ピクシブ百科事典

リーンベル

りーんべる

「エンドオブエタニティ」の登場人物。主人公の一人。その生い立ちにはある秘密が隠されている。

CV:遠藤綾

概要

本編開始時で21歳。誕生日はクリスマスである12月25日。チーム・ヴァシュロンの紅一点
その生い立ちにはある秘密が隠されており、このことから『変わろうと』する意識が強い(金髪であるが、元々は黒髪であり染めている。これもその意識の一環である)。
天性の戦闘センスと破壊衝動を持つゼファー、アーミーとして訓練を受けているヴァシュロンと異なり、それまでを握る生活を送ってすらいなかった関係もあり、チームでは最も戦闘に不慣れである。
ちなみに胸は無く、服を着替えるたびに胸の大きさが変わるらしい。
ヴァシュロン曰く『枯れた土地』(英語版ではレーズン)。

その正体は、とある実験で20歳の誕生日の午前0時までしか生きられないようにクォーツを細工された『実験体20号』
ひょんなことからその事を知った彼女はそれに反抗する為、誕生日の0時直前に飛び降り自殺を図るもゼファーによって空中で拾われる。
しかし、ゼファーが掴んだワイヤーが切れ、なすすべも無く二人揃ってバーゼル下層に落下するも、なぜか二人とも一命を取り留めた。

恩師の顔に落書きをしたり、依頼でゼファーと共に臨んだ偽装結婚式の場でゼファーにキスを迫って見せたりするなど、意外といたずら好き。
また、ギャグ色の強いイベントシーンでは、一部の台詞がヤンキー口調に変化する事がある。
前述の枯れた土地(脳内発言)の際にはヴァシュロンの脳内を察して彼の鳩尾に肘鉄を食らわし、銅像のスカートの中を覗こうと四つん這いになったヴァシュロンに対して「ふ・ざ・け・ん・な!!」と言いながら、その腹に助走をつけて全力で蹴りを入れた事もあったりする。
(補足しておくが、これは全面的にヴァシュロンが悪い。豹変して当たり前である。)

ゼファーヴァシュロンとともにプロジェクトクロスゾーンに参戦。ゼファーと組みペアユニット参戦。
戦闘前の掛け合いでは化粧関係で沙夜うららと意気投合していたり、デビロット姫からは悪の女幹部として濃い目のメイクを薦められたり、ネイト(ねねこ)からはツッコミ待ちの発言を貰ったりもしている。
続編ではソロユニット参戦〈公式サイトの技名によると『フライパン』を使って攻撃する模様〉。

関連タグ

エンドオブエタニティ EoE ゼファー ヴァシュロン トライエース

pixivに投稿された作品 pixivで「リーンベル」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 449318

コメント