ピクシブ百科事典

KAC PDW

かっくぴーでーだぶりゅー

アメリカのナイツ社が2006年に発表した、PDWの名を冠する自動小銃。専用の新型弾である6×35mmPDWを使用する。 ロアレシーバーはAR15タイプではあるが、ストックは伸縮式ではなくサイドスイング式のものを採用。軽量化のため、銃身表面に特徴的なくぼみが設けられている。

往来のPDWと同様にコンパクトで、サブマシンガンと同程度の軽量さ、より長い射程(戦闘射撃場(200-300m)のローエンド)を持つことを目的として開発された。PDWは主に実戦部隊ではなく、後方や非戦闘地域での活動を担当する部隊や非戦闘員に支給されるための小火器である。
KAC PDWの銃身は10インチ(25cm)より短く、ストックをたたむと19.5インチ(49cm)、全長は29.8インチ(75cm)程度となる。
現在アメリカ軍で採用されているM4カービンより1ポンド以上軽量で、反動は50%少ない。

同銃は、2006年にアルバカーキ(ニューメキシコ)で開催されたNDIA小火器シンポジウムで正式に持ち出された。初期のショットショーで、一部の作家はサンプルを公開して貰っている。

2012年から、10インチモデルに加え8インチモデルもバリエーションに加えられた。
後継・量産モデルであるSR635が登場したこともあり、現在は製造されていない。

SR635はAR15用コンバージョンキットとして登場した。
既存のAR15ロアを流用し、アッパーを組み替えることで使用する。
SR635はM4カービンそのものに近く、使用弾薬以外はほぼそのままである。

コメント