ピクシブ百科事典

お役目様

おやくめさま

『うしおととら』に登場する特定役目を担う人物の総称。

概要

代々白面の者を封じる結界を張る使命を持つ女性たちのこと。
獣の槍を生み出すため人身御供となったジエメイの生まれ変わりである白拍子の「ゆき」を初代とし、代々その血を引く女性たちがその役目を担ってきた。

事の始まりは800年前、人間妖怪連合との戦いから退却した白面の者を追っていたゆき(ジエメイ)は沖縄沖の深海で絶望的な状況を目の当たりにする。白面の者が日本列島を支える重要な岩盤に大穴を作りそこに白面自身の身体を挟んで眠りについていたのである。
もし白面を討てばそこを起点に日本列島は海の底へと沈んでいってしまうだろう。悩み抜いた末、苦渋の決断を下した。ゆき白面を封印し、自ら結界の管理者となったのである。もう二度と白面が起きないように・・・。

お役目として結界を張っている間は年をとらず約数百年その任に就き、力の限界がきて任を解かれると緩やかに年をとっていく。
二代目は「日崎御角」、三代目がの母「蒼月須磨子」である。

日崎家(ゆきの家系)の血筋は代々強大な霊力を持っており、彼女たちの張る結界は非常に強力である。
完全復活を果し力を取り戻した白面を封じるだけの力はないものの、並の妖怪なら結界に触れるだけで消し飛び、百キロ以上離れたところにも張ることができて、更に攻撃に転化すれば敵の体内に結界を張ることで白面の尾の化身クラスの妖怪ですら滅ぼしてしまうなど反則的な力を持つ。

関連項目

うしおととら 日崎御角 蒼月須磨子

pixivに投稿された作品 pixivで「お役目様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6354

コメント