ピクシブ百科事典

宝月茜

ほうづきあかね

宝月茜は、ゲーム『逆転裁判』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

『蘇る逆転』で登場する《カガク捜査官》……というのは自称で、高生2年生の女の子。ある殺人事件で逮捕された、姉の宝月巴の弁護を綾里千尋に依頼するために、成歩堂法律事務所に訪れた。科学捜査官を目指しており、「カガク捜査」にある程度詳しい。綾里真宵同様、好奇心が強く明るい性格で、ヘアスタイルや雰囲気も彼女とよく似ている。

成歩堂龍一は、ひょうたん湖の殺人事件以降、弁護の仕事はしばらく引き受けていなかったが、彼女の姿が綾里真宵と重なって見えたことがきっかけで、宝月巴の弁護を引き受けることを決意する。通販で買った「ルミノール試薬」を常備しており、探偵パートでは幾度となくルミノール試薬のお世話となる。

『蘇る逆転』の事件解決後から9年間、アメリカで科学捜査について学び、帰国して科学捜査官の試験を受けたが落ちてしまったようで、刑事課に配属された。

その後の『逆転裁判4』の第2話で、初動捜査担当の刑事として登場。試験に落ちてカガク捜査官になれなかったことがショックだったのか、9年前までの明るい一面はほとんど見せなくなり、フキゲンな事が多い。ただし、通信販売で買ってきた「私物」のカガク捜査の道具を使って捜査しているときは、異様にごきげんとなる。

当初は王泥喜法介みぬきには非協力的だったが、このふたりが成歩堂の事務所の人間であることを知り、成歩堂への恩もあって、王泥喜とみぬきに協力をしてくれるようになる。

かりんとうを常備しており、「さくさくさくさくさくさくさくさくさく」とかりんとうを食べながら事件現場を捜査していることもある。フキゲンになると、かりんとうを投げつけてきたり、食べる速度が高速になる。

オドロキが続投した『逆転裁判5』には登場しない。

かりんとうアタック



PVでは、「TGS特別法廷」で、綾里真宵の声を担当していた花村怜美が声を担当している。

容姿の変遷

左から『蘇る逆転』『逆転検事1〜2』『逆転裁判4』

茜ちゃん



蘇る逆転(16歳)

【逆裁】カガク的に考えて


高校の制服に白衣をまとっており、真宵と同じく髪をお団子に結っている。
髪色は真宵が黒なのに対してやや明るい焦げ茶色。
白衣とルミノール試薬用のサングラスはこの頃から以降、常備している。
肩掛けバッグにはヒメサマンのバッジを付けている。
胸に着けている3つのバッジの名前は「原子三兄弟」。

逆転検事1〜2(18歳)

茜ちゃん【逆転検事】


ピンクのハンチング帽を着用、ショートパンツにボーダーのニーハイソックス、登山靴のようなブーツと活動的になった。
化粧をしているのか口に薄く紅が敷かれ、顔つきも『蘇る』よりも『4』に近い。
ネクタイの柄は(締めた状態で)白い横縞一色になっており、解いた時にどのような柄になっているかは不明。

逆転裁判4(25歳)

茜ちゃん


サングラスはやや細めのものに変わり、お団子に結われていた髪が普通に結われるだけとなった。
胸元はタイからリボンへ、黒いヒールの靴にはリボンのついており女性らしさが強調された。
黄色い大きなバッジは成歩堂が着用している為か茜の胸元には付いていない。
『4』では肩掛けバッグに小さいバッジが一つ付いているのみになった。
片手にかりんとうの袋を携えている事が多い。

関連イラスト

検事と未来のカガク捜査官
科学的に



関連タグ

逆転裁判 逆転裁判4 逆転検事 逆転検事2
成歩堂龍一 宝月巴 綾里真宵 御剣怜侍 王泥喜法介 みぬき

pixivに投稿された作品 pixivで「宝月茜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254631

コメント