ピクシブ百科事典

ウルトラマンアグル

うるとらまんあぐる

ウルトラマンアグルとはウルトラマンガイアに登場する青いウルトラマンである。
目次[非表示]

概要

藤宮博也が変身する青い巨人。
「プロノーン・カラモス」というアルケミースターズの未確認粒子観測センサーでの実験中に出逢った海の青い光により変身能力を得た。変身には専用ブレスレット「アグレイター」を用いる。

正式に名前が出たのは第16話でそれまでは単に「青い巨人」や「青いウルトラマン」と呼ばれていた。最初に名前が出たのはパソコンのコンソール画面に表示された「AGUL」のローマ字から。
「アグル」という語自体は造語で、「agressive(=攻撃的な)」「agreement(=同意・承諾・契約・協定)」「悪」を掛けている。

ウルトラマンシリーズでは初となる青のウルトラマン。フォームチェンジ以外での最初からの体色である。2号ライダー的設定や容姿、いままでのウルトラマンになかったクールな感じが人気を博し、本来のメインターゲット層の子ども達以外からの支持をも得るに至った。

容姿

ウルトラマンアグル 【ニコニコ動画用イラスト】


体色は黒みがかった青(群青色)と黒と銀。初期の形態は第3~26話前半まで活躍した。
この姿の頃は藤宮が人類抹殺思想に取りつかれていたこともあり、ガイアやXIGと敵対しヒール的な戦法を取りながらも、一方で罪なき子供を助けるなどといったダークヒーロー的な要素が濃かった。

第25・26話でのガイアとの戦いの影響でゾーリムを呼び寄せてしまう。破滅招来体に利用されていたことを知り、自らの過ちに気付き戦意喪失。アグレイターから青い光の力を解放し、我夢にそれを託した。これがガイアV2のパワーアップのきっかけとなる。

能力

出身地地球・海(地球が遣わした存在であるため便宜上)
身長52メートル(ミクロ化も可能)
体重4万5000トン(ミクロ及び等身大時は不明)
活動時間なし(大ダメージを受けるとライフゲージが点滅する)
飛行速度マッハ23
走行速度マッハ6
水中速度マッハ2.2
潜地速度マッハ2.5
ジャンプ力1300メートル
握力60000トン(人間換算で60キロ)


主な技

フォトンクラッシャー
頭部(ブライトスポット)から光の刃を垂直に伸ばしてから敵に向けて放つ必殺技。アグル版フォトンエッジといったところで、同等の威力を持つ。

リキデイター
両手の間に作り出した光弾を放つ。ガイアのクァンタムストリームと同等の威力を持つ。

アグルブレード

海の巨人


右手に発生させる光の剣。切れ味は非常に鋭く抜群だが、長時間使用すれば大量のエネルギーを消費するというリスクがある。

アグルスラッシュ
手から発射する光弾。ガイアのガイアスラッシュと同系統の技だが、こちらの方が威力は上。アグルショットとも。

ウルトラマンアグルV2

藤宮博也&ウルトラマンアグル


初登場は第41話。詳細はリンク先を参照。

余談

容姿の元ネタはウルトラセブン。セブンは初期では青いカラーリングを検討されていた(現在の赤になったのは当時の撮影技術の都合)ので、30数年ぶりにその案が日の目を見たことになる。

当初、アグルは第2クールの第26話で降板し、以降ガイア単独で戦う予定だった。
しかし、ファンからの人気が非常に高かった為、第4クールの第41話でパワーアップして再登場させる事になった(ガイアがアグルの技を使えるようになったのは、その名残)。

エイプリルフールでのアグル

変身者と違って割とフランクなようだ。
乙女ロード守れよと言ったり、2010年円谷ッターのHPで日本語でおkっ言ってたりする。ガイアには君つけされている。

ウルトラマンオーブ THE_ORIGIN_SAGA

OV『ガイアよ再び』以来、実に16年ぶりの登場を果たした。また、『新世紀ウルトラマン伝説』のような番外編を除けば、初めて歴代ウルトラ戦士との共闘も果たす事になった。
初登場時のシーンはファン必見。

関連イラスト

海より来たる
ウルトラマンアグル



関連タグ

ウルトラマン
ウルトラマンガイア 高山我夢 吉井玲子
青トラマン ウルトラマンコスモス ウルトラマンヒカリ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンアグル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233011

コメント