ピクシブ百科事典

クロノスの大逆襲

くろのすのだいぎゃくしゅう

『マシンロボ クロノスの大逆襲』とは、葦プロダクション制作のアニメ作品。
目次[非表示]

概要

マシンロボ クロノスの大逆襲 とは 、1986年~1987年にテレビ東京系列で放送されたロボットアニメである。
ミクロチェンジ』や『ダイアクロン』の対抗馬として作られたバンダイの玩具シリーズ『マシンロボ』(1982年)。その後の『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(1985年)のヒットを受けて後追いで作られた販促番組なのだが、当時大人気だった『北斗の拳』のテイストがミックスされて、ロボット武芸悵の側面が強くなってしまった、ある意味「販促って何だろう?」的なアニメ。

いよいよ来週(ナニガ?)



物語の舞台となる惑星クロノスにはマシン生命体しかいないとされ、当初はロボット以外を登場させてはならないとされた。
スタッフはそれでは芝居が出来ないと苦慮し、主人公兄妹を含むヒューマノイド系種族「クロノス族」は、ヘルメットに見えるようなデザインされた。
(初代OPのレイナに髪は無い。一方、EDではヘルメットの下に髪があった、と言うかヘルメットを脱いでいる)
後に、「人間俳優が着ぐるみを着ている」ような描写に変わっていった。

レイナ・ストール
『マシンロボ クロノスの大逆襲』よりレイナ・ストール


(右の絵はED再現)

あらすじ

クロノス星には永遠の命を司るエネルギー「ハイリビード」がどこかに存在するという。
犯罪組織ギャンドラーは配下の妖兵コマンダーへハイリビードを手に入れようとする。
ロム・ストールレイナ・ストールの兄妹と、ブルー・ジェット、ロッド・ドリル、トリプル・ジムの一行は、その野望をくい止めるために戦い、ハイリビードを探し出すために旅を続ける。

登場人物



※主な声優。初期のトランスフォーマーと同様にモブキャラに声が定まっていない。当時としては別のアニメも同様である。

用語

ハイリビード
 クロノス星に伝承される正体不明の超エネルギー。ビムラーやジャパニウムと同じと思えばよい。
剣狼
 ロムがキライに授けられた束が金色の剣。鍔に狼の紋章が刻まれている。翳す事によりケンリュウやバイカンフーになる。この世に一本しか無く、時を超え、次元をも超える存在として、その時代の悪を断つ。使い手によって奇跡にも似た神秘の力は異なる。

流星
 『りゅうせい』ではなく『ながせ』と読む。剣狼によく似た剣で、鍔に白い尾を引く赤い星が刻まれている。

ロムトロン
 マシンロボの主要エネルギー源。基本的には体のどこかにある投入口から補給するが、クロノス星に自生する植物にも含まれている。間違ってもどこかの惑星のロボット部隊や種族ではない。

主題歌

OPテーマ
『マシンロボ・炎』
 歌:マーチン、作詞:三浦徳子、作曲:馬飼野康二、編曲:あかのたちお

『勝利のマシンロボ』
 歌:子門真人、作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:渡辺宙明
 ※某回での神編集はインパクト大だった(^_^;)

EDテーマ
『青いハートのストレンジャー』
 歌:渡辺絵麻、作詞:三浦徳子、作曲:馬飼野康二、編曲:あかのたちお

挿入歌
『ENDLESS』
  歌:マーチン、作詞:三浦徳子、作曲・編曲:あかのたちお
『戦え! バイカンフー』
  歌:子門真人、作詞:伊藤アキラ、作曲・編曲:渡辺宙明
『星のDream』
  歌:渡辺絵麻、作詞:三浦徳子、作曲・編曲:あかのたちお

関連タグ

マシンロボ
レイナ剣狼伝説
ティラノ-剣狼伝説魔空界編-
聖竜王伝

超音戦士ボーグマン…別番組ではあるが、響リョウは『ティラノ』の劇中に於いて剣狼に認められレイナと共に名前が連なっている。

ロム立ち

神編集 弱い相手はどこにいる :神編集の歌詞(^_^;)

pixivに投稿された作品 pixivで「クロノスの大逆襲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80601

コメント