ピクシブ百科事典

シュラ

しゅら

「聖闘士星矢」に登場するキャラクター。山羊座の黄金聖闘士。
目次[非表示]

ワールドヒーローズのシュラについてはこちら→シュラ・ナイ・カノム・トム
ONEPIECEのシュラについてはこちら→シュラ(ONEPIECE)
鎧武外伝のシュラについてはこちら→シュラ(仮面ライダー鎧武)
※もしかして→霧隠シュラ

概要

年齢23歳
身長186cm
体重83kg
誕生日1月12日
出身地スペイン
修行の場ピレネー山脈
CV戸谷公次(初代)、草尾毅(2代目)、川田紳司(LoS)


山羊座(カプリコーン)の黄金聖闘士。かつてアイオロスが聖域を追われた際に、その手で半殺しにした実力者(当時10歳である)。
力ある者や勝者こそが正義を名乗る資格があると言うデスマスクと若干似通った思考回路をしていたが、磨羯宮で紫龍と戦ったことで改心し、廬山亢龍覇で彼を道連れに燃え尽きようとしていた紫龍を助け、自らは燃え尽きて死亡した。その際にエクスカリバーが紫龍に受け継がれた。

ポセイドン編におけるクリシュナとの戦いでは残留思念のまま紫龍を叱咤激励した。
ハーデス編ではサガやカミュとともに十二宮を進むことになり、シャカとの戦闘で味覚以外をはく奪され、最期はエクスカリバーを受け継いだ紫龍に語りかけ消滅した(OVAだとアイオリアに謝罪しようとする描写が追加されている)。

アニメ版

アニメでは「アテナに最も忠誠厚き聖闘士」と自称し、熱烈な忠誠心故に真実を見抜けず、誤解から星矢たちに立ち塞がるほどの極端な、しかし悲劇の忠義者になっていた。
聖衣のデザインも大きく変更され、ヘッドギアからヘルメットになっている。(ハーデス編の冥衣は原作どおりのヘッドギアに戻った)
アイオロスとの関係も一方的に半殺しにした原作とは全く違い、アニメスペシャルの小説ではもともとはアイオロスを慕っていた描写がある(再会した瞬間抱きついたり、褒められてはにかんでいる)。
ただ、13年前の出来事も回想シーンという形で描かれるもスタッフが年齢設定を知らなかったのかそれとも初対面の紫龍の脳内で再生されたからか不明だが、23歳の時と変わらない姿でアイオロスと戦うことになり戸谷氏の渋い声もあってこんな10歳児いるか!状態になってしまった。
あと本人は気づいていなかったが赤子のアテナに直接触れたことのある数少ない一人でもある。

劇場版「真紅の少年伝説」でアベルにより蘇生するが、本編序盤で退場した。
またアニメオリジナルのアスガルド編では、紫龍のイメージおよび回想シーンのみの登場とはいえ出番が大幅に増加している。(例:フェンリルとの戦い、ジークフリートに廬山亢龍覇を仕掛けた時)
その回想で紫龍をどのようにして助けたかが詳しく描かれている。

エピソードG

性格設定はアニメ版の方になっている。
アイオロスとの戦闘の詳細やサガの洗脳の実験台にされているなど、教皇側になるまでの過程が追加がされている。
またアイオロスの弟であるアイオリアを見守っている。
主にティターン十二神・星漢のクレイオスとの死闘を繰り広げ、準主役と言ってもいいぐらいの活躍をしている。

そして、続編にあたる「エピソードG アサシン」ではなんと主人公に格上げされて連載開始号のチャンピオンREDいちごの表紙を単体で飾った。よりによって場違いな雑誌で…。
物語内では聖域をある目的で抜け出し追われる身になりながら日本に赴いている。眼鏡を掛けた普段着姿も披露しており、作者曰く「裏切り眼鏡」。
舞台は2013年以降の日本であり、原作とは異なる時間軸から訪れた存在として、正史を歩んだ青銅一軍たちと出会いながらストーリーは進んでいる。
本作ではぶっきらぼうに見えて、行く先々の余暇に観光を満喫し、コクトーをペット扱いして不満をスルーするなど堅物に見えて遊び心のある天然気味の性格をしている。

LEGEND of SANCTUARY

デザインに大胆なアレンジが見られる中、比較的変更が少なめの一人だが、性格は「血の気が多く、好戦的な性格で強い者との戦いを好む」と原作に近い設定になっている。(…と見せかけて実際は違っていたのだが)
人馬宮にて一輝&瞬の兄弟と戦うことになる。
そして映画内でマジかよ!と言いたくなる展開が彼を待ち受けていたが…現在は各自で確認して頂きたい。

必殺技

エクスカリバー
ジャピングストーン
聖剣乱舞 ※エピソードGのみ
二刀聖剣(ダブルエクスカリバー) ※エピソードGのみ

関連イラスト

おめでとぅーでぃす!!(* ゚ Д ゚ *)
シュラ誕に描いためでたくない絵



関連タグ

エクスカリバー


pixivに投稿された作品 pixivで「シュラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3738595

コメント