ピクシブ百科事典

エリンシア

えりんしあ

ゲーム「ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡」、「ファイアーエムブレム暁の女神」の登場人物。両作品ともに、物語の最重要人物の一人(蒼炎の軌跡ではヒロイン、暁の女神では2部主人公他)。英字表記は Erincia. 
目次[非表示]

ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡暁の女神の登場人物。
CV滝田樹里
クリミア王国の国王ラモンの一人娘、クリミア王国の王女
名前は、正しくはエリンシア・リデル・クリミアという。
ただし、王弟である叔父レニングが次期国王に決定してから生まれたため、無用な争いを避けるべく彼女の存在は国民に隠されていた。

蒼炎の軌跡

エリンシア


クリミア王国王都メリオルがデイン王国軍に襲撃された際に城を抜け出して生き延び、グレイル傭兵団アイクに助けられる。その後、グレイル傭兵団にガリア王国への亡命の護衛を依頼。
それがきっかけとなり、エリンシアとアイク達との、祖国解放の長い旅が始まる。

物語終盤にて味方として参戦。
専用武器・アミーテを使い、味方を援護する。

暁の女神

女王様


3年前の戦いでデイン王国との戦いに勝利し、最後の王族としてクリミア王国の女王の座に就き、祖国の再興をはかる。
自分の事よりも国民を思う優しき女王故に、一部の貴族には反感を持たれてはいるが、国民の大多数はエリンシアを支持している。

性格・人間関係 

心優しく聡明で、何より他人や国民の事を思う人徳者であるが、その姿勢は暁の女神で思わぬ反乱のきっかけにもなってしまった。
元は王位を継ぐ可能性はなく、ひっそりと離宮で暮らしていたため、家事や馬術にも長け、剣術もこなす。
気さくな性格とその育ちの事情から本人の貴族意識は低く、誰に対しても敬語を使う。
道中では彼女なりにアイクらとなじもうと努力していた。
その結果、「ぶっとばして差し上げましょう!」という王女とは思えない迷言を残すこととなる。
デルブレー伯爵家のルキノとは乳兄弟に当たり、その弟ジョフレとともに幼いころから仲がよく、一番の家臣達でもある。
蒼炎の軌跡ではアイクに少なからず恋愛感情を抱いていたようであるが、彼の鈍さにより全て流されてしまい、三年後にはその感情は消えてしまったようである。
暁の女神ではジョフレとのみ、支援レベルをAにすると発生するペアエンドがある。

ユニットとしてのエリンシア

蒼炎の軌跡では物語の終盤、元ベグニオン帝国の聖天馬騎士だった曽祖母の形見である聖天馬騎士の装束を身につけ、仲間として参戦。
暁の女神では第2部の主人公。第4部からはティバーン達と行動を共にする。

クラスは蒼炎の軌跡ではクリミア王女。(飛行騎乗、天馬騎士系上級兵種)
暁の女神では女王クィーン)。(飛行騎乗、天馬騎士系最上級兵種)
装備武器は両作品ともに。専用武器は2回連続攻撃が可能な剣・アミーテ
タニスマーシャシグルーンらと3人でトライアングルアタックができる。

蒼炎の軌跡ではレベル1で加入する上、力の伸びが期待できないので、基本回復要員である。ただし魔力を筆頭にステータスの伸びは爆発的である。

暁の女神では3年の鍛錬が反映されたのか、また最初から最上級職ということもあって、ステータスの底上げがなされている。その上で、力も含めたステータスの爆発的伸びは相変わらずである。加えてアミーテの威力・命中がパワーアップしている。よって特攻や必殺への気配りを忘れない限りにおいて、最後まで主力として使用可能。条件次第では他にカイネギスしかできないアスタルテのオーラを一回の戦闘で粉砕するという荒業もできる。

なお暁の女神第四部では慈悲のスキルもちであり、外さないととどめをさせない点に留意されたい。

関連タグ

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 暁の女神
アイク ジョフレ ルキノ レニング
ユリシーズ ティバーン
ペガサス 緑髪 王女 女王
クリミア クリミア王宮騎士団 クリミア騎士団

カップリング関連タグ

アイエリ  ジョフエリ  ティバエリ

pixivに投稿された作品 pixivで「エリンシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223801

コメント