ピクシブ百科事典

ククリ

くくり

ククリとは、漫画「魔法陣グルグル」のヒロイン。
目次[非表示]

概要

主人公コンビの1人。ニケに恋する女の子。旅立ち当初12歳だったが、作中で13歳になる。
初期Lv1、HP:6、MP:8。最終Lvはグルグル2の「前の冒険のレベルが残ってて」というセリフから、恐らく12と思われる。
"神の踊り子"ミグミグ族の地上最後の生き残りで、闇魔法「グルグル」の使い手。
長い三つ編みおさげが特徴的。一時期ショートヘアになったが、基本的には三つ編み。
アニメ第1作目の第2期EDではポニーテールも披露。

ちなみに第一回漫画最萌トーナメントの初代最萌に輝いたことがある。
また、ガンガンONLINEで開催された人気投票では堂々の第1位にランクインした。
獲得票数は2871票、第2位のニケとは689票差をつけている。

アニメでの声優は吉田小南美(第1,2作)、小原好美(第3作)。 

人柄

12歳の旅立ちの日を迎えるまで、殆ど外へ出たことがなかったためか、世間知らずで純真な心の持ち主。
作品初期は少々過激なところもあった。
「魔法以外はさっぱり」と本人が言ったようにお金の使い方すら知らず、
オシャレすることなども知らなかったが、旅の中で様々なことを学び、料理が得意になった。
その天真爛漫さ故か、きりなしの塔編では「ネコジタ谷の天使」と呼ばれていた。
純真故にときどき暴走することもあるが、基本的に心優しい女の子。
女の子らしく可愛い物や甘い物、花などが好き。
嫌いな物は辛い物で、アラハビカで好奇心から青トウガラシを食べて以来、辛い物で「ウニョラー化」する後遺症を負ってしまう。

ニケの事は基本的に「勇者様」と呼んでおり、当初は憧れが大きかったが旅を続ける内に次第に恋愛感情を強めていく。
それが彼女の闇魔法「グルグル」の力を強めていく。
ジュジュとは同年代である事から友人。

グルグル

その昔ミグミグ族が発見した魔法で、現在はその生き残りであるククリだけが使える。
光魔法と対をなす闇魔法の中でも最高峰に位置すると言われている。
その効果は一体どんなものなのかは深く知られていなかったが、
実は光でも闇でもない「ハートの魔法」であることが判明。
円を用いて使い手(この場合はククリ)の心の中を表す召喚魔法の一種で、
その効果は時に有用なものであったり、失敗してしまったりと様々。
闇系だと言われていたのは恐らく「召喚魔法」が「不安定なもの、よくわからないものの力を使う」
という説明がされた闇魔法に分類されているからと思われる。
ダンスをベースとしているため、踊りながら描けば成功率もあがる。
踊りながら魔法を使うことから「神の踊り子」とも呼ばれ、同時に自身の深層心理を呼びだして戦うことから「ハートの戦士」とも呼ばれていた。

使い手の「その時の気持ち」を召喚するので、感情を上手にコントロールしなければ、
混乱時の気持ちが召喚されてしまう。だが時として有利に働く効果をもたらすこともある。
この気持ちの揺らぎが最も大きい子供時代にしか使えない魔法であるため、
大人になると使えなくなってしまう。

カヤは当初「失敗を元にした魔法」ではないかと推測したこともあるが、
先述の通りこの魔法は「使い手の心」を表す魔法である。
どこかおかしく見えるような現象であっても、ミグミグ族にとっては普通の出来事である。
ククリが作中で悪魔になってしまったこともあったが、これは、
「悪魔がニケを取ってしまうなら、自分が悪魔になってしまえばニケは誰にも取られない」
という気持ちを召喚して自分に向けた結果なので、「失敗」には分類されない。

ちなみに円を描いて、その円に自身の魔力を注ぎ込むことで使用するのが本来の使い方。
「トカゲのしっぽ」などの「魔法陣」は、効果が発揮されたあとの円の痕跡である。
レベルが上がるにつれ地面のみならず、空中、体などにも魔法陣が描けるようになった。
幼い頃に「友達が欲しい」と思っていた時期があり、偶然にも落書きが魔法陣代わりになってイルクという女の子を召喚していた。

グルグル2では新たなグルグルとして、地面に図を描くのは変わらないが、今度は「円」に留まらない、落書きのような魔法陣となって残るようになった。

この作品を読んだ人は、昔ノートや地面に落書きした経験はないだろうか。
魔王ギリを倒した後、グルグルを使えなくなる。

魔法陣グルグル2

ギリ封印から2週間。両親と再会するが、平和な天界の暮らしに飽きてニケと共にジミナ村へ帰還、その後「まだ結婚とか早い」ということでコーダイ王推薦のエリート学校に入り、学生として暮らしていた。作中で14歳になっている。
髪形は長い髪を二つに結んだだけで、三つ編みではない。
しかし僅か2週間で平和が脅かされ、魔物が再び湧きだした。世界弱っ。
ニケも魔物退治に召集されるが、ククリ自体は既にグルグルは使えなくなっていたため共に冒険へ行けなくなった・・・・・・かと思われたが、「ニケと旅がしたい」と強く願って机の上に落書きするとそれが魔法陣となり、新生グルグル「乳者様」を発動させたことで再びニケと冒険へ出ることが出来るようになった。
現在は懐かしいキタの町でザザミグに再会し、旅に出たいと申し出た二人を連れて、現在4人旅の真っ最中。
ギップルにザザのレベルを調べるついでにククリ達も調べてもらい、現在のレベルは12と判明した。

装備品

武器:魔法陣の杖 攻撃力+3
グルグルを使うための杖。ミグミグ族専用。旅立ちの際、魔法オババから授かった。
トゲトゲしいデザインで可愛くないので、当初は装備を拒否したが、最終的には受け入れる。
長い冒険を経てすり減り、ついには折れてしまった。
防具:メケメケのローブ 防御力+5
ククリの代表的な衣装とも言えるローブで、普段着でもある。メケメケの毛で織られている。
一見ただの地味なローブだが、実はメケメケの毛は魔法に対する抵抗力が高く、魔法使いのローブには最適な素材とされている。
意外と良い品で、コーダイの都ではこれ以上に良い魔法使い用の防具はなかった。
その他:リコの花の髪飾り 防御力+1
コーダイでニケに買ってもらった髪飾り。身に付けた人を一度だけ守ってくれる効果がある。
ノコギリ山で一度なくなるが、その後もたびたび新しいものをつけている。
プラナノが生み出したりできることから、普通の花そのものに守りの効果があると思われる。

YONYON^Q^


防具:ミグミグ族の服 防御力+7
ミグミグ族の踊り用の衣装。帽子、靴下と靴付き。スカートが短めなワンピース。
きりなしの塔編の衣装。後に帽子はモゲルの新しい服となった。
塔攻略後はネコジタ谷にあったものだからと、ケムケムに返してもらった。が、ニケはショックだったようだ。
その他:天使のくびかざり
両親からのプレゼントで、飾りの一つに「ククリへ」と彫られている。
当初は香炉というアイテムの中にあったが、トマが魔雷砲の砲台として盛大に打ち上げたため、キタキタ親父の腰ミノにひっかかってしまった。
きりなしの塔のモゲルの部屋を開けることができる。また、星や天使系のグルグルが使えるようになる。
ちなみに天使のくびかざりという名称・効果は「魔法陣グルグルランド2」に記載されており、本編では公表されていない。

にゃん


防具:ネコ耳ローブ
可愛い猫の耳がついたローブ。コパール城下町で販売。
一目で気に入って購入しようとしたが、20万という高額だったため、購入を断念。
ただしこれはギリ軍がコパールを占領していた時の値段なので、正確な値段は不明。
その後アラハビカでの決まりを知らないだろうとアダムスキーが用意してくれた。

鰤は照り焼きとは限らない


防具:ミウチャの服
トピカの町で売られていたローブ。実はミウチャが服飾を学んでいた頃に作った作品。
作中でも一番のお気に入り装備となり、物語の最後まで着ていた。

デビルククリ

デビルククリ!


魔境編でククリがグルグルを自分へ向けて使ってしまった姿。魔力でイタズラを繰り広げた。
ただしこれはグルグルによる失敗ではなく、ミグミグ族にとっては普通に起こりうる現象らしい。
アニメでは輪にかけてイタズラが過激で、「Enjoy the party」を歌ったり、アニメジャックをするなどやりたい放題
また、ツッコミに回ったニケとキタキタオヤジのメタ発言も出たりしている。
その他:エンジェルストーン
「天使にも出会う、悪魔にも出会う」という予言を受けて不安になったククリを心配し、
ニケがトマに相談して借りた首飾り。悪魔が近づくと光って知らせる。
だが未完成品なので、弱い魔力には反応しないのが欠点。

グルグル☆アイス


武器:ねじまきしっぽの杖
グルグル2におけるククリの新しい杖。ニコピョン族のマークのようなデザイン。
魔法オババ曰く「前の杖のデザインを継承しつつもより洗練された一品」だそうだ。
オババの前では嬉しい態度は見せなかったが、内心すぐ気に入った様子。

このほかにも様々な衣装に着替えている。長い旅の軌跡ともいえよう。
あなたのお好きなククリの衣装はどれですか?

KUKURI COLLECTION



関連イラスト

リトルウィッチ
ククリ


魔方陣グルグル2
ククリ



関連タグ

魔法陣グルグル 魔法陣グルグル2 ニケ
魔法少女 魔法陣 三つ編み
ニケクク
シータ・・・生い立ちや容姿などの共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ククリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2321833

コメント