動を封じる効果を持つ。
フィールドにいた時にはその効果は発揮される事はなかった。
しかし『ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン』によりその効果が発動される。

インフェルニティ・デーモン

デーモン系インフィニティモンスター。
詳しくはこちらで。

インフェルニティ・ドワーフ

『DTダークチューナー ナイトメア・ハンド』の効果により手札から特殊召喚され、『ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン』のダークシンクロ素材となった。
貫通効果は『ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン』の効果によって引き継がれて活躍された。
本格的に登場したのは遊星戦(3回目)である。

インフェルニティ・デストロイヤー

手札0のとき、戦闘で相手モンスターを破壊するだけで1600ポイントのダメージを相手に与える効果を持っている。
最初は遊星戦の一戦目で『』の効果で墓地に送られたが、三戦目でようやく召喚された。

インフェルニティ・ネクロマンサー

手札0の時、墓地に眠る『インフィニティ』モンスター1体を蘇生させる効果を持つ。
召喚される事も無く墓地に送られたが、その効果は『ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン』の効果で使用された。

インフェルニティ・リベンジャー

手札0の時に、このカードが戦闘で破壊された場合に墓地から特殊召喚され、さらにこのカードを戦闘で破壊したモンスターのレベルと同じ数字となる。
この効果を活かし、『インフェルニティ・デス・ドラゴン』をシンクロ召喚した。

インフェルニティ・リローダー

手札が0枚の時、1ターンに1度、自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
モンスターカードの場合、そのレベル×200ポイントダメージを相手ライフに与える。
ただしそれ以外なら自分が500ポイントダメージを受けると言うギャンブル系効果を持っている。
クラッシュタウンにいた頃は、命の生命力をまったく持ってない鬼柳は平然と効果を発動させ、何度もモンスターを引き当てた。

インフェルニティ・ビートル

手札が0の時、このカードをリリースする事で他の同名モンスターをデッキから可能な限り特殊召喚するリクルート効果を持っている。
アニメでは非チューナーと扱われた為、2体まとめて『インフェルニティ・リローダー』・『インフェルニティ・ビースト』と共に『インフェルニティ・デス・ドラゴン』のシンクロ素材となった。

インフェルニティ・ナイト

破壊された場合、手札2枚を墓地に送る事で墓地から特殊召喚できるモンスター。
アキ戦で登場し、この効果を活かして無手札必殺≪ハンドレス・コンボ≫の発動に繋げ、さらには『インフィニティ・ジェネラル』の効果にも繋げた。

インフェルニティ・アーチャー

手札0の時、相手に直接攻撃できるというシンプルにして強力な効果を持ってる。
この効果を活かし、アキに大ダメージを与えた。

インフェルニティ・ジェネラル

シンクロを除けば、インフィニティモンスターの中での唯一の最上級モンスター。
攻撃力2700だが、手札0の時に墓地のこのカードを除外する事で、墓地に眠るレベル3以下のインフィニティモンスターを2体特殊召喚できる。
漫画版5D'sでの鬼柳のデュエルにおいて全て登場したモンスターだが、その効果を使われたのはアキ戦だけであった。

地縛神CcapacApu

ダークシグナーの時に使用していた最強の切り札。
詳しくはこちらで。

イラストで満足するしかねぇ!!

満足。
汚れなき悪意
劇場版 遊戯王5D's ~ドキドキッ!?鬼柳だらけの満足祭~
忘れちまったぜ、満足なんて言葉



ちなみに

鬼柳の中の人、小野友樹氏も実は初期からのインフェルニティ使いである。
しかも、64人も集まった遊戯王関係者のデュエル大会で優勝してしまうほどの実力を持っている。
さすが満足さんは中の人も格が違った。

関連タグ

遊戯王5D's 満足同盟 ダークシグナー
不動遊星 クロウ ジャック・アトラス
不満足先生 サティスファクション 満足神
絶鬼 満足龍

他の記事言語

Kyousuke Kiryuu

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼柳京介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4888932

コメント