ピクシブ百科事典

バーチャルボーイ

ばーちゃるぼーい

1995年に任天堂が発売したゲーム機。
目次[非表示]

任天堂は過去にも3D時代の到来を予感していた。

概要

その予感の産物がバーチャルボーイである。
左右のにそれぞれ視差のある映像を映し出すことで立体視を可能にした携帯ゲーム機である。ただし、携帯ゲーム機としては大掛かりで据え置きゲーム機としてはテレビモニターを使わないという点ではやはり任天堂のゲーム機では異質なハードである。

独特の赤い筐体。

赤いアイツ



しかし…

3D映像という目新しさを狙い市場に投入されたが、赤黒のモノトーン映像、試遊台が独占型・身動きのできない形になってしまい発売前の広報に失敗してしまったこと、大勢での遊びに向いていなかったことが災いし、PSやセガサターンの陰に隠れ数か月で市場から姿を消した。

3D映像を扱ったゲーム機としては、任天堂が1987年に「ファミコン3Dシステム」を発売していたが、高価なこと、大勢での対戦に向いていなかったこと、目に負担になる設計だったことからその時も売り上げは伸び悩んだ。

そしてバーチャルボーイの登場から15年、ついに任天堂の3度目のリベンジが行われることになる…。

さらに登場から21年後にはまさかのバーチャルボーイタイプが注目される世の中になっていた…。

ちなみに32ビット機

なお、中古市場では2015年現在、発売当初の価格と変わらない中古価格が付いている場合が見られるようなケースもある。

発売された専用ソフト一覧

任天堂製

  • マリオズテニス
  • ギャラティックピンボール
  • テレロボクサー
  • マリオクラッシュ
  • バーチャルボーイワリオランド アワゾンの秘宝


サードパーティ

  • レッドアラーム(T&E SOFT)
  • とびだせ!ぱにボン(ハドソン)
  • バーチャルプロ野球'95(コトブキシステム)
  • T&E ヴァーチャルゴルフ(T&E SOFT)
  • V-テトリス(BPS)
  • スペーススカッシュ(ココナッツジャパンエンターテインメント)
  • ジャック・ブラザースの迷路でヒーホー!(アトラス)
  • バーチャルフィッシング(パック・イン・ビデオ)
  • インスマウスの館(アイマックス)
  • スペースインベーダー バーチャルコレクション(タイトー)
  • バーチャルLAB(J・ウィング)
  • バーチャルボーリング(アテナ)
  • SDガンダム DIMENSION WAR(バンダイ)


関連タグ

ゲーム機 任天堂 立体視 横井軍平 黒歴史
光速船 - 専用ディスプレイを持ったゲーム機としてはこちらと同じ部類のゲーム機。これもプレミア化している。

pixivに投稿された作品 pixivで「バーチャルボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 477048

コメント