ピクシブ百科事典

さっちゃん(花子さんがきた)

さっちゃん

児童小説およびアニメーション「学校のコワイうわさ新・花子さんがきた!!」に登場する怪物でありみんなのトラウマ。
目次[非表示]

第8話「さっちゃんのうわさ」に登場する謎の存在。

概要

童謡『サッちゃん』がモチーフ。

大きなを持った化け物で、彼女のうわさ話をすると、その夜に話を聞いた人間の前に『サッちゃん』を歌いながら現れ、鎌で手足を刈り取って殺害する。

壁をすり抜ける能力の他、金縛りを起こすことができる。標的にされた者は金縛りで一切動けなくなり、目が覚めている最中に出会ってしまった場合、恐怖の中なぶり殺しにあう。

唯一の弱点は童謡の歌詞にある「バナナ」であり、果実でも絵でもバナナがその場にあれば、悲鳴と共に逃げていく。「バナナが大好き ほんとだよ」と歌われている割には、天敵でも見たかのような形相で退散する(ちなみにこのシーンは強烈な点滅演出が用いられており、現在の基準では、恐らく子供向け番組では放送できない)。

物語

主人公のマユミちゃんは、さっちゃんの怪談をクラスメートに披露する。クラスメートたちはみなバナナを用意して万が一に備えるものの、あろうことか、当のマユミちゃんはバナナを用意するのを忘れたまま床に着いてしまう。

噂どおり出現したさっちゃんに殺される直前まで追い詰められるが、危機一髪。外出中のお母さんが寝床のすぐ側に夜食代わりのバナナを置いていってくれたおかげで助かったものの、その翌朝。たまたま話を聞いてしまっていた担任の先生が手足を刈り取られて死んだことが判明した。。


恐怖

マユミちゃんに関しても先生に関しても花子さんは話の語り手に徹しているだけで一切ノータッチであり、助けに来なかった
しかも、先生の壮絶な死に様を教頭先生がクラスのみんなに丁寧に説明するなど、子供向け怪談特有の無茶な場面でシメとなっている。

さっちゃんそのものの怖さに加え、犠牲者の出る回にしては珍しく標的になった本人が助かった代わりに、なんの関係もない人が巻き添えを食って死んでしまうという、かなりの後味の悪さも含んでいる。

「花子さんがきた」に登場する怪物の中では、怪人トンカラトンと並びトップクラスのトラウマモンスターであり、当時リアルタイムで視聴していたお子様を恐怖のどん底に陥れた。視聴後に本当にバナナの絵を枕元に用意して就寝した子供も大勢居たという。

アニメでは一回っきりの登場だが、原作では再登場している(そして犠牲者が増える)。
更に苦手なものがバナナからりんごに代わっている(バナナでは追い払えない)というたちの悪さを発揮している。

ちなみに姉がいて、姉はいちごが好き、ただ話をする際にさっちゃんの話もするので、
さっちゃんも来る。
ただ襲われても悲鳴を上げて、家族が来て助かっているパターンも多い。
先生は一人暮らしだから死んでしまったのでしょう。

関連タグ

花子さんがきた ポンキッキ みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「さっちゃん(花子さんがきた)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5885

コメント