ピクシブ百科事典

匂宮理澄

におうのみやりずむ

匂宮理澄とは西尾維新の小説・戯言シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「名探偵とは、生き様なんだねっ!」

概要

両腕を拘束衣で封じられ、それを隠すかのような黒マントに身を包む、自称「名探偵」。

「一人で二人、二人で一人の匂宮兄妹」の片割れ。
『弱さ』を担当する、《人喰い(カーニバル)》。
兄は匂宮出夢

本人は殺傷能力はなく、もっぱら調査(フィールドワーク)専門。愛車はカタナ。

よく食事を忘れて昏倒している。

邪気の無い「大好きっ」にハートを一喰い(イーティングワン)された人も少なくない。

関連イラスト

殺し屋と名探偵
殺戮奇術!


かーにばる
匂宮理澄



関連タグ

戯言シリーズ いーちゃん 匂宮出夢 殺し名

pixivに投稿された作品 pixivで「匂宮理澄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292227

コメント