ピクシブ百科事典

哀川潤

あいかわじゅん

哀川潤とは西尾維新の小説・戯言シリーズの重要登場人物である。職業は請負人。
目次[非表示]

「お客さん、どちらまで」

概要

CV:甲斐田裕子

数々の武勇伝を持ち、目下敵なしの最強の人。
職業は請負人。トレードマークは、髪に付いている稲妻模様。

人類最強》、《人類最強の請負人》、《赤き征裁》、《死色の真紅》、《疾風怒濤》、《砂漠の鷹》等と数多くの異名を持つ。
「炎上するビルの40階から飛び降りても無傷だった」「ソウドオフ・ショットガンの零距離射撃を腹筋に食らっても生き残った」「千人の仙人相手に勝った」
「哀川潤の踏み込んだ建物は例外なく崩壊する」などの数々の武勇伝・伝説を持つ。

100人が100人まで認める極上のプロポーションと美貌を持つが、異様に目つきが悪い。
性格はワイルドで熱血。癒しや和みを期待してはいけない。
アンチ癒し系、リバース和み系。

赤い髪にワインレッドのスーツ。人間シリーズではポニーテール(ツインテール)にしたロング
愛車は真っ赤なコブラ。バイクはドゥカティを愛用。とにかく色はが好き。

服が赤くないと通常の三分の一の力しか発揮できないらしい。

西東天・架城明楽・藍川純哉ら3人の父親によって、「因果を崩壊させる存在」として作り上げられた人間。
西東天とその姉の娘であり、潤の名前その姉の名前からとられた。
ただ本人はラスベガスの地下で似た境遇の子供たちと共に過ごした語るのでどちらが正しいかは不明。
藍川純哉と似ている為苗字で呼ばれるのを非常に嫌う。
身内に甘い。ハッピーエンド至上主義者。

マンガが大好きで、会話の端々にマンガネタが出てくる。王道な話が好き。推理小説は嫌い。
購読している漫画雑誌は30冊、趣味で漫画雑誌の感想ブログを書いている。(だだしベタ甘)

特技は錠開け、声帯模写、読心術。この三つを呼吸するかの様に行う。

零崎一賊とは何かと縁が深い。
少女時代、まだ名前を持たなかった頃の彼女に『力』の使い方を教えたのは、歌がうまいとある零崎の少年だった。

スピンオフ最強シリーズでは主人公として登場。
あまりに強くなりすぎた為「哀川潤に依頼をしない」と、世界中のありとあらゆる組織で協定が結ばれてしまい干されている。

戯言シリーズwiki(外部リンク)より一部引用)

関連イラスト

人類最強の赤
赤い少女でポーズ練習




関連タグ

戯言シリーズ 人間シリーズ 最強シリーズ 戯言遣い 玖渚友 西東天 零崎曲識 市井遊馬

pixivに投稿された作品 pixivで「哀川潤」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 728812

コメント