ピクシブ百科事典

それでも彼女はいなくならない

それでもかのじょはいなくならない

東方Projectにおける二次創作内のメイフラ(紅美鈴とフランドール・スカーレットのカップリング)の中で、特に心を打つようなイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

概要の通り紅美鈴フランドール・スカーレットの2人が描かれているイラストの中でも、
心がほっこりするようなイラスト、思わず涙が流れるようなイラストなど、ぐっとくるものが多い。
このタグが付いたイラストでの2人の扱いは主に以下の通り。

フランドール
・狂気の塊
・純粋無垢な甘えんぼ少女
どちらとしても極端だが、二次創作にありがちなカオスシュールな性格などは一切無い。 

美鈴
・究極的に良い人
EX美鈴
不安定なフランドールを支えるための愛の化身といっても過言ではないだろう良い人。もはや母親。

元ネタ

※他作品のネタバレを含む。

「そして誰もいなくなった」
世界的に有名な、アガサ・クリスティ作のクローズド・サークルミステリ小説。

「10人のインディアン」
「そして誰もいなくなった」で深く関わっている童謡
「10人の黒人の男の子」というとても似た詩もある。

「U.N.オーエンは彼女なのか?」
フランドール・スカーレットのテーマ曲

U.N.オーエンとは、「そして誰もいなくなった」で物語の舞台に主人公ら10人を手紙で招いた人物の名前である。曲名の彼女なのか?という言い回しについては、小説の中で最後に生き残ったのが女性であったことが理由だと思われる。

上記作品をモチーフとしたスペルカード「そして誰もいなくなるか?」が登場する他に、作中で歌になぞらえて死んだ10人にあわせて、フランドールのスペルカードも10枚となっている。
詳しくはこちら

『10人のインディアン』

10人のインディアンの男の子 食事に出かけた
一人が咽喉を詰まらせて 9人が残った

9人のインディアンの男の子 夜更かしをした
一人が朝寝坊をして 8人が残った

8人のインディアンの男の子 デヴォンに旅した
一人がそこにとどまり 7人が残った

7人のインディアンの男の子 薪を割った
一人が真っ二つになって 6人が残った

6人のインディアンの男の子 蜂の巣で遊んだ
一人が蜂に刺されて 5人が残った

5人のインディアンの男の子 訴訟を起こした
一人が裁判所にいって 4人が残った

4人のインディアンの男の子 海に出かけた
一人がニシンに飲まれ 3人が残った

3人のインディアンの男の子 動物園にいった
一人が熊に抱きつかれ 2人が残った

2人のインディアンの男の子 日光浴をした
一人が熱で焦げて 一人が残った

一人のインディアンの男の子 一人ぽっちになった
そして自分で首をくくって 誰もいなくなった

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


それでも彼女はいなくならない


関連イラスト

愛の有り方
壊さなくても いいんですよ


フランちゃん出☆陣
それでも彼女はいなくならない



関連タグ

紅美鈴 フランドール・スカーレット メイフラ メイフラは希望の虹

pixivに投稿された作品 pixivで「それでも彼女はいなくならない」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 971554

コメント