ピクシブ百科事典

ベリアル

べりある

べリアルは悪魔の名前。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ドラゴンクエストに登場するモンスター。本稿で説明。
  2. 女神転生シリーズに登場する悪魔。本稿で説明。
  3. デビルメイクライシリーズに登場する悪魔。
  4. フルメタル・パニック!に登場するAS(ロボット)。→ベリアル(フルメタル・パニック!)
  5. ウルトラマンシリーズに登場する悪のウルトラマン→ウルトラマンベリアル
  6. イナズマイレブンに登場するキャラクター。
  7. エミルクロニクルオンライン(ECO)に登場するドミニオン族のノンプレイヤーキャラクター。
  8. トライピースに登場するキャラクター。
  9. GS美神の登場人物小笠原エミが15歳の頃に使役していた悪魔。
  10. ソーシャルゲーム『パズル&ドラゴンズ』に登場するモンスター→ベリアル(パズドラ)
  11. デジタルモンスターに登場するデジモンベリアルヴァンデモン
  12. 天使禁猟区に登場する悪魔。本稿で説明。
  13. ゲゲゲの鬼太郎に登場する悪魔。本稿で説明。
  14. マギに登場する魔神(ジン)。本稿で説明。
  15. パロディウスシリーズに登場する黄色いタコ。リボンをつけているが、性別は♂か♀かは不明。
  16. ヤダモンに登場する魔女。


悪魔

ベリアル


ベリアルはヘブライ語で「無価値」「無益」。
悪事を美徳と考え、そして淫乱。正しきことに臆病。 
姿は火車に乗った美青年、または火車に乗った双子の美青年とされる。

ソドムとゴモラの町に獣姦、同性愛を教え、町を滅ぼすきっかけを作った。
召喚者には高位高官を授ける。召喚してもばかり言うので、神の名において真実のみをいうことを命じなければいけない。

他作品のベリアル

DQシリーズ

ベリアル(PS風)


DQ2』で初登場。アークデーモンの上位種でロンダルキア神殿6階でボスとして出現。高い攻撃力に二回攻撃、火炎の息やイオナズンなどの全体攻撃。高い呪文耐性を持ちHPが減ったらベホマで回復する強敵。
小説版ではハーゴンを手助けするためにバズズアトラスと共に魔界から召喚されたシドー直属の配下。『モンスター物語』では厳しい修行の末に最上級モンスターへと成長したベビーサタン柴田亜美4コマではハーゴンのしょうもない作戦や新モンスター案を聞かされる苦労人。

DQ8』では隠しダンジョンに出現。雑魚敵ながらレティスを上回る攻撃力に相変わらず多彩な技を持っている。

DQM』シリーズや『不思議のダンジョン』シリーズでも一貫して強豪モンスターとして登場する。

女神転生シリーズ

「赤おじさん」「聖なる邪炎」「獄炎の反逆者」魔王ベリアル


種族は魔王トライデントを持った赤い竜人のような姿をしている。
ファンの間では『真・女神転生』のベリアルが特に印象深いと思われる。
アリス心奪われており、赤伯爵を名乗り黒男爵こと堕天使ネビロスと共にICBMで壊滅した六本木を支配しアリスを守るための結界を張っている。
いかなる攻撃も通用しないが、「脇見の壷」というアイテムで封印する事ができる。

天使禁猟区

ベリアル


CV:沢海陽子
九雷を魔王の花嫁にすべく、「いかれ帽子屋(マッド・ハッター)」を名乗りゲヘナ皇家を訪れた悪魔。
傲慢(プライド)を司る七君主。地獄の七君主の一人としてルシファーに忠誠を誓い、ゆがんだ愛情を抱いている。
有害」を及ぼす事をモットーとしており『妬み・破壊・患難・捕囚・欠乏・混乱・荒廃の7つの悪徳を愛し、ベリアルの唇からはそれらが生まれる』と言われる程、弁舌に長けている。
外見上は細身で長身、喋る声の低さにより男性にしか見えないが、気分次第で男女どちらの服装も身に着ける、中性的な悪魔。

ゲゲゲの鬼太郎

CV.内海賢二(アニメ第1作)、大木民夫(アニメ第3作)、沢木郁也(アニメ第4作)
明治時代にポルトガルから日本にやって来た悪魔。
鞍馬山カラス天狗に魔力を封印され奇術師として全国を放浪していたが、ねずみ男が封印をといてしまい魔力が復活。
カラス天狗を封印し今度は鬼太郎たち日本妖怪軍団と交戦。天候操作などの魔法で妖怪軍団を圧倒し、次はといった器官が無数に付いた複数の巨大球体に分裂して包囲する。しかし本体を見抜かれ指鉄砲を受けて倒される。
後日談で魂だけの存在となって封印されたが、またもやねずみ男のせいで復活。鬼太郎に取り付こうとするが逆に魂を破壊される。
また別の話ではベリアルの子孫である博士が鬼太郎に復讐に来るエピソードもある。

アニメ第3作では江戸時代に来日し、カラス天狗との戦いで「安政の大地震」が起きた事が語られている。
シリーズによって巨大球体のパーツが違うこともある。例えば3作は鼻があったが、4作には鼻がない。
5作のテレビアニメには登場していないが、遊園地用のシアターでこのシリーズを元としたベリアルの話が各地で公開されていた。

マギ

真実と断罪のジン。
外見はまたはの骨を纏い四つの目(額の目を入れれば五つ)を持つ巨人。
「迷宮」を攻略した練白龍の「堕転」を感じ取り金属器を渡す事を拒否するが、マギであるジュダルによって強制的に白龍の鎧の左肩部分に宿らされる。
能力は相手の脳に作用して幻を見せる事。同じ情報を反復して与えることで記憶の改ざんや洗脳も可能。
ベリアルの管理する迷宮にも同様の作用があり、はじめ白龍には迷宮が煌帝国の宮殿、ジュダルには故郷の村に見えていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「ベリアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 977359

コメント