ピクシブ百科事典

カノキド

かのきど

カゲロウプロジェクトに登場する、鹿野修哉と木戸つぼみのカップリング。
目次[非表示]

概要

じん(自然の敵P)によるカゲロウプロジェクトのキャラクター、カノキドのカップリング。

二人は(セトも含め)同じ孤児院出身の幼なじみ。
カノから見ると、キドは「友達第一号」だったようだ。
さらに孤児院から同じ楯山家に里子として引き取られたため、もはや家族同然に育ってきた。


カノは持ち前の軽快さでしょっちゅうキドの怒りを買い、それ相応の罰を受けている。むしろカノが軽口を叩いて殴られ蹴られがメカクシ団の日常風景となっている。またキドがカノを殴ったり蹴ったりするのはカノの能力を解くためと小説5巻で明らかになった。

しかし見方を変えれば、好きな子ほどいじめたくなっちゃうとかいうアレや、ツンデレまたは照れ隠しに見えなくもない。
普段はクールに振舞っているキドも、カノ相手だと素直に怒ったり恥ずかしがったり感情表現豊か。モモ曰く、「いつもクールなのにたまにデレる
また、カノは何故かキドがこっそりリンスを変えたことやフリルのスカートを持っていることを知っていたり、明らかに殴られるのがわかるような事をわざわざ言ったりと、他の団員に比べて少々キド個人に構いすぎである。 単にいじりがいがあるだけかもしれないが......。

喧嘩(というか一方的に殴られているだけだが)ばかりのようで、カノが「昔はかわいかった」という発言をしたり、二人きりで高校の文化祭に行ったり、なんだかんだと仲が良い。喧嘩というよりは遠慮のいらない仲であるようだ。さすが幼なじみ。
ちなみに二人とも幽霊や祟りなどのオカルト系が大の苦手だったり恥ずかしがり屋(強がり)だったりする。

シンタローがカノの不可解な行動を話した際にも、キドはわざわざ料理を中断して話を聞く。そして、「根はいいやつなんだ」「あんまり嫌わないでやってほしい……」等の発言や、明らかに俯いたりしょんぼりしたりと、カノの事を少なからず大切に思っていることが窺える。

極めつけには、じん氏が個人で行った生放送で、じん氏本人が「キドとカノは相性がいい」というような発言をしていたりもした。


漫画版『カゲロウデイズ


序盤のストーリーは小説版通り。
だが4巻で分岐したルート(マリーの作ったカゲロウデイズ内の1ルート)の中でカノが撃たれたとき、キドが真っ先にカノのもとに駆け寄り、泣いていた。

また、2巻の裏表紙ではカノが「つぼむ゛ぃぢゃん…!!」などという言葉を発し(キドの本名は木戸つぼみ)、キドが彼を殴っている絵が描かれている。


アニメ『メカクシティアクターズ


6話では、貴音や遥の在学している高校の学園祭に来たカノが、彼と一緒に来ていたキドを『つぼみ』と、名前を呼び捨てにして呼んでいた。(なお、原作ではこのシーンは『キド』呼びである)
他にもカノがアヤノの墓で1人思い出話をしているシーンではほとんどがキドの話であったり、キドに団長になることを提案したのがカノであったことも判明した。
12話ではキドが殴られた後カノは激昂し、真っ先に黒コノハに飛びかかっていた。

また、アニメで二人の声をそれぞれ担当している甲斐田裕子さん、立花慎之介さんによる某アニメ系雑誌の対談では「キドにとってカノは頼りになる存在」「カノにとってキドはすごく可愛い存在」という主旨の発言もあった。
そんなアニメ系雑誌の表紙や付録のポスターに二人で載ることも少なくない。
アニくじ』ではなんと主人公&ヒロインであるシンタローとエネを差し置いて、二人のクッションがA賞の景品である。


pixiv内ではカゲロウプロジェクトのCPイラストの中でも作品数が最も多いCPである。
が、あくまで公式ではないので節度と注意が必要。


関連イラスト

カノキド
『欺』×『隠』


ねぇ、いい加減さ
夜明けの咄


その裏側
カノキド3



関連タグ

カゲロウプロジェクト カノ キド メカクシ団
NL カゲロウプロジェクトのカップリングタグ一覧
これはいいカノキド

pixivに投稿された作品 pixivで「カノキド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14707287

コメント