ピクシブ百科事典

スパイク・スピーゲル

すぱいくすぴーげる

スパイク・スピーゲル(Spike Spiegel)とは、『カウボーイビバップ』の主人公、及び登場人物。 山寺宏一が初めて演じた主人公キャラでもある。
目次[非表示]

人物

アニメ『カウボーイビバップ』の主人公。身長185cm、体重70kg、血液型はO型、2044年火星生まれの27歳。
もじゃもじゃ頭に長身痩躯な男で、相棒のジェットと共にビバップ号を拠点にカウボーイ(賞金稼ぎ)を生業としている。
過去に負った事故の傷により、右目はサイボーグ義眼となっているためうっすらとオッドアイとなっている。
CV山寺宏一。DVDコメンタリーにて彼曰く「芸歴12年目での初主役」となったアニメキャラだとか。

普段の性格は無気力で常に脱力気味であるが、有事の際にはハプニングを楽しみ、危険を愛し、どんな窮地に陥っても軽口を叩くクールガイ。
他人に束縛されることを嫌い、なによりも自由であることを好む。
困難な事を自分の流儀で成し遂げるのがポリシーであり、何事も自らの美意識に照らし合わせて行動する。
一方で意外と大人気ないところがあり、ケンカを売られたり機嫌が悪かったりする時には口より先に手が出たり、相手のしょうもない挑発に乗せられてしまうことも。
本人曰く「ガキとケダモンと、跳ねっ返りの女が嫌い」で、要するに世話が焼ける奴が苦手。因みにビバップ号のクルーにはガキもケダモノも跳ねっ返りの女も全て揃っている。その割に危機に陥ったアインを放っておけずに賞金首そっちのけで助けに行ったり、ほんの少しの間だけ交流を交わした人物のために一肌抜いだりと、本質的には人情深い。

『型にとらわれない流派』ということでブルース・リーを敬愛しており、ジークンドーの達人。そのため荒事にめっぽう強く、ビバップ号のクルーの中でも賞金首と直接対決することが最も多い。
銃の腕前も一級品であり、愛銃はジェリコ941のカスタムタイプ。一度だけ、シングルシューターと呼ばれる競技用の単発銃を使ったことがある。
搭乗するモノマシンはレース用に開発された機体を改造した高速戦闘機ソードフィッシュⅡ

作品世界中屈指の凄腕の賞金稼ぎの一人ではあるが、抵抗する賞金首は容赦なくフルボッコにして捕らえようとするため、賞金首達の間では捕まりたくない賞金稼ぎの筆頭に挙げられている。
また基本的に周辺の被害を考えずに行動することもジェットの悩みのタネ。高額の賞金首を捕まえても諸経費に加えて賠償費用や修理代で賞金が丸ごと吹っ飛んでしまうことも日常茶飯事であり、ビバップ号の財政は常に苦しい。

火星圏最大のチャイニーズマフィア『レッドドラゴン』の元構成員であり、かつての相棒ビシャスとは現在は宿敵同士。
彼の秘められた過去が随所で解き明かされながら物語が進んでいく形となる。

キャラクターデザインのイメージは「ブルース・リー松田優作を足して二で割ったような感じ」とのこと。

スパイクと煙草

主要人物のほぼ全員が喫煙者というビバップのキャラクターの中でも、
とりわけスパイクは煙草がトレードマークともいえるほどのチェーンスモーカー。
劇場版を見る限り、愛飲しているのはマールボロ
劇中ではどんな危機的状況でも一服を忘れず、版権イラストでもかなりの頻度で煙草を口に咥えているか持っているかしている。
そんなスパイクを象徴するアイテムである煙草だが、アメリカでは規制の対象となってしまい版権イラストなどもアメリカで公開する際はことごとく煙草を消されてしまうそうである。
PS2のTVゲーム「追憶の夜想曲」でTVアニメのオープニング映像が再現された際にも、何故かスパイクが冒頭で煙草を吹かすシーンが銃を構えて撃つシーンに差し替えられてしまっていた。

関連イラスト

たそがれスパイク
ワイルド・ホーセス



関連タグ

カウボーイビバップ COWBOYBEBOP スパイク
ジェット・ブラック フェイ・ヴァレンタイン エドワード・ウォン・ハウ・ペペル・チブルスキー4世 アイン
ビシャス ジュリア

pixivに投稿された作品 pixivで「スパイク・スピーゲル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 456163

コメント