ピクシブ百科事典

紫木一姫

ゆかりきいちひめ

紫木一姫とは西尾維新の小説・戯言シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「馬鹿とハサミは高いところが好きっていうですからね」

概要


第三弾の「クビツリハイスクール」より登場する。澄百合学園の生徒。
小柄で中学生に見えるが十七歳の女子高生である。大き目のリボンが特徴。

明るく元気のいい性格だがダークな一面も持ち合わせている。
よく日本語を間違える(棚から牡丹餅を甘辛牡丹餅と間違えるなど)

極細の糸(曲弦糸)を武器とする曲絃師で<<病蜘蛛>>(ジグザグ)・<<危険信号>>(シグナルイエロー)などの二つ名を持つ。
戯言遣いを『師匠』と呼び慕っている。
人間シリーズ(小さな戦争)時代はロングヘアーだった。

(戯言シリーズwiki外部サイトへのリンクより一部引用)



関連イラスト

ジグザグ
【イラ】―戯言遣いと弟子―【リク】



関連タグ

戯言シリーズ クビツリハイスクール 澄百合学園
戯言遣い 哀川潤 西尾維新

pixivに投稿された作品 pixivで「紫木一姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 666446

コメント