ピクシブ百科事典

R-9A2

あーるないんえーつー

R-9A2“DELTA”/デルタとは、 『R-TYPE』シリーズに登場する戦闘機である。R-9A2"DELTA" 初出である『R-TYPEΔ』での型式番号は“R-9aII”
目次[非表示]

大気圏運用強化試作機

大気圏内での運用を考慮に入れ、小型・軽量化を推し進めた機体である。
試作機でありながら実戦経験をもつこの機体は、多くの後継機に影響を与えた。
R-9A量産機に搭載されたものと同タイプの波動砲に加え、特殊触媒を使用して
エネルギーを増加・分散させる拡散波動砲も試験的に搭載されている。

”四番目” そして伝説を受け継ぐもの

第一次バイド戦役後、第二次バイド戦役前にバイドとの大規模な戦いがあった。
過去の戦役には数えられないものの、人類の足跡に大きな爪痕を残した大規模な戦いである。

当機、R-9A2”DELTA”こそは「サタニック・ラプソディー」において活躍し、
R-9Aの血を引く英雄として申し分ない能力と実績を持つ機体と呼べる。

試験機にして実戦機 波乱の機体

R-9A”アローヘッド”の直系の後継機にしてR-9系列の父。
機体の小型化を推し進め、大気圏内での活動を視野に入れたモデルである。

R-9Aに搭載されていたスタンダード波動砲デバイスに加え、特殊触媒を用いエネルギーを
増加・拡散させ射出する「拡散波動砲」の試験型デバイスも搭載されている。
さらに、この当時の革新的技術の一つである、フォースの耐エネルギー性質を利用した
「DOSEシステム」と呼ばれる機構をフォースデバイスに搭載し、制御する機構をも備えている。
このR-9A2のフォースデバイス、スタンダードフォースに搭載されたDOSEシステムは
「ニュークリア・カタストロフィー」と呼ばれ、核融合を励起させ範囲内の敵性体に熱ダメージを与える。

これらの革新的な機能を兼ねたR-9A2であるが、AD2164 突如として原因不明の
電子機器暴走事件が全世界で同時多発したことにより、おなじくR研究施設で
開発・試験の進めていたRX-10”ALBATROSS”、R-13A”CERBERUS”と共に事件の原因究明に飛び立った。

後の「サタニック・ラプソディー」と呼ばれる事件であるが、
生還が確認されたのはR-9A2とRX-10のみ。R-13Aの消息については軍は公表していない。

なお、この機体に搭載された拡散波動砲試作型は改良の後に
後継機体であるR-9Cで実用化されている。

R-9A シリーズの系譜

No.1 R-9A ARROW-HEAD
No.2 R-9A2 DELTA 
No.3 R-9A3 LADY LOVE
No.4 R-9A4 WAVE MASTER

R-9A2 DELTA から派生した機体

R-9A3 LADY LOVE
R-9C WAR-HEAD
R-9AX DELICATESSEN

実務から生み出された純粋進化する機体の祖 R-9A2

始祖であるR-9Aの戦術バリエーションの分岐量に較べると少ないが、
スタンダード機体のデータベースと言う点であればこちらを挙げる。
特化されない、汎用型と言う、平凡な言い方をされればソレまでだが
デルタが居なければ後の英傑達も生まれなかった史実がある。


関連イラスト

R-9A2 壁紙
【大気圏運用】R-9A2 デルタ擬人化【強化試作機】




関連タグ

R-TYPE バイド アイレム 波動砲 R-TYPEΔ

pixivに投稿された作品 pixivで「R-9A2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18017

コメント