ピクシブ百科事典

マジョリカ

まじょりか

マジョリカとは、「おジャ魔女どれみ」のキャラクター。
目次[非表示]

CV:永澤菜教(放送開始当初の名義は長沢直美)

春風どれみ達の魔法の師匠で、MAHO堂の現オーナー。年齢800歳くらいの魔女。おつきの妖精はララ。温泉エステサンバが大好き。

意地っ張りで欲ボケな上、その場のノリで行動してしまう浅慮な部分が見られ、時々、トラブルメーカーと化す事がある。特にデラに煽られてムチャなギャンブルに乗り出しては、いつも痛い目を見ている。
名前の由来は『ひょっこりひょうたん島』の『魔女リカ編』の敵役の『魔女リカ

概要

以前はマキハタヤマ・リカ(巻機山リカ)と名乗って魔法堂を営んでいたが、春風どれみに魔女であることを見破られて魔女ガエルに姿を変えられてしまう。後、どれみを筆頭に藤原はづき妹尾あいこらおジャ魔女たちを弟子に迎える事になった。さらに魔女ガエル化で人前に出られなくなったため、店の経営は弟子であるおジャ魔女たちにゆだねる事になる。歌は非常に下手である。
魔女ガエル化の後の移動手段は掃き掃除用のチリトリを使うことが多い。
ドッカーンの終盤で、元の姿に戻り、最終回ではハナちゃんの保護者として彼女達の卒業式に出席して、ハナちゃんと魔女界に帰る。

おジャ魔女たちとの関係

子ども嫌いを公言していたが(そのせいでどれみに魔女だと見破られた)なんだかんだでおジャ魔女たちに対しては情も湧く事になり、事ある毎に心配して世話を焼くようになる。
さらに、どれみがハナちゃんを育てる事となった際には、学校と仕事でどれみたちが手を離せない際に、彼女の面倒を看るようになる。後に次期女王指名を受けたハナちゃんの後見人役ともなる。(『おジャ魔女どれみ16』ではどれみたちやハナちゃんを、我が子、我が孫同然とまで言い切っている)
なお次期女王指名者後見人に関しては『16』序盤でハナちゃん自身によって、クビにされているのだが後に和解。美空高校に通う事になったハナちゃんの保護者兼身元引受人となっている。

他の関連人物

おんぷの師であるマジョルカとは魔女学校時代からの犬猿の仲で、MAHO堂を乗っ取られたり、弟子の成長具合で張り合われたり、ハナちゃんの後見人指名で対抗されたりと低レベルかつ周囲に甚大な迷惑をもたらす面倒な争いを繰り返す。
とはいえ、どれみたちの友人となったおんぷに対しては、マジョルカとの因縁は持ち越さずにどれみたち同様に可愛がっている。のち『16』においては魔女見習いに戻ったおんぷを改めて自分の門下として受け入れている。
無論マジョルカに対しても本気で憎み合っているワケではなく、魔女界の宴会で、共にかくし芸を行ったり、おジャ魔女な弟子を持つ魔女ガエル同士として盃を酌み交わして苦労を愚痴りあったりするなど、ライバルであるが故に気心の知れた仲でもあるような描写も見られる。
ちなみに、そのマジョルカとは同じ花株から生まれた姉妹である事が『16』で発覚し、本人的には驚愕する羽目になった。

伊豆高原にて温泉ペンション(兼ハーブ園)を営んでいるマジョリリカは養母にあたり、現在でも母と慕っているため、リリカの事を「リリカママ」と呼ぶ。また『ドッカ~ン!』までは、MAHO堂の経営において大人が必要になる場合、自分の代理をリリカにお願いする事もある。

CDドラマに登場した、魔女界の温泉地・魔女界ハワイアンセンターでマッサージ師をしているマジョドロンは義娘。横着して魔法を使い育てたために一時期グレてしまいマジョリカの元を離れて人間界へと逃げ、そこで正体を見破られてマジョリカよりも先にマジョガエルとなってしまった、とされる。マジョリカが温泉やエステに頻繁に行くのは、自身の好みもさることながら義娘と母娘水入らずのひとときを過ごすためでもある。



関連イラスト

(マジョリカ呪いの解けた姿:右側)



関連タグ

おジャ魔女どれみ

カップリング

マジョどれ マジョはづ マジョあい マジョおん マジョもも マジョハナ

pixivに投稿された作品 pixivで「マジョリカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35961

コメント