ピクシブ百科事典

ヘルメット

へるめっと

頭部を保護するための防具。
目次[非表示]

概要

危険な場所で頭部を保護するために被るもの。や防護帽とも言われる。

「ださい」と揶揄されることがあるが、見た目よりも安全第一である(バイクやスクーターなどの自動二輪車運転の際には、ヘルメット着用が義務付けられている)。実際ヘルメットで命を救われた人や、逆に「ヘルメットを着用していれば大事には至らなかった」といった事例も多い。

使用者は工事現場や工場の作業員、バイクレーシングカーのドライバー、カヌー自転車等の乗り手、野球競馬アイスホッケーの選手、軍人登山家など。
ロボットアニメに出てくるロボットのパイロット達も着用することがある。宇宙で戦闘を行う場合に被ることが多く、宇宙服としてパイロットスーツとセットで使われる場合が多い。

用途により素材は様々で、金属やプラスチック、繊維強化プラスチック、発泡スチロール、発泡ポリプロピレン等で、単一の素材ではなく複数の素材を組み合わせることもある。

車両用のヘルメットは、事故時に脱げないように顎紐をしっかり締めることが重要である。
四輪用では送風用のダクトや給水ホース等を接続することが出来るもの、HANS(ハンス:「Head and Neck Support」の略称)と呼ばれる、首を保護する器具用の金具が取り付けれるものもある。
HANSは衝突などの事故時の衝撃で首が伸び、頚椎を痛めたり頭部をハンドルやドアガラスなどにぶつけることを防ぐものである。
首から肩にかけて取り付けられ、ヘルメットとはテザー(伸縮性の低い紐)で繋ぐ。
HANSの肩部をハーネスのショルダーベルトで押さえる事で固定するため、公道で使われる一般的な三点式シートベルトでは付ける意味がない。

野球用のヘルメットは、耳をデッドボールから保護するために耳あてをつけている(高校野球では両耳につけている)が、衝撃を逃がすための顎紐はつけていない。ただし、かつて近鉄バファローズに在籍していたマニエル選手は顎にデッドボールを受け、鉄製の網がついたフルフェイス・ヘルメットをかぶったことがある。
また、工事現場などの作業現場では、ヘルメットの顎紐を締めたほうが安全か、それとも外したほうが安全か、結論が出ていない。

歩兵用ヘルメット

軍や法執行機関などが用いる歩兵用のヘルメットは、基本的に拳銃弾や砲弾等の破片を防ぐ、衝撃から頭部を守るためのものであり、小銃弾を防ぐことはできない。
(技術的には小銃弾を防げるヘルメットを製作する事は可能だが、大変重いものになってしまう、頭は守れても着弾の衝撃で頚椎等を痛めてしまうなど、耐爆スーツのような特殊な用途以外では作る意味が薄い)

古いデザインのへルメットは爆風等を受けた際に顎紐が外れる構造ではなく、英国のような頭頂部のみを覆う皿型ヘルメットでは問題とならなかったが米国のM1ヘルメットやドイツ軍のM35スチールヘルメットのように頭の多くを覆う構造になった際に問題が表面化することになった。

また、現在の物のようにしっかりと固定がされない為、ヘルメットがずれて視界を遮ることもあった。

そのため、更にずれやすくなることを承知で、顎紐をあえて外すことが(特にアメリカ軍は)多かった(第二次大戦物などの古い戦争映画や記録写真などで、兵士がヘルメットの顎紐をぶらぶらさせているのを見ることができる)が、ベトナム戦争以降のヘルメットでは顎紐は一定の力がかかると外れるようになっているので、顎紐をつけるのが原則である。

が、相変わらずずれやすいというのは変わらず、ずれて視界を遮ることや紐に施された爆風対策を信じずに顎紐を外すことが多かった(特にベトナムでは暑いという理由もあった)。

しかし、WW2では比較的安全な後方では顎紐を外す兵士が多いが、前線ではしっかりと顎紐を締めている兵士が殆どという写真が残っている、被害が生じた事例のはっきりとした記録が無いなどの理由から、この爆風で首を持っていかれるという事例は都市伝説であり、『コンバット!』等のエンターテイメントの嘘とも言われている。
顎紐を締めずにいて負傷するほどではない爆風で、ヘルメットを失った直後に至近弾で破片等が飛んでくれば防ぐ事も出来ずに負傷・死亡してしまうため、当たり前と言えば当たり前だが。

現在のものでは、顎紐の改良に加えてヘルメット内部をネット状のライナーで隙間を作っていた構造からクッション状のライナーに変更して隙間をなくすように変更、更に顎紐を2点留めから4点留めに変更することで、ずれやすさの解消や耐衝撃性能の向上、頭部衝突損傷防止性能の向上が行われている。
IED等の爆発から身を守る際に爆風によりヘルメットを失うことを防ぐ為、ヘルメット以外の装備でも補助を行っており、ボディアーマーに取り付ける追加の襟の形状を変更する事で防御姿勢とると爆風がヘルメット内に入りにくくなるように改良された。
最近の兵士はライトナイトビジョン(及びカウンターウェイト)、ビーコンライト、ウェアラブルカメラといった、それなりに重量のある装備をヘルメットに装着するため、頭部の形に合うようにライナーを調整し、顎紐をして頭部へのしっかりとした固定は必須となっている。
また、ヘッドセットを併用するために耳周りを膨らんだ形状としたり、大きくカットしたものも登場している。
ヘッドセットは分解して専用の部品を介してアクセサリーレールへと取り付けることで頭部への負担の減少、ずれにくさの向上が行うことが出来る。
更にIED対策の一環としてヘルメット内に衝撃センサーを設置し、爆発の衝撃を浴びた兵士のダメージを記録、致命的となる前に治療を施したり後方へ下げて回復を待つなどが行われている。
一方でこのような改良などは先進国でも米軍等の限られた国のみが行っており、WW2時から大して変わっていないヘルメットや装備を用いているところもある。

余談ながら、歩兵用ヘルメットは自衛隊では鉄帽(または鉄鉢(てっぱち))と呼ばれるが、現在の制式鉄帽の88式鉄帽は複合材料製である。
米軍のPASGTもケブラーを用いた繊維強化プラスチックであり、オプスコアやクレイ・プレシジョンなどが製造する(空挺降下や水中での行動などにも使用するため破片防護といったものを考えていない)ヘルメットは、カーボンファイバー樹脂や樹脂といった軽量素材で出来ており、鉄製ではない。
また、プロテックなどが製造するアイスホッケーやスケートボード、アクアスポーツなどのスポーツ向けのヘルメットを用いることもある。
まだ正式な製品は登場していないものの、超高密度ポリエチレンを用いた軽量防弾ヘルメットも発表されている。

関連イラスト

メットゲ


<
GENTEX LIGHTWEIGHT HELMETCrye Precision AirFrame Helmet
メット
Knight's

ヘルメットをかぶっているキャラクター

忍野忍化物語
シャア・アズナブル機動戦士ガンダムシリーズ)
ゼクス・マーキス新機動戦記ガンダムW
虹野明烈車戦隊トッキュウジャー
ハンマーブロスマリオシリーズ
メットールロックマンシリーズ)

ヘルメットおじさん内村光良世界の果てまでイッテQ!

フルフェイスヘルメットをかぶってるキャラクター

風間アキラジャスティス学園
スカル家庭教師ヒットマンREBORN!
セルティ・ストゥルルソンデュラララ!!

関連タグ

防具  メット 赤ヘル
軍人 ドライバー 野球選手 アイスホッケー
工事現場 安全第一 消防 レスキュー
覆面 不審者

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルメット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2956896

コメント